• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

『働き方の知恵』の記事一覧

多忙な教師が子どもと向き合う時間を充実させるためには、環境が変わるのを待つのではなく、自らできる方法で働き方を改革する必要があります。周りと無理なく調和しながら、自分にとってよい職場環境をつくるためのスキルを集めました。

1 / 8 ページ

オンライン授業を少人数のプロジェクト制で機動的に進めている学校事例

多くの自治体、小学校が、オンライン授業に踏み切るのは難しいと答える状況が続く中、今年度初めてオンライン授業導入に踏み切り、PDCAを回しながら改善を続けていると…

「子供のために」が子供のためにならない?教師の価値観を疑え!

学校の先生をしていると「子どものために」という考え方に頻繁に出会います。子どものために残業をして教材研究、子どものために週末も勉強会に参加、子どものために、子ど…

【新型コロナ緊急アンケート結果】今教師が抱えている不安と困惑の本音

「新型コロナウイルス感染拡大についての緊急アンケート」(4月21日から5月6日まで)へのご協力、誠にありがとうございました。
休校中の学びの保障はどうしている…

教師としての無力感に心を壊されないようにケアを【新型コロナ対策】

不自由を強いられる生活の中、子どもたちのためにがんばっている先生の心が、壊れてしまわないように。追手門学院小学校講師・多賀一郎先生が、ご自身の阪神淡路大震災の体…

元教師のカウンセラーが伝授!非常時対応で疲れた先生の心のケア方法

新型コロナ感染防止のためには、これまで学校で当たり前にやっていたことができません。一つひとつの判断に責任がのしかかる先生たちの心理的負担の重さは、相当なものがあ…

【教師の休職対策】誰がサポートに入っても困らないシステム作りを

過労が原因で心を病み、休職をすることとなった公立小学校教師の体験談。いつだれに起こるかわからない「もしも」に備えて、すべての先生がやっておきたい工夫を紹介します…

休校中の教師の働き方!今やっておくべきことは?【♯三行教育技術】

休校中の先生は、この時期をどのように過ごしていますか? このような時期だからこそ、新しい働き方について考える機会にしたいですね。この時期だからこそしておきたいこ…

心の病で休職を経験した教員が伝えたい「定時で帰るためにできる工夫」

過労により「心の病」を患ってしまった公立小学校教師のリアルな体験談。休職を余儀なくされた松原教諭は、「定時に帰る」ことの重要性を強く訴えます。何をどうしたら定時…

仕事が大好きな教師がうつ病で休職し回復するまでの体験から学んだこと

「心の病」が原因で休職を経験した公立小学校教員から、あなたに届けたいメッセージがあります。充実した教員生活を送っていた松原教諭が、なぜ「心の病」を患い休職するこ…

机の使い方で仕事効率が変わる!職員室と教室それぞれの机の役割

学校の先生には机が二つあります。このことをあまり意識せずに働いている先生が多いと思いますが、それではもったいない! 当たり前のようにある二つの机の効果的な使い方…

1 / 8ページ