小1生活「がっこう だいすき」指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
関連タグ
小一 生活科 単元:がっこう だいすき

文部科学省教科調査官の監修による、小1生活科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「がっこう だいすき」の単元を扱います。

執筆/静岡県公立小学校教諭・ 鈴木友里
編集委員/文部科学省教科調査官・齋藤博伸
 静岡県公立小学校校長・伊藤あゆり

年間指導計画

年間指導計画(クリックすると表示します)
4月どきどき わくわく 1ねんせい(スタートカリキュラム)
5月がっこう だいすき
6月きれいに さいてね
7月なつが やってきた
8月いきものと なかよし
9月あきをさがぞう
10月あきのおもちゃをつくろう
11月あきまつりをしよう
12月じぶんでできるよ
1月ふゆをたのしもう
2月あたらしい1年生に 学校のことを つたえよう
3月もうすぐ 2ねんせい

単元目標:

学校や通学路を探検する活動を通して、学校の施設や通学路の様子、学校生活を支えている人々などについて考えることができ、様々な人や施設と自分との関わりが分かり、楽しく安心して遊んだり生活をしたりすることができるようにする。

みんなで学校を歩いたときに、気になる部屋はあったかな?

図書室! 本がたくさんあったよ

ぼくはもっと理科室を見てみたい

今度は、自分たちだけで行ってみたいな

学習の流れ(全18時間/生活科15時間+他教科3時間)

【小単元1】友達と学校探検に行こう!

授業時数:生活科5時間+道徳科1時間

①友達と探検計画を立てよう

みんなで学校を歩いたときの記録(絵地図や写真など)を振り返りながら、「もっと見たい! もっと知りたい!」「今度は自分たちだけで学校を探検したい」という子供たちの思いや願いを引き出します。

個人で行動することに不安を感じる子供もいるので、興味・関心別に3~4人のグループをつくるとよいでしょう。グループごとに探検計画を立てる際には、「1人1か所ずつ行きたい場所を伝え合う」「行く順番を決める」など、話し合う内容や手順を明確に示すようにします。

②学校探検に出発だ!

探検前に、子供たちと探検の約束を話し合いましょう。園での経験を引き出しながら、歩行やあいさつの仕方、困ったときの対応などについて確認していきます。関連的な指導として、道徳科の授業で扱うのもよいでしょう。

探検の際には、「自分たちの教室と違うところを見付けてこよう」など、探検の目的を明確にして学習意欲を高めます。

1年生だけでの探検活動では、教室掲示が読めなかったり、特別教室の使用目的が分からなかったりすることがあります。分からないことを上級生に質問できる機会を設けたり、平仮名で書かれた地図をプレゼントしてもらったり、各教室に平仮名の表示をつくってもらったりといった、他学年を巻き込んだ活動も考えられます。

学校探検で職員室を調べにきた子供たち

また、教職員には、学校探検の概要説明と協力依頼を行います。その際には、1年生の子供たちに内在するストーリーや、活動に対する思いや願いの実現に向けて、育成する資質・能力を理解してもらうことが必要です。

本単元で、①思いや願いをもつ、②活動や体験をする、③感じる・考える、④表現する・行為する、そしてまた、①思いや願いをもつ…という、生活科の学習過程を基本に学習を展開し、自分たちの思いや願いを実現していくプロセスを経験しておくことが、今後の生活科の学習に生きてきます。

③学校探検で見付けたことを、友達に伝えよう

1回目の学校探検が終わったら、伝え合う場を設定します。子供が見付けた「ひと・もの・こと」を教師が付箋に書いて絵地図に付け加えたり、事前にICT端末で撮った画像を教室のモニターに映したりして、視覚支援をするとよいでしょう。他グループが見付けたものを知ると、さらに行きたい場所が出てきます。何度も探検に行けるよう、活動時間を十分に確保しましょう。

また、探検(体験)と発表(表現)を繰り返す中で、教師は子供のさまざまな気付きを相互に関連付け、子供たちが次第に施設の特徴や役割などにも目を向けられるように支援していきましょう。

評価規準

知識・技能:学校の施設の位置や特徴、その役割が分かっている。

思考・判断・表現:友達が行った施設の情報と自分の思いを照らし合わせて、次に行きたい場所を選んだり知りたいことを質問したりしている。

主体的に学習に取り組む態度:学校の施設に関心をもって、繰り返し探検をしたり人に質問をしたりして調べようとしている。

【小単元2】「先生探検」をして、たくさんの人と仲よくなろう

授業時数:生活科5時間+国語科1時間

学校探検を繰り返す中で、「この先生だれだろう?」「何をしているのかな?」と人に注目する子供が出てきたら「先生探検」の始め時です。ここでは、人との関わりが深まるように活動を工夫していきましょう。

①「先生探検」の計画を立てよう

自己紹介、名刺交換、インタビュー、先生のサイン集めなど、先生たちと仲よくなるための活動を子供たちと一緒に考えましょう。子供たちの経験や願いに沿って活動を選択したり、興味・関心に応じてグループや個人で活動内容を変えたりすることも考えられます。

