小2 国語科「たんぽぽのちえ」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小2国語科「たんぽぽのちえ」(光村図書)の各時の板書例、発問、ワークシート例、想定される児童の発言等を示した授業実践例を紹介します。

小二 国語科 教材名:たんぽぽのちえ(光村図書・こくご 二上)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/京都府京都市総合教育センター指導室指導主事・吉田夏紀
執筆/京都府京都市立向島秀蓮小中学校・高田裕宇

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、順序など情報と情報との関係について理解する力、時間的な順序などを考えながら内容の大体を捉える力、文章の中の重要な語や文を考えて選び出す力を育てていきます。

「たんぽぽのちえ」では、時間やその推移を示す言葉が段落の初めに書かれており、それぞれの現象を提示した後にその理由が位置付けられています。これらのことを意識して読むと、文章の内容の大体を捉えやすくなります。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、「順序に気をつけて読み、いちばんかしこいと思うたんぽぽのちえについてカードに書く」という言語活動を位置付けます。
「たんぽぽのちえ」では、時間的な順序を意識して読めるように、挿絵カードを並べ替える活動も行います。この言語活動を通して、順序など情報と情報との関係について理解する力、時間的な順序などを考えながら内容の大体を捉える力、文章の中の重要な語や文を考えて選び出す力を付けたいと考えます。

「たんぽぽのちえ」を読み、「たんぽぽがいつ、どのようなちえを働かせているのか」「そのわけは何か」、また、「いちばんかしこいと思ったたんぽぽのちえは何か」「どんなことを思ったか」を子供自身の言葉で伝えられるようにしましょう。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 挿絵を並べ替え、順序を意識して読む

本事例の2時間目に、順不同に提示した挿絵を並べ替える活動を位置付けます。友達と「どのように並べ替えたのか」「どうしてそのように並べたのか」を交流する中で、子供たちは必然的に時間や順序を表す言葉を根拠にして考えることになります。活動を楽しみながら、本単元で着目させたい言葉について、子供自らが気付くことができるようにしましょう。
そして、「たんぽぽのちえって何かな。」「それはどこに書いてあるだろう。」というように子供たちが問いをもち、それを解決していくという単元を構想し、主体的な学びを生み出していきましょう。

〈対話的な学び〉 ペア交流で新たな気づきを得たり友達の思いにふれたりする

子供たちが「たんぽぽのちえって何かな」「こんな言葉があるから、きっとこれはたんぽぽのちえだと思うよ」というように、友達と対話的な学びを繰り返すことで、たんぽぽのちえに関わる重要な語や文を見つけたり選んだりできるようにします。

また、低学年の発達段階においては、「知りたい。」「聞いてほしい。」という子供たちの思いを大切にしたいものです。同じ文章を読んでいても、子供によって感想はさまざまであるため、「友達は、どんなちえをかしこいと思ったのだろう。」「そのちえについてどんなことを思ったのだろう。」と気になっている子供も多いのではないでしょうか。そこで、「いちばんかしこいと思ったちえ」と「そのわけ」「思ったこと」をカードに書いて、交流する活動を位置付けます。友達の感想との違いに気付いたり、友達の経験にふれたりすることで、今後の学習への意欲につながるはずです。交流するときは、叙述をもとにし、自分にとっての重要な語や文を考えて選び出す力を付けられるようにしましょう。

〈深い学び〉 筆者の説明のしかたに着目して読む

拡大した本文に色分けして線を引くなど、視覚的に分かりやすくしておくと、次のような筆者の説明の工夫が見えてきます。

「時間を表す言葉」、「ちえ」、「わけ」で一つのまとまりになっている。
「時間を表す言葉」、「ちえ」、「わけ」の順序で説明している。
「わけ」を説明するために、「……のです。」「……からです。」という表現を使っている。

