小6 国語科「私と本」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「私と本」(光村図書)の全時間の板書例、教師の発問例、予想される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:私と本(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳
執筆/千葉大学教育学部附属小学校・青木大和

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、今まで自分が読んだ経験が少ないジャンルの本を読み、より豊かな読書生活を送ることができるようにしていきます。
自分の好みのジャンルやこれまで印象に残っている本を振り返り、自分の本との関わりを自覚しながら幅広いジャンルの本に関心をもち、自分の考えを広げられるようにしていきます。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、本を読んでまとめた感想をキャッチフレーズという形で表し、それを共有することで自分の考えを広げる力を育むために「キャッチコピーで「本の紹介」をしよう」という言語活動を位置付けました。
自分の紹介したい本の特徴やテーマをキャッチコピーで表し、そのキャッチコピーに込めた思いや経緯をもとに、本を紹介する活動を行います。自分が紹介する本を選んだり、本の特徴をキャッチコピーで表したりする活動を通して、自分の好みの本のジャンルやテーマなどを自覚していきます。
また、友達の紹介を聞くことで、他ジャンルの良さや読書の役割に気付くことができ、幅広い読書への関心が高まったり、自分の好みの本や本との関わりを自覚できたりする第一歩になると考えました。

また、教材文の「森へ」は、《自然・生命》をテーマにしたノンフィクションで語られている紀行文です。文学作品や説明文を読んできた児童にとって、馴染み深いジャンルの文章ではないでしょう。
児童は「森へ」を読み、馴染みのないジャンルの文章の魅力に迫りながら、内容や表現、視覚的資料をもとにキャッチコピーにまとめ、自分がこの作品で魅力的だと感じた部分について紹介していきます。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉「森へ」の魅力を伝えるキャッチコピーを書く

キャッチコピーとは、読者の関心を呼び、注目度を高めるための言葉です。本の紹介の場合、結末までは伝えず、物語の要旨や魅力を伝えるといった言語運用が必要となります。そのため、児童は紹介する本の魅力を探っていきつつ、内容をどの程度伝えるかを意識しなくてはいけません。直感で自分が好きだと思っていた本も、「どこを伝えるべきか」という意識が働くことで、その本への捉え方が広がると考えました。
単に本の紹介にとどまると、本の内容を要約して伝えるだけで成立してしまいます。本単元では、2時間目に読書経験の少ない紀行文「森へ」についてのキャッチコピー作りをすることで、見通しをもちながらこの文章のテーマや魅力、筆者の伝えたい思いや体験に迫り、新たな知識の獲得、想像力や表現力の充実、物事の捉えの拡張など、読書の役割を自覚できると考えました。
また、この学習を生かして、幅広いジャンルの本を読もうする意識を高めることができると考えました。

〈対話的な学び〉 キャッチコピーを使って「本の紹介」をする

この単元における対話的な学びには、大きく分けて二つの視点があります。
一つ目は「本との対話」です。
本単元では、2・3時間目と「森へ」についてのキャッチコピー作りや「本の紹介」をし、本の魅力やテーマに迫りつつ、「森へ」が伝えようとしていることを捉えていきます。
今回の単元の主たる目的は、「本の紹介」をすることではなく、「本の紹介」をしたことで自分の考えがどのように広がったかを児童が自覚することです。3時間目に「本の紹介」をした後の4時間目前半には、「森へ」を改めて読み返す時間を設け、自分が気付かなかった筆者の思いや表現の工夫を確認し、「森へ」の捉え方を更新できる時間を設けることが重要であると考えます。

二つ目は、「人との対話」です。
多様な考えをもった人同士が集まり、それぞれの考えを共有することで、自分の考えを広げることができると考えます。その際に重要なのは、明確な目的意識です。「森へ」の「本の紹介」をすることだけが児童の中で目的とされていると、自分の紹介の出番が来るまで緊張し、終わったら一安心、といったことが起こり、児童が考えを広げることができません。
そこで、3時間目の「本の紹介」では、【自分が気付かなかった「森へ」の魅力を探ろう】という目的を児童と共有してから「本の紹介」をするように促します。
また、「本の紹介」は3、4名で行うものとし、キャッチコピーの説明をしてから、そのキャッチコピーにした理由や、綴った経緯を伝えるようにします。時間の許す限り、メンバーを変えながら、様々な児童と「本の紹介」ができるようにします。このことで、「森へ」に対する多様な考えに触れることができ、考えを広げることにつながっていくでしょう。

