せんせいゼミナール|教師・保育者向け研修講座のご案内

教育も、保育も、向上心ある先生のための価値ある講座をお届けします!

「せんせいゼミナール」は、『教育技術』および『新 幼児と保育』を刊行してきた小学館がプロデュースする、幼保・小の保育者と教師のための研修講座シリーズです。信頼できる専門家や実践者を講師に迎え、先生方の悩みや学びたい気持ちに寄り添う講座をお届けしていきます。

実績ある指導者によるプロのための実践講座

『教育技術』および『新 幼児と保育』の編集で培われた人的ネットワークをフル活用し、教育・保育それぞれの第一人者に講師を依頼。実力ある専門家・実践者によるプレミアムな講義を受けることができます。

学びの機会を逃さない!多様な受講スタイル

せんせいゼミナールの各講座は、

①小学館講堂(東京・神保町)でのリアル授業

②授業の同時オンライン配信による遠隔受講

③見逃し視聴・アーカイブ受講による時間差受講

など、多彩な受講スタイルで、全国各地の先生方に価値ある学びの機会を提供します。

オンライン授業はVimeoによるリアル授業のリアルタイム配信と、Zoomによる双方向授業の2種類を使い分けて実施します。どちらも2週間程度の見逃し視聴が可能です。


講座のご紹介

0歳~12歳 発達につまずきがある子の育ちをつなぐアプローチ〈全3回〉【オンライン講座】

保育や教育の現場で「増えている」と言われる、発達につまずきのある子どもたち。そうした子どもたちの成長を支えるためには、言うまでもなく保幼小、家庭が連携した連続性のあるアプローチが不可欠です。

この3回連続講座では、0歳~12歳の発達段階ごとに「どのようなつまずきが生じ、ご家族と一緒にどうサポートしていくべきなのか」、そして「幼稚園・保育園でのアプローチと、小学校入学後の支援をどうつないでいけばよいのか」という、古くて新しい課題についてじっくりと学び、考え直します。

講師は、特別支援教育界を代表する実践者・川上康則先生。各回とも、川上先生の講座をベースに、保育者であるてぃ先生、りっきー先生、工藤先生をゲストに迎え、子どもの見方や伸ばし方について対談方式で掘り下げます。週末の夜、ご自宅でぜひ、豊かな学びの時間をお楽しみください。

第1回 2021年11月20日(土) 20:00~20:05 
講師/川上康則先生 ゲスト/てぃ先生(保育者)


第2回 2021年12月4日(土)  20:00~20:05 
講師/川上康則先生 ゲスト/りっきー先生(モンテッソーリ教師)


第3回 2021年12月18日(土)   20:00~20:05 
講師/川上康則先生 ゲスト/工藤佳代子先生(東京家政大学ナースリールーム)

【参加費】 各回2200円
※全3回の連続講座です。3回同時お申し込みで1000円割引(合計6600円⇒5600円)となります。


1人1台端末による「発達に課題のある子」支援の可能性【オンライン講座】

GIGAスクール構想によって全国で一斉に始まった1人1台端末実践。じつは、1人1台端末は、学級で困り、苦しんでいるあの子の学びをサポートする際にこそ、大きな力を発揮します。小学館『教育技術』編集室がプロデュースする先生のための講座「せんせいゼミナール」、今回のオンライン研修会では、通常学級の「気になる子」を端末の活用によって伸ばすための具体的アイディアと、今後学校現場が切り拓くべき個別支援の可能性について考える120分です。

講師は、特別支援学校でICTを活用した先進実践例を蓄積してきた郡司竜平先生、特別支援教育界屈指の実践者・川上康則先生、通常学級における1人1台端末実践をメタレベルで整理しつつ積み重ねている藤原友和先生。それぞれの連続講座によって喚起された問題意識を、後半の講師鼎談で掘り下げます。

土曜の夜、オンラインで最先端の学びの時間をお楽しみください。

【対象】全国の学校の先生方、教育関係者の皆様

【開催日時】2021年10月16日(土) 20:00~22:00

【参加費】2000円 ※見逃し配信あり


楽しい保育の入り口〜0・1・2歳児を中心に〈全5回〉【リアル/オンライン併用講座】

長きにわたり「新幼児と保育」「教育技術」等の教育雑誌を出版してきた小学館が、その編集で培った知見やネットワークを駆使してプロデュースする幼保・小の先生のための講座「せんせいゼミナール」。その保育者向け講座第1弾は、現職教育の場として保育者の深い学びを支えてきた、歴史と伝統のある「子どもの文化学校」(東京・目白)とのコラボによる全5回のオムニバス講座です! 子どもの文化学校で教える人気の講師が集結。この機会でしか聞けないスペシャルな保育セミナーです。

一人ひとり、その子のペースでおおきくなっていく子どもたち。それを支えていく保育者の役割も大きく、日常の中で生じる保育の悩みもまた様々です。体、心、栄養などの専門知識、保育の基本が大切にされる実践を、5回の連続講座で学びましょう。  
※主に、0・1・2歳児担当の保育者を対象とした講座ですが、どなたでも受講いただけます。

第1講:0・1・2歳児の育ちと保育 一人ひとりの育ち、適切な援助
9/15(水)19:00~20:30
講師/工藤佳代子(東京家政大学ナースリールーム施設長)

第2講:乳児からの食とその周辺「楽しく食べる」の基礎をつくる
9/22(水)19:00~20:30
講師/可野倫子(大妻女子大学非常勤講師・管理栄養士)

第3講:おひざで楽しむ、おはなしとわらべうた たっぷり遊んで、心を育てる
9/27(月)19:00~20:30
講師/藤田浩子(語り手・幼児教育者)

第4講:家庭との連携と保護者支援のあり方 信頼関係・連絡ノート・子育て支援の要
10/7(木)19:00~20:30
講師/小野崎佳代(東京未来大学非常勤講師)

第5講:0・1・2歳児の遊びと環境 発達にあった環境と遊びの工夫
10/13(水)19:00~20:30
講師/工藤佳代子(東京家政大学ナースリールーム施設長)

各回とも小学館講堂で実施する授業を、ライブ配信にてお届けします。ご希望により会場での受講も可能です。
★すべての講座に見逃しアーカイブ配信が付いています!

★全5回の連続講座です。各回単独でのお申し込みはできません。
全5回セット受講 9,900円(税込)


せんせいゼミナールに関するお問い合わせ先:
senseiseminar@shogakukan.co.jp(事務局)

教育技術誌

その他のコンテンツ

雑誌最新号