小6 国語科「冬のおとずれ」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「冬のおとずれ」(光村図書)の全時間の板書例、教師の発問、想定される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:冬のおとずれ(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳
執筆/神奈川県川崎市立はるひ野小学校・田中真琴

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、「立冬」「小雪」など、冬にまつわる二十四節気の語彙の意味を知り、それぞれの語彙が冬を象徴する情景や、季節の移り変わりを知らせる語句であることを理解できるようにします。
また、「夏のさかり」で暑中見舞いにふれた経験を生かし、寒中見舞いを書く活動を通して、冬を表す語彙を活用し、自分の伝えたいことを明確にする力を育てていきます。

2. 単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、これまでの「春のいぶき」「夏のさかり」「秋探し」の単元と同様に、①季節を表す語彙を知る活動(語彙の量的な充実)と、②その語彙を用いて自分の感じる季節を伝える活動(語彙の質的な充実)に取り組みます。
これまでに春、夏、秋と小単元を積み重ねているので、児童も二十四節気に慣れてきたことでしょう。ニュースなどで耳にし話題にするなど、日常生活で意識できるようになっているとうれしいですね。

まず、①の語彙を知る活動として、これまでの「春のいぶき」「夏のさかり」「秋深し」で繰り返し行ってきた学習活動があれば、それを継続するのもよいでしょう。児童や学級の実態や学習経験に応じて、柔軟に単元を構成してください。

本実践では、端末を用いた、二十四節気の語句と日にち、意味を並べ替える活動を設定しました。
児童にとっては、二十四節気の中には聞いたことがあるものとそうではないものが含まれていると思われます。
今回の「冬のおとずれ」で登場する「立冬」や「冬至」は、ニュースなどで取り上げられることが多く、知っている児童が比較的多いのではないでしょうか。
日にちや語句の意味、そして自分の知識を手がかりに並べ替えることは、意欲的に取り組める学習となるはずです。正しい順番に並べ替えるためには、語句の意味や日にちをしっかりと把握していく必要があります。
活動に楽しく取り組みながら、①季節を表す語彙を知る(語彙の量的な充実)ことができればよいですね。

次に、②の語彙を活用する活動として「夏のさかり」で暑中見舞いを扱ったり、これまでの年中行事として年賀状を書いたりした経験を生かし、寒中見舞いを書く活動を設定しました。
郵便局が主催する手紙コンクールの案内なども学校には届いているかもしれません。
場合によっては、年賀はがきや官製はがきを一人一枚もらうこともできるので、それを活用することもできそうです。

本実践では、冬を感じるものを端末で写真に撮り、それに文を添えて寒中見舞いを送る活動としました。二十四節気だけでは、冬のおとずれを感じる語彙を増やしていくことは難しいでしょう。
二十四節気を手がかりに、どんな瞬間に、どんな場面に、自分が冬のおとずれを感じるのか、写真で切り取っていきます。
その写真をもとに語彙を増やし、より相手に伝わるように語句や表現を工夫しながら文章にしていけるとよいでしょう。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 誰もが参加しやすい活動に

語彙を増やす活動では、多くの語句に触れていくこと、その意味を自分なりに把握していくことが大切です。受動的な学習では、すぐに忘れてしまい、語彙の獲得、ましてや活用には至らないでしょう。
まずは、いろいろな語句に能動的に関わるようにしていくしかけが必要になります。
そこで今回は、端末の機能を利用し、並べ替えを設定してみました。
端末を用いれば、ノートに書くというハードルが一つなくなります。そして簡単な操作で、自分の思考を表現できるので、どの児童も参加しやすくなるでしょう。
並べ替えは簡単な操作で行えても、そこには自分の考えが必ず存在します。
また並べ替えたものを見ながら、その理由も表現しやすいという利点もあります。
誰もが学習のステージに上がれるようにすることが、主体的な学びの第一歩となるでしょう。

〈対話的な学び〉 写真を手がかりに伝え合う

単元の2時間目では、児童一人一人が撮影してきた写真を見合いながら、自分の感じる「冬のおとずれ」を伝え合います。ここでも「冬」や「季節」を感じる語彙を増やしていけるでしょう。
友達が撮ってきた写真は興味も高く、対話的な学びにつながりやすいはずです。自分では思いもよらなかった切り取り方に出会えたり、似たような場面に共感したり、感じ方の違いを十分に味わえると思います。写真があれば、擬音語や擬態語、様子を表す語句も表現しやすくなると思います。
教師から積極的に投げかけ、児童の子供ならではの豊かな感性を言語化していく時間としたいところです。それらの語句や表現を生かしながら、寒中見舞いを書く活動に進みます。
書くことが苦手な児童も、友達の発言を参考にしながら書くことができるでしょう。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)目的を明確に

本単元では、2時間とも端末を活用した単元構成です。
端末ありきではなく、児童が語句に向き合う時間の確保、視覚的な情報による語句のイメージの獲得を目的に活用します
児童の実態によっては、寒中見舞いを書く活動にも、写真を取り込み、文章を作成するなど端末上でできるかもしれません。
どの活動においても端末の活用が可能ですが、何のために活用するのか、教師がしっかり見極めておかないと、端末の利用が目的になってしまいます。その点は、どの学習においても気を付ける必要があるでしょう。