〈深い学び〉 自分が選んだ本で「本の紹介」をする

5時間目には、相互に自分が紹介したい本での「本の紹介」をするように促します。
その際、「本の紹介」で紹介する本の視点を、【印象に残っている本】【読んでいて面白いと感じた本】などと多様にもたせておきましょう。このことで、読書が苦手な児童にとっても選書のハードルが下がることが予想されます。
また、本のジャンルも、図鑑、伝記、小説、絵本など、制限することなく選べるようにすることが重要です。「それでは交流時に児童の視点が広がりすぎてしまうのでは…」と心配される声も挙がるかもしれませんが、本単元での目標は、児童が幅広いジャンルの本に興味をもち、考えを広げることです。児童の視点が広がるのは歓迎すべきことなのです。むしろ制限をかけてしまっては、児童の選書の視点は広がりません。

また、ここで重要なことは、先述の通り「本の紹介」だけで終えないことです。
知識を相互に関連付けるために「本の紹介」で幅広いジャンルに興味をもった状態で図書室に向かいましょう。これまで小説しか読んでいなかった児童が図鑑に手を伸ばしたり、「森へ」の学習を通してノンフィクション作品を読んでいたりする児童が現れるかもしれません。
興味や関心が、実際に読んでみるという行為につながり、児童の理解がより深くなることが予想されます。その児童の動機や感想を聞き、学級全体で共有したうえで振り返りの場面を設定することで、児童の読書への意識はより高まるのではないかと考えました。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)インターネット上の書評や読書感想文などを参考に語彙を拡充する

キャッチコピーに効果的な文言として、【読後感を表す言葉】【登場人物・筆者の心情や特徴を表す言葉】【続きが読みたくなるような言葉】という三つの視点をもてるように、教師モデルを全体で分析していきます。
「森へ」や自分が紹介する本のキャッチコピーを考える際、作中の表現やあらすじを引用することはあるでしょう。一方で読者の関心を引きつける言葉や、自分の読後感を表す言葉を使ってキャッチコピーを考える際には、自らが保有している語彙も活用する必要があります。

そこで、インターネット上の書評や読書感想文などから、読者の関心を引き出す語句や、読後感に関する語句を充実させることにしました。
本単元では、必要な児童には読書メーター(https://bookmeter.com/)というサイトを活用し、新たな語彙を獲得するように促していきます。その際、自分の感覚と近い文言や共感できる文言を見つけるとよいことを児童に伝え、「森へ」のテーマや魅力を伝える文言を児童が自ら獲得するための手立てとしました。

しかし、このようにインターネット上のサイトを活用する場合には留意点が二つあります。
一つ目は、教師があらかじめ参考にするサイトを十分に確認し、活用されている言葉や内容が児童と共有するのに相応しいものかを検討することです。
二つ目は、メディアリテラシーの観点からも、書かれている感想は個人のものであり、自分のものではないこと、あくまで自分の読んだ感覚を大切にして文章に接するよう児童に伝えることです。自分の読んだ感覚を文字化している文章を探すという視点を明確にする必要があります。

(2)キャッチコピーをタイピングさせる

本単元におけるキャッチコピー作りとそれをもとにした「本の紹介」においては、言語運用以外の視点をなるべく無くすことが望ましいと考えます。
例えば、「○○さんのキャッチコピーは字がきれいだからいいね」や「色使いが素敵だから□□さんのキャッチコピーはいいね」などと、キャッチコピーで使われている文言以外が視点として含まれてしまうと、幅広いジャンルの本への関心に向かうのは難しいでしょう。

そこで、キャッチコピーはWordなどのタイピングソフトに入力し、字形や台紙などは統一できるようにします。このことで、児童は紹介されたキャッチコピーの言語運用にだけ目を向けることができ、その本の魅力について考えを広げることができるのではないでしょうか。
また、掲示板アプリ(Microsoft TeamsやGoogle Classroomなど)を活用できる場合は、その掲示板にキャッチコピーを投稿できるようにし、多様なキャッチコピーを児童が読める環境を作ると、本への捉えが広がります。

6. 単元の展開(5時間扱い)

 単元名:キャッチコピーで「本の紹介」をして考えを広げよう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 単元の見通しもち、「森へ」を読む

