• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

荒れの兆候を見逃さない!学級の見直しをしよう

2019/6/12

一学期後半に入ったこの時期に、荒れの兆候を見逃さないためにも、理想の学級づくりに向けて、自分の学級を見直してみましょう。

学級イメージ
撮影/金川秀人

日常の細かい点への注意をはらいましょう

4月に示したルールが確立され、学級はスムーズに機能しているでしょうか。次のチェックシートで当てはまるものがないか、自己チェックを行いましょう。チェックをする上で何か気になることがあれば、早めに学年の先生に相談しましょう。また、気持ちを新たに初心に返る気持ちで、今一度、子どもたちと学級の様子を観察し、よりよい学級づくりのためにできることを行いましょう。

チェック!
先生・友達の話が聞けない。
教室がざわつく。
次の学習の準備ができていない。
机の上に学習に不必要な物が置いてある。
教室にゴミが落ちていて汚れている。
ランドセルがロッカーに片付けられていない。
忘れ物が多くなる。
遅刻が増える。
提出物がそろいにくい。
給食の準備が遅くなる。
給食の残菜が多くなる。
上靴がきちんとはけてない。
服装が乱れる。
子ども同士のけんかやもめごとが増える。

学級がうまくまとまっていない、うまく機能していないと感じた時こそ、教室美化を心がけましょう。教室がきれいに片付いていると、子どもたちの心も自然に落ち着いてくるものです。まずは、先生から教室を整理する意識を高めていきましょう。

【朝、子どもたちが来る前に(下校後も)】
1.窓を開け、空気を入れ換えましょう。
2.黒板をきれいにし、教室のごみを捨てましょう。
3.机と椅子を整頓しましょう。
4.雑巾がきちんとかかっているか、靴拭きマットが歪んでいないか等を確認しましょう。

【登校時】
1.靴箱の下靴の入れ方から、子どもの気持ちを推し量りましょう。靴のかかとをそろえて入れていますか?
2.「おはよう」とさわやかなあいさつで子どもを迎え、子どもの表情やあいさつから変化がないかを探りましょう。
3.学習用具を整頓して引き出しに入れ、ランドセルをロッカーに正しく入れているかを見ましょう。

「○○強調週間」を設定しましょう

学級や子どもたちの様子から、強化したいことがあれば、「○○強調週間」を設定して、重点内容を絞り、集中的に指導を行うのも効果的です。

例:「整理整頓 協調週間」
1.整理整頓を行う時間を確保します。
2.生活班(5~6人)のグループで、整理整頓がきちんとできているかを確認します。
3.グループの全員がいずれかの整理整頓の責任者になります。
 ・「道具箱」
 ・「筆箱の中」
 ・「ロッカー」
 ・「靴箱」
 ・「体操服・給食エプロン」
 ・「掃除用具(雑巾・ほうき)」等
4.終わりの会で振り返りを行います。できたことに対して必ず称賛しましょう。
5.協調週間終了後、賞状をおくります。

子どもたちの意識が強調週間後も持続するように、常に声がけを忘れないようにしましょう。他にも「忘れ物ゼロ強調週間」「チャイムの合図を守ろう週間」「そうじがんばり週間」「給食残さない週間」など、重点内容を変化させてみるのもいいですね。

文・大阪府大阪市立公立小学校教諭 谷輪優子
『小六教育技術増刊』2017年8月号より

関連する記事

クラス記事一覧

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

支援・環境調整
気になる子をセンスよく支援 学級の雰囲気づくり編

そろそろ大きな行事が終わり学校全体で動くことが減り、学級単体での「力」がはっきり示されるようになってきます。今回は、学級の雰囲気づくりについて解説します。正しい…

10月の落とし穴イメージ
10月の落とし穴~「荒れ」「学級崩壊」を防ぐ学級経営のターニングポイント

学級の「荒れ」や「崩壊」が最も起こりやすいのは、10月といわれています。ここで教師自らを振り返り、子どもたちの言動に注意を払い、小さな変化も見逃さない策を打つこ…

学習ゲームイメージ
クラス作りに!少しの時間でできる楽しい学習ゲーム

授業中や学活などで、5分ほどでできる学習遊び、学級レクをご紹介します。ゲームを通じて仲間意識を持ったり、学級がひとつにまとまる効果も期待できます。また、集中力が…

もっと見る