(2)児童一人一人が向き合えるために

2時間目では、児童一人一人が撮影した、自分が冬を感じる瞬間や場面を伝え合う活動があります。
一人一人の思いや感じ方を大切にするためにも、撮影する時間の確保が必要です。
1時間目の最後には教師が撮影した1枚を児童に示し、みんなも「冬のおとずれ」を感じる場面を撮影してこようと投げかけておきます。
1時間目と2時間目の間は少し日にちを空けておきます。端末の持ち帰りが可能ならば、家族で鍋を囲んでいる様子など、家庭で「冬のおとずれ」を撮影できるでしょう。
端末の持ち帰りが制限されている地域もあるかもしれませんが、朝の時間や休み時間など、できる限り、さまざまな場面や時間を児童が撮影できるよう、計画しておくとよいでしょう。

6. 単元の展開(2時間扱い)

 単元名: 冬のおとずれ

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 冬の二十四節気を並べ替えたり、冬を感じる語や語句を集めたりして、季節を表す語や語句を知る。また、暑中見舞いや年賀状を書いた経験を想起し、寒中見舞いを書く見通しをもつ。

・第二次(2時
② 撮影してきた写真をもとに身近に感じた「冬」を伝え合い、寒中見舞いを書く。

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

< モニター表示例 >

 モニター表示例

冬の二十四節気を知って、気付いたことや思ったことを発表しましょう。

どの季節も「立春」とか、「立冬」とか、始まりは「立」だということが分かりました。

これまでの季節は聞いたことがない言葉もあったし、難しい漢字もあったけれど、冬は聞いたことがある言葉が多いです。

生き物や作物のことはなくて、寒さとか雪のことばかりでした。

「大雪」が十二月七日ごろとなっていて、「雪も激しくなってくるころ」とあったけれど、今では雪はあまりふらないから、昔は違ったんだなと思いました。

暑中見舞いや年賀状を書いた経験を生かし、「冬」を感じる言葉を使って、季節の便りを送りましょう。冬の便りのことを寒中見舞いと言います。

指導のポイント

(1)これまでのまとめとして
二十四節気を並べ替えたところで、気付いたことを発表します。
この「冬のおとずれ」で、すべての二十四節気をおさえたことになるので、これまでの語句と比べることができます。
比べてみると、これまでの季節と違い、冬の二十四節気はシンプルで寒さや雪のことばかりです。春や夏、秋とは違う趣を感じることができるでしょう。二十四節気から、生き物や作物を中心とした昔の人々の暮らしを想像できるのではないでしょうか。

(2)イメージマップの板書
冬を感じる言葉集めでは、イメージマップを作ります。
児童が一人一人ノートに書いたあとは、全体で確認していくとよいでしょう。
その際、板書では「食べ物」「行事」「衣服」など、分類しながらマップを書いていくようにします。語や語句のまとまりが語彙ですから、下位語彙、上位語彙を意識させる機会としましょう。

評価について

本時は、「知識・技能」を評価項目とします。
二十四節気を並べ替えたり、冬を表す語彙を集めたりする活動を通して、語や語句と意味、時期や情景などを結び付けて理解し、語彙を豊かにしている姿をBの状況と判断します。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

グループで撮って来た写真を紹介し合いましょう。

 いろいろな冬を感じる写真が集まりましたね。では、集まった写真から、もっと冬のイメージを広げてみましょう。例えば、この「マフラーを巻いている写真」からどんな言葉や気持ちをイメージしますか。

ふかふかであったかそうです。

わたしはもふもふって言葉のほうがしっくりくるな。

この「なべ」の写真では、どうですか。

やっぱりあつあつがぴったりだな。

一家だんらんって感じがします。

わいわいっていう言葉がうかんでくるよ。

写真から、擬音語や擬態語など様子を表す言葉が思い浮かんだり、そのとき感じた気持ちが伝わったりしますね。みなさんが撮った写真からはどんな言葉が浮かんできますか。また、どんな気持ちが伝わってきますか? 話し合ってみましょう。


話し合うことで、新たな言葉が浮かんできたり、気持ちを共有したりできましたね。さあ、いよいよ寒中見舞いを書きますが、みなさんは誰に送りたいですか。

ぼくは、他の学校に行ってしまった、3年生の時に担任だった〇〇先生に、今の気持ちを伝えたいな。

わたしは、転校した〇〇さんに、私が感じた冬を写真と言葉で届けたいな。

指導のポイント

グループなどで撮影してきた写真を見せ合いながら「冬」を感じる瞬間や場面を伝え合います。共感したり、新たな気付きを得られたりする時間となるでしょう。
また、さらに語や語句からイメージを膨らませ語彙を豊かにするために、グループの交流にとどまらず、いくつかの写真を全体で共有する時間を設けます。
児童に写真からどんな言葉や情景が浮かんでくるか尋ね、板書していきます。
擬音語や擬態語、様子を表す言葉を引き出すことで、次に行う寒中見舞いを書く活動の際に活用できるようにします。

評価について

本時は、「思考・判断・表現」と「主体的に学習に取り組む態度」を評価項目とします。
冬に関して感じたことや考えたことを寒中見舞いで伝えるという目的や意図に応じて、表したい心情や情景を明確にし、それにふさわしい語や語句を選んだり、自分の経験や思いと語や語句の解釈とを関連させたりしながら、寒中見舞いを書いている姿をBの状況とします。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア①
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア①
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア①
・小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号