・第二次(2時3時
②「森へ」のキャッチコピーを作成する〈 端末活用(1)(2)〉
③「森へ」についての「本の紹介」をする

・第三次(4時5時
④ 自分の紹介したい本のキャッチコピーを作成する〈 端末活用(1)(2)〉
⑤ 自分の紹介したい本で「本の紹介」をする

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
単元の見通しと教材との出合い

授業冒頭には、好きなテレビ番組について尋ねる時間をつくります。すると、ドラマやアニメ、報道番組、バラエティー番組、ドキュメンタリー番組(ノンフィクション番組)などが挙がるでしょう。それに関連付けて、児童にそれぞれの読書経験や本との関わりについて想起させる時間を設けます。
読書が苦手な児童でも印象に残っている本や、本を選書する視点をもっているでしょう。児童には、これまでどのような本を読み、どんな思い出があるのか、また、どのようなときに、どれくらいの頻度で読書するのかを問いかけます。すると、選ぶ本のジャンルが偏っていたり、本を読むことが少なくなっていたりすることを自覚する児童もいると思います。児童が幅広い本を読み、本との関わりを見直すことができるよう、「本の紹介」をすることを伝えます。

テレビ番組の話を想起させながら、ドキュメンタリー番組(ノンフィクション番組)は観ているものの、ノンフィクションの本を読んだ経験がある児童が少ないことに焦点を当てます。
なぜかと聞くと、「どんな本があるのか知らないから」という理由が多く挙がります。そこで、ノンフィクション作品「森へ」を紹介します。自分が選んだ本を紹介する前に、児童の読書経験の少ないノンフィクション作品の知られざる魅力を紹介し合うことを共有します。
「森へ」の初読の際には、「今まで教科書や本で読んできたものと、どこか違う部分があると思うから、注意して読んでみよう」などと伝えると、「森へ」の特徴やテーマを意識して読み取ることができるはずです。ノンフィクションの紀行文であることを伝え、その特徴をこれまで読んできた説明文や物語文との共通点、相違点から探っていくと、紀行文の特徴が明らかになります。

みんなは今までどんな本を読んできましたか?印象に残っている本はありますか?

ぼくは、4年生のころに読んだ「ごんぎつね」かな。あれから、動物が出てくる物語をよく読むようにしているよ。

私は、生き物が大好きだから図書室に行ったら必ず生き物の図鑑を読むようにしているよ。知らないことがたくさん知れて嬉しい!

ぼくはあまり本が好きではないけど、スポーツのことが書いている物語や説明文は読むかな…。

いろいろなジャンルの本が出てきたね。図鑑が好きなAさんは、スポーツの本も読みますか?

あまり読まないかな…。図鑑ばっかりかも。

自分の好きなジャンルの本があることは素敵なことですが、もしかしたら知らないだけで、他のジャンルの本にも魅力があるかもしれないですね。本を紹介し合って、自分があまり読んだことのないジャンルの本の魅力について考えてみましょう。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例
主体的な学び「キャッチコピーの作成」

前時に明らかになったノンフィクション作品の読書経験が少ないという事実を確認し、ノンフィクション作品「森へ」の魅力を伝え合う活動を行うことを確認して、活動の見通しをもつようにします。
「森へ」に出合った児童は、筆者が体験したことや伝えたい内容は漠然と捉えているものの、この文章の魅力を説明するとなるとハードルが高いと感じる児童もいるかもしれません。
「森へ」をキャッチコピーとしてまとめることで、キャッチコピーに綴る【読後感を表す言葉】【登場人物・筆者の心情や特徴を表す言葉】【続きが読みたくなるような言葉】という三つの視点をもとに文章を読み返すことでしょう。
すると、「私たちの知らないところで起きている生物たちの命のつながり」や「筆者が見た自然の偉大さと生き物同士の共生」など、テーマを読み取ったり、文章の魅力について考えたりすることができます。
さらに、これをもとに「本の紹介」をすることを伝えているので、どうしてこのキャッチコピーにしたかを叙述や写真をもとに語るよう促すと、見通しをもちながら徐々に文章の魅力が焦点化されていくと考えました。
「本の紹介」だけを行うと、ただ漠然と「森の中の様子が書かれている場所が印象に残っています」と語って終わりにしてしまいますが、それをキャッチコピーにする活動を取り入れることで、印象に残った理由を分析する思考が生まれ、自分の考えを明確にできることでしょう。

しかし、語彙が足らず、どのように言語運用をすればいいのか困惑する児童がいるかもしれません。そこで、読書メーターの口コミを参考にしてもよいことを伝えます。そこには、「森へ」を読んだと思われる人たちの感想が綴られています。

先生が一足先にキャッチコピーを考えてみました!

