8月5日(木)開催の研究会・研修会


そうだったのか!特別支援教育のツボ -子どもの見方・指導の仕方を中心に-

オンライン
主催
神奈川LD協会
テーマ

そうだったのか!特別支援教育のツボ -子どもの見方・指導の仕方を中心に-

09:30-10:40 講義1 コロナ禍、コロナ後で子どもたちにとって大切なこと
10:55-12:05 講義2 子どもの見方① インフォーマルなアセスメント
13:05-14:15 講義3 子どもの見方② 子どもの実態把握とプラン構築 
14:30-15:40 講義4 子どもの指導の仕方 プランに沿ったプログラム化と指導の実際
15:40-16:00 オンラインで質疑応答

講師:中尾繁樹先生(関西国際大学教育学部 教授)

中尾先生からのメッセージ

 「子どもをみる」考え方の背景にはCrisisとRiskがあります。Crisisは既に発生している学習困難、自尊感情の低下、他の事象等に対して、そこから受けるダメージをなるべく減らそうという発想です。これらの取り組みはどの学校で取り組まれている実践ですが、的確な実態把握ができていないために二次的な問題が起きているのも現実です。Riskはこれから起きるかもしれない危険に対して、事前に対応しておこうという指導です。的確な実態把握に基づいた指導体制づくりができると様々な問題への未然防止につながります。

 このセミナーでは、子どもの確かな見方をどう指導につなげていくかを一緒に考えていきたいと思います。

【中尾繁樹先生のプロフィール】特別支援教育士スーパーバイザー。大阪教育大学卒業後、神戸市立養護学校や小学校に勤務。その後、神戸市教育委員会特別支援教育課指導主事、こうべ学びの支援センター指導主事兼務を経て、2008年から現在に至る。現職のほか、同志社女子大学、神戸親和女子大学他非常勤講師、九州医療スポーツ専門学校、社会福祉法人夢創他顧問。前文部科学省「学習指導要領改善のための調査研究」委員。元日本小児科学会「学校保健と心の問題委員会」専門委員。The Buildind up Team Japan 2016 for Pyeongchang特別講師、富士急カーリングチームアドバイザーなど。

※リアルタイム配信となります。(開催日時に1回限りのライブ配信)

参加費:5,300円~9,000円(参加区分による)

開催期間 2021年8月5日(木)
開催地住所
会場 Zoom
開催情報HP http://www.246.ne.jp/~kanald/seminar.html
主催者情報 〒2260025
神奈川県横浜市緑区十日市場町801-8
神奈川LD協会 セミナー事務局

主催者HP http://www.246.ne.jp/~kanald/index.html
主催者メール kanald@246.ne.jp

研究会カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2021年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

教育技術誌

その他のコンテンツ

雑誌最新号