これらのことに子供たちが自ら気付けるように、学習のあしあと(拡大して教室側面に掲示する、ICT端末の学習支援ソフト内に保存するなど)を残しておくとよいでしょう。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)順序に気を付けて読むために
例えば、ICT端末の学習支援ソフトに、本文を六つのまとまりに分けたカードを順不同で提示し、それらを正しい順序に並べ替える活動が考えられます。端末上でカードを操作すれば、作業時間を短縮したり、容易に保存したりできます。
また、友達に画面を示しながら説明したり、テレビ画面に提示してクラス全体で共有したりすることができるようになります。端末を活用することで、並べ替える時間や自分の言葉で説明する時間を保障しましょう。

(2)学習履歴を残すために
学習したことを次の時間につなげるときにも、端末の活用は有効です。教科書の画像データを子供一人一人の端末に送ったりデジタル教科書を活用したりし、端末上で線を引いたり書き込んだりして学習のあしあとを残していきます。
教科書やワークシートなどの紙面上での修正と比べ、端末上では容易に修正できます。また、保存にも手間がかかりません。

(3)相手を選んで交流するために
「交流したい。」という思いを高めるためには、自分で交流する相手を選ぶことが大切です。例えば、ICT端末の学習支援ソフトのカメラ機能で撮影した画像データを提出すれば、クラス全員の「いちばんかしこいと思ったたんぽぽのちえ」が一目で分かります。「自分と同じ(ちがう)ちえを選んだ友達はどんなことを思ったのかな。」というように、子供たちが交流したい相手を選べる仕組みをつくり、必要感をもって学習に臨めるようにしましょう。

6. 単元の展開(10時間扱い)

 単元名: じゅんじょに気をつけて読もう

【主な学習活動】
・第一次(1時
①「たんぽぽのちえ」を読んで感想を交流し、学習の見通しをもつ。

・第二次(2時3時4時5時6時7時8時9時
② たんぽぽが、いつ、どんな様子かを捉えて読む。〈主体的な学び〉〈 端末活用(1)
③④⑤⑥ たんぽぽが働かせているちえやそのわけを捉えて読む。〈 端末活用(2)
⑦ たんぽぽが働かせているちえとそのわけを時間の順序に沿って捉えて読む。〈深い学び〉
⑧ たんぽぽのちえの中からいちばんかしこいと思ったものを選び、そのわけや自分が思ったことと一緒に「ちえカード」に書く。
⑨ 友達の書いた「ちえカード」を読み、感想を伝え合う。〈 端末活用(3)〉〈対話的な学び〉

・第三次(10時
⑩ 単元を振り返り、順序が分かるように話すことなど、今後に生かせることを話し合う。

各時の板書例、教師の発問・児童の発言例、端末活用例

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
交流を活性化させるために

〇 子供は初めて教材文に出会うため、教師が範読するとよいでしょう。時間の順序を意識できるように、子供たちの感想は挿絵と対応させて板書しましょう。また、子供のいちばん心に残ったところが視覚的に分かるように名前カードを活用し、心に残った理由を交流することで内容の大体が理解できるようにしましょう。

〇 第9時には、いちばんかしこいと思ったたんぽぽのちえについて交流します。板書を画像データとして残しておくと、比較して考えの深まりを実感することができます。

「たんぽぽのちえ」を読んで、どんなことが心に残りましたか。それは、どうしてですか。

たんぽぽの花がしぼんで、だんだん黒っぽい色になるところです。

私も同じところが心に残ったよ。黒っぽい色になるなんて知らなかった。

ぼくは、花のじくがぐんぐんのびていくところが心に残ったよ。また元気になってよかったと思ったからだよ。

でも、たんぽぽのちえってどれか、よく分からないよ。

たんぽぽが何か工夫していることかな。

ちえはどこに書かれているか、探して読もう。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例
端末活用の方法として 

〇 挿絵を順不同で提示し、それらを正しい順序に並べ替える活動を行います。どうしてそのように並べたのかを問うことで、本文に時間を表す言葉が使われていることやそれらはまとまりの冒頭に書かれていること、たんぽぽが変わっていく様子が順番に書かれていることなど、筆者の説明の工夫に気付くことができるようにします。
「たんぽぽが変わっていく様子」と合わせて「その様子はいつのことか」「どちらが先か」と話し合ってカードを並び替えることで、「いつから二、三日たっているのかな」「『このころになると』ってどのころのことかな」「その前の様子を確かめてみると…白い綿毛ができるころだ!」というように、たんぽぽの様子が変わっていく順序と時間を表す言葉を関連付けて読むことができます。一人一人が並べ替えをし、順序に気をつけて読めるようにしましょう。