これって「森へ」のキャッチコピーだね!「森を探って」とか「生き物の見方が変わる」って書いてあるもん。

先生のキャッチコピーにはどんな言葉を使っているでしょうか。

本を読んで感じたこととか、新しい発見とかが書いてあるね。

筆者が体験したことや感じたことを書いてある!

結末を書いてしまうと読者が「読まなくてもいい」って思う本と、結末を知った方が読みたくなる本があるだろうから、「森へ」の特徴をよく考えた方が良さそうだね。

そうだね。続きが読みたくなるような終わり方にするのか、結末まで書いてしまうのか、考えないといけないね。

評価について

本時は、[主体的に学習に取り組む態度]を評価項目としています。
「森へ」のテーマを振り返りながら、「森へ」の魅力を根拠を明確にしてキャッチコピーとしてまとめている姿。次時の「本の紹介」に向けて、どのような言葉を活用すれば「森へ」の魅力が伝わるか見通しをもちながら記述しようとしている姿。このような姿をBの状況と判断します。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例
対話的な学びの実現

「本の紹介」では、キャッチコピーをもとにして自分の捉えた「森へ」の印象に残った場面やテーマなどを説明していきます。すると、同じようなキャッチコピーでも違う場面や表現をもとにしていたり、同じ場面や表現が印象に残っていても違うキャッチコピーで表したりするなど、一つの作品に対する捉え方を広げられることが考えられます。

しかし、単に「本の紹介」を行うだけでは紹介し合って終わりになってしまいますので、必ず視点を設けるようにしましょう。大きく分けて二つの視点です。
一つは「自分と同じ部分」、二つ目は「自分と違う部分」です。
さらには、何が同じで、なぜ違うのかまで考えながら互いの紹介を聞くように促すと、「本の紹介」を通した考えの広がりを期待することができます。

私は「森へ」に、【自然の中で生きる動物たちの工夫!筆者が目の当たりにしたものは…】というキャッチコピーをつけました。この作品で印象に残っているのは、筆者がクマを追いかけて森の中を探っていく中で様々な生き物を発見する場面です。わずかな栄養も無駄にしないようにする生き物たちの工夫を目にした筆者の様子がとても伝わってきました。

ぼくは、【この本を読めば、あなたも森を歩いている気分になれるはず】です。ぼくは、「きりは絶えず形を変えながら、森の木々の間を生き物のように伝わっています。という文を読んで、森の様子がとてもよく伝わる表現だなと思いました。それ以外にも自然の様子が巧みな表現で書かれていて、思わず自分が森を歩いているような気分になれました。

Bさんは場面に、Cさんは表現に着目したんだね。私は【空、森、海 大きく広がる自然がこの一冊に詰まっています】にしました。Cさんと似ているんだけど、ハクトウワシやザトウクジラの様子など、空や海、森の中で目線を配る場面が自然の大きさを表していて特に印象的です。

評価について

本時は[思考・判断・表現]を評価項目とします。
「森へ」の「本の紹介」を通して、自分の感じていた魅力と友達が考えていた魅力とを比較しながら「森へ」に対する捉え方を広げている姿をBの状況と判断します。友達の紹介を聞いて新たな発見をした児童、友達の紹介を聞いて自分の考えがより強固になった児童の両方ともBの状況と言えます。
一方で、ただ聞いているだけで、考えが更新されない児童(Cの状況)もいるでしょう。交流の際に、自分と同じ考え、自分と違う考えをメモするように促し、交流後に振り返りを書かせるようにしましょう。そのことで、ただ聞くだけではなく視点を明確にしながら交流し、考えを広げることができると考えます。


【4時間目の板書例 】

4時間目の板書例
ジャンルを制限しない選書

国語の学習では文学作品を読む際、「○○シリーズの中からお気に入りの作品を決めよう」などの言語活動を設定することがあります。その文学作品に親しんだり、シリーズの特徴を読み取ったりして、読書を豊かにすることが期待されています。
しかし、今回の単元の場合、幅広いジャンルの本に関心をもち、自分の考えを広げることが目標ですので、紹介する本のジャンルを制限してはいけません。児童の好みや印象に残っている本を紹介するように促しましょう。
選書が済んだら、「森へ」を扱った2時間目と同じようにキャッチコピーを書いていきます。しかし、今回の場合、全員がその本を知っているとは限りません。そのため、印象に残っている場面や叙述の他に本の概要も伝える必要があることを確認しましょう。

