8月6日(金)開催の研究会・研修会


行動問題の理解と支援 -応用行動分析学にもとづいたアプローチ-

オンライン
主催
神奈川LD協会
テーマ

行動問題の理解と支援 -応用行動分析学にもとづいたアプローチ-

09:30-10:40 講義1 行動問題をABCから理解する
10:55-12:05 講義2 行動問題をABCから支援する
13:05-14:15 講義3 支援のアイディアをひろげる 
14:30-15:40 講義4 実践上のポイント
15:40-16:00 オンラインで質疑応答

講師:井澤信三先生(兵庫教育大学大学院特別支援教育専攻 教授)

井澤先生からのメッセージ

 学校等の教育現場における子どもの行動問題は、本人もたいへん困っているでしょうし、まわりも困ってしまいます。何とかしたいものですが、実際には、何とかしようとすればするほどエスカレートしていくといった悪循環に陥ってしまうことも多々あります。そのような時には、ちょっと立ち止まって、いったん落ち着いて考えてみましょう。

 その際の役立つ考え方に、心理学の一つの立場である応用行動分析(ABA:Applied Behavior Analysis)があります。応用行動分析では、行動を個人と環境の相互作用から紐解いていきます。支援する側の考え方やかかわり方を変更することにより、クラスでのやりとりは、よりよいサイクルに導かれていきます。その紐解きの基本的な枠組みは、応用行動分析のキモであるABC分析です。

 このセミナーでは、ABC分析の枠組みから、「なぜ行動問題が生じているのか」「では、どのように対応していけばよいのか」「多くの子がいる学校では、どのような工夫が求められるのか」などについて、みなさんと一緒に考えていけたらと思います。「2学期から、こうやってみよう!」と思えるような研修になればと考えています。今年の夏も、よろしくお願い致します。

【井澤信三先生のプロフィール】山形県生まれ。東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科(博士課程)修了。博士(教育学)。臨床心理士・特別支援教育士SV。2000年、兵庫教育大学助手、講師、准教授を経て、2014年より現職。専門は、自閉症・知的障害等の応用行動分析に基づいた指導・支援方法。特に、社会的コミュニケーション行動や行動障害への指導・支援アプローチに関する研究。著書には、『自閉症支援 -はじめて担任する先生と親のための特別支援教育-』(明治図書)等。

※リアルタイム配信となります。(開催日時に1回限りのライブ配信)

参加費:5,300円~9,000円(参加区分による)

開催期間 2021年8月6日(金)
開催地住所
会場 Zoom
開催情報HP http://www.246.ne.jp/~kanald/seminar.html
主催者情報 〒2260025
神奈川県横浜市緑区十日市場町801-8
神奈川LD協会 セミナー事務局

主催者HP http://www.246.ne.jp/~kanald/index.html
主催者メール kanald@246.ne.jp

研究会カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

教育技術誌

その他のコンテンツ

雑誌最新号