〇 例えば、ICT端末の学習支援ソフト上でカードを操作する活動を取り入れれば、一人一人に挿絵カードを簡単に送信したり、端末上に容易に保存したりできます。また、友達に画面を示しながら説明したり、テレビ画面に提示してクラス全体で共有したりすることができるようになります。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例
主体的・対話的な学びの実現に向けて

第3時から第6時までは、時間の経過に沿って「たんぽぽが働かせているちえとそのわけ」を見つけながら読みます。
「時間を表す言葉」や「ちえ」「わけ」が書かれている言葉に着目し、たんぽぽのちえに関わる語や文を自分で探し、選ぶことができるようにしましょう。
また、一人一人の子供が、どの言葉からたんぽぽのちえだと判断したのかはそれぞれ違います。友達と見つけた言葉をやりとりすることを通して、一人一人が「たんぽぽが働かせているちえとそのわけ」を理解できるような主体的・対話的な学びの実現を目指しましょう。

このときのたんぽぽは、どんな様子でしょう。どんなちえを働かせているのでしょう。

花はしぼんで黒くなってしまうよ。

そうして、花のじくはぐったりと地面にたおれてしまうんだね。

地面にたおれてしまうのが、たんぽぽのちえなのかな。

じくが地面にたおれるのは、花とじくを「休ませるため」って書いてあるよ。

じくを休ませると、たくさんの栄養をたねに送ることができるんだ。

だから、たねがどんどん太るんだね。

だから、たんぽぽはわざとたおれて休むっていうちえを働かせているんじゃないかな。

きっとそうだよ。

たんぽぽは、他にどんなちえを働かせているのかな。

わけも書かれているはずだよね。もっと見つけたいな。

端末活用の方法として

〇 子供が教科書、あるいは教材文が書かれたワークシートに線を引くとき、教科書の画像データを子供一人一人の端末に送ったり、デジタル教科書の本文を活用したりして、端末上で線を引くことも考えられます。

〇 この時間で大切なのは、たんぽぽが「いつ」「とのような様子なのか」ということに着目し、どのようなちえを働かせているか、そして、そのちえにはどんなわけがあるかを言葉に着目して捉えることです。考えたことを端末上やテレビ画面に提示しながら、自分の言葉で友達に説明する時間を保障できるようにしましょう。


【4時間目の板書例 】

4時間目の板書例

【5時間目の板書例 】

5時間目の板書例

【6時間目の板書例 】

6時間目の板書例

【7時間目 】

深い学びの実現に向けて

〇 この時間は、最終段落を読み、これまでに学習してきたたんぽぽのいろいろなちえを時間の経過に沿って振り返り、「いろいろなちえ」にはどんなちえがあったのか、どうしてたんぽぽはこんなにたくさんのちえを働かせているのか、考えたことを話し合います。

〇 これまでのノートやワークシートを見返して気付いたことを出し合い、筆者の説明のしかたについて考えられるようにします。例えば、以下のような説明の工夫が挙げられます。

□時間の順序に沿って説明している。
□四つのちえを取り上げて説明している。 
□「いつ」「どのようなちえを働かせているのか」「そのわけは何か」をひとまとまりにして説明している。 
□「いつ」→「どんなちえを働かせているのか」→「そのわけは何か」の順に説明している。 
□わけは、「~のです。」「~からです。」という文末表現で書かれている。

「このように、たんぽぽはいろいろなちえをはたらかせています」とまとめられているね。「いろいろなちえ」とは、いくつのちえかな。どんなちえだといえるかな。

地面にたおれてたねにたくさんの栄養を送るちえがあったよ。

花のじくがおきあがって、風でたねを遠くまでとばすちえもあったよね。

ノートを見たら、全部で四つのちえになると思う。

こんなにたくさんのちえがあるのに、どうやって四つだとわかったの?