このキャッチコピーは何の本だと思いますか。

「自分を見つめ直す」っていうことは、伝記かな。

物語文かもしれないよ! 私たちが読んだことのある作品で大事な人が危険になる本って何だろう。

これは「モチモチの木(齋藤隆介)」です。3年生の頃に読みましたね。

たしかに! これは、豆太の気持ちや行動に関係することが書かれていたんだね。読者に関心をもってもらえる言葉も使っているね。

評価について

本時は[思考・判断・表現]を評価項目とします。
自分が紹介したい本の魅力を文中の表現、構成、資料のいずれかを根拠にしてキャッチコピーにまとめている姿。キャッチコピーの文言をつくる際、自分が感じた魅力と、三つの視点を意識しながら考えをまとめている姿。このような姿をBの状況と判断します。

 自分が感じた魅力をどのような言葉でまとめたらよいのかわからない児童や、魅力を表すのにぴったりな言葉が思い浮かばない児童もいるでしょう(Cの状況)。その場合には、紹介したい本に対する口コミや紹介を掲載しているサイトを活用して、自分の感じた魅力に合った言葉を獲得できるよう児童に促します。


【5時間目の板書例 】

5時間目の板書例
深い学びの実現

単元終末のこの時間には、多様なジャンルの本に触れることが大切です。自分が読み慣れていないジャンルやテーマの本に触れることで、自分の考えが広がる第一歩となることを期待しています。
また、必ずしも今まで読んだことのないジャンルの本に手を出さなくてはいけないわけではなく、多様なジャンルやテーマの本に触れたことで、自分の好きな本をより自覚し、読書の役割を理解できていれば十分に目標を達成できていると考えています。
今回の「本の紹介」では、友達の紹介をただ聞くだけではなく「友達が紹介した本と自分の紹介したい本との違いは何か」「友達の紹介している本の魅力は何か」という視点で聞くよう児童に促しましょう。

振り返りでは、友達と「本の紹介」をしたことによる新しい発見や、自分のお気に入りの本を紹介したことで再認識できたことについて確認しましょう。
できることなら、多様なジャンルやテーマに対する関心が高まっているうちに図書室に移動し、貸し出しをしてもらうのが望ましいです。
「本の紹介」で知り得た知識と、実際に読書をするという経験が相互に関連し合って、より深い理解に繋がると考えます。
読書ノートなどを日常的に書かせている学級は、その感想等を共有し、読書の幅の広がりを自覚させると、児童の今後の読書生活をより豊かにできると考えます。

「本の紹介」をして、新しく発見したことや再認識したことはありますか。

外国語を学習しているときや、テレビで外国人にインタビューをしているのを見たときに、言葉によって違いがあることをみんな経験していました。だから、「言葉は面だ」という筆者の主張に、より納得することができました。私はAさんの生き物図鑑の紹介で、【知りたくて開いた本を、教えたくなって閉じました】というキャッチコピーと、どんな生き物の特徴が書いてあるのかを紹介してもらって、読んでみたくなりました。

Bさんが織田信長の伝記を紹介してくれました。織田信長の名前は聞いたことがあったけど、紹介してくれた本で、私が知らなかった性格や生い立ちを知れるんだとわかり、私も読んでみたいと思いました。

私は、色々な本を紹介してもらったけど、やっぱり自分は○○シリーズの本が好きだな、と思いました。低学年の頃から読んでいたし、もっとたくさんの人に読んでほしいと思いました。

評価について

本時は[知識・技能]を評価項目とします。
「本の紹介」を経て、多様なジャンルの本に関心をもったり、自分が読んでいた本のジャンルの魅力を再確認したりして、本が考えを広げるのに役立つことを理解している姿をBの状況と判断します。
交流後の振り返りや、本の貸し出しの様子をもとに評価するようにします。
しかし、日常的な読書に親しもうとせず、読書の役割に気が付いていない児童(Cの状況)もいるでしょう。この単元だけではなく、年間を通して読書に関する単元を計画的に組み込んだり、児童に読書記録をつけさせたりして、日常的に児童が読書活動を振り返ることができる環境づくりをすることが大切です。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2体育「水遊び」指導アイデア①
・小2体育「水遊び」指導アイデア②
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア①
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア②
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小4体育「水泳運動」指導アイデア①
・小4体育「水泳運動」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号