ちえだなと思ったところには、どうしてそんなことをしているのか「わけ」が書いてあったよ。

「わけ」を表す言葉を見つけて読んだよ。

「いつ」「どんなようすなのか」「わけ」という順番で書いてあったから。

四つのまとまりってことだと思う。


【8時間目 】

「たんぽぽのちえ」を読んで、どの部分が印象に残っているか、どのような感想をもったかは全員が同じというわけではありません。
そこで、「ちえカード」に自分がいちばんかしこいと思ったちえについて、「いつ働かせているのか」「どんなちえなのか」「そのわけは何か」「思ったこと」を書きます。
教科書49ページの「思ったことを書くときのことば」や教科書154ページの「気もちをあらわすことば」などを参考にして書くようにします。

【 ちえカードに書きまとめる例 】

ちえカード
端末活用の方法として

「ちえカード」の表面と裏面をそれぞれカメラで撮影し、2枚の画像データにします。それらをつなげて、タブレット学習支援ソフトに提出します。表面が一覧で示されるので、次時の交流で、「いちばんかしこいと思ったちえが同じ(違う)友達と話したいな。」というように、自分で交流する相手を選ぶことが期待されます。直接話さなくても、2枚目(裏面)のカードを読んで、友達の感想にふれることもできます。


【9時間目の板書例 】

9時間目の板書例
対話的な学びの充実に向けて

いちばんかしこいと思ったちえが同じであっても感想が違うことに気付いたり、友達の経験に触れたりして対話を楽しめるようにしましょう。第1時の板書の画像データと比較することで、考えが深まったことを実感できるようにしましょう。

たんぽぽのちえで、かしこいと思ったところや心に残ったところははどこですか。友達はどのちえを選んでいるでしょう。お話を読んでどんなことを思ったのでしょう。

花のじくがぐったりと地面に倒れるというちえがかしこいなと思ったよ。

どうして、そのちえを選んだの?

最初は、かれてしまったと思ってたけど、たねのために静かに休ませているんだ、かれてしまったわけじゃないんだと知ったからだよ。

なるほど。わたしも公園で、地面にたおれたたんぽぽを見たことがあるけど、そのとき、わたしもかれていると思っていたよ。

かれているんじゃなくて、わざと休んでいるんだね。

はじめは、元気がなさそうなたんぽぽに元気を出してほしいって思っていたけど、今度ぐったりしているたんぽぽを見かけたら、たねを太らせるために休んでるんだなって思ってそっとしておいてあげようと思う。


【10時間目の板書例 】

10時間目の板書例
学習したことを今後に生かすために

単元の最後である本時では、時間的な順序を考えて読むことができるようになったかを振り返ります。
たんぽぽがどんな順序でちえを働かせていたか時間を表す言葉と関連付けて振り返ったり、日常の出来事を順序に気を付けて友達に話したりすることで、学習を振り返ります。

「たんぽぽのちえ」のお話はたんぽぽの様子が時間の順序で説明されていたことに気付いたね。順序が分かる言葉にはどんなものがあったかな。

「二、三日たつと」や「やがて」という言葉があったよ。

「このころになると」という言葉も順序を表しているよ。

時間の順序に気を付けて読むと、たんぽぽの様子が変わっていくことがよくわかったね。

教科書51ページ「じゅんじょ」を読んで、本単元で身に付けた力を今後いろいろな場面で生かせることを子供たちが自覚できるようにします。
「朝、起きてからしたこと」や「給食の準備のしかた」について話す活動を通して、「たんぽぽのちえ」の時間を表す言葉以外にも時刻や「まず」などの順序を表す言葉があり、それらを使うことで分かりやすく伝えられることを学んでいきます。順序に気を付けることは、文章を読むときだけでなく、話すときや聞くとき、書くときにも生かせることを確かめておきましょう。  

イラスト/小野寺裕美、横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2 国語科「そうだんにのってください」 板書例&全時間の指導アイデア
・小5 国語科「グラフや表を用いて書こう」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 5「We all live on the Earth.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 5 「Where is the post office?」指導アイデア②
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号