また、多くの子供が興味をもっている人や、教師側が全員の子供たちに出会わせたいと考える人については、学級に招待し、全体の場で子供たちがインタビューをする時間を計画するとよいでしょう。

②「先生探検」に出かけよう

活動内容によっては、名刺づくりや自己紹介の仕方の練習などの準備をします。準備ができたら、先生探検に出発です。人と関わりを深めていく活動なので、あいさつや自己紹介の仕方、話し方などについて練習をし、自信をつけておくことも必要です。関連的な指導として、国語科の授業で扱うことも考えられます。

「先生探検」で出会った先生の写真を地図に貼る子供たち
「先生探検」をしたあとで、子供たちが出会った先生の名前を地図に書き込んだり、撮ってきた写真を貼ったりして、整理することも一案です。
「先生探検」用ワークシート
「先生探検」に出かける際には、このようなワークシートを作り、出会った先生から「なかよし」サインをもらう方法も考えられます。

上記ワークシート(Word形式)は、こちらからダウンロードできます。アレンジしてお使いください。

様々な人たちによって自分たちの学校生活が支えられていることに子供たちが気付くためには、教員以外の多様な人たちとの出会いが不可欠です。例えば、給食の時間に栄養教諭に補助に入ってもらったり、用務員さんに教室内の設備の補修を依頼したりするなど、出会いを意図的に仕掛けましょう。

また、子供たちが多様な人との関わりを深めるうえでは、授業時間外に活動する場合が生じます。あらかじめ、活動概要を教職員に周知し、協力体制づくりが必要です。

③「先生探検」で出会った人を紹介しよう

学校探検と同様に、先生探検をした後は伝え合う場を設けましょう。新たな情報を得ることで、「次はこの人に会ってお話してみたいな」という思いが生まれ、主体的な探検活動へと発展していきます。また、子供の発言時には、各教職員の仕事や役割に着目させ、自分たちの学校生活との関わりへの気付きを促していきます。

評価規準

知識・技能:学校にいるさまざまな人の存在や働き・役割が分かっている。

思考・判断・表現:自分との関わりを思い描きながら、学校にいる人に話しかけたり質問したりしている。

主体的に学習に取り組む態度:学校にいる人の存在や働きなどを知りたいという思いをもち、繰り返し活動をしたり質問をしたりして調べようとしている。

【小単元3】ぼく・わたしのお気に入りをみんなに話そう

授業時数:生活科3時間+国語科1時間

①発表したいことを決め、発表の準備をしよう

学校探検や先生探検で発見したことの中から、自分のお気に入りを選び、発表します。「がっこう だいすき はっぴょうかい」「がっこう はかせ はっぴょうかい」など、子供たちがわくわくするような名称があると、表現への意欲が高まります。名称も子供たちと一緒に決めるようにします。

表現方法については、どうしたら自分のお気に入りが分かりやすく伝えられるかを子供たちと考えます。まだ文字言語の習得が十分でない発達の段階であることから、絵や実物、写真、身体表現、ICT端末の活用など、多様な表現活動を保障します。国語科の学習と関連させて、発表の仕方などを指導するとよいでしょう。

「ぼく・わたしのお気に入りをみんなに話そう」板書例

②発表会をしよう

発表会では、子供たちがこれまでの活動を振り返りながら交流することで、気付きの質を高めていくことができるように留意しましょう。教師は、発言をつないで板書するなどして、子供たちが一つ一つの気付きを関連付けて共通点や違いを見出したり、新たな気付きを得たりできるような支援していきます。

また、大勢の前で発表することに不安を覚える子供や、友達の発表をじっと聞いていることが苦手な子供に対する、必要な支援を事前に想定しておきましょう。

評価規準

知識・技能:学校にいる様々な人や施設によって、自分たちの学校生活が支えられていることが分かる。

主体的に学習に取り組む態度:自分たちの学校生活に安心感をもち、これからの遊びや生活を楽しくしていこうとしている。

【小単元4】通学路散歩に行こう!

授業時数:生活科2時間

「自分たちの安全を守ってくれているひと・もの・ことを見付けよう!」と、目的意識をもって通学路散歩に出かけます。

信号機や横断歩道などの「もの」に気付きが集中しがちですが、見守ってくれている「ひと」にも気付くことができるよう散歩をする時間帯を工夫したり、事前に交通安全指導員の方の写真を用意して紹介したりしておくとよいでしょう。

また、校外学習では安全な学習環境の確保が必須です。教師による下見や子供への事前指導、複数の引率者など、安全面に十分配慮しましょう。

評価規準

知識・技能:登下校では、安全に気を付けて行動している。

思考・判断・表現:自分の登下校の様子を思い起こし、安全を守る人々の願いについて話している。

主体的に学習に取り組む態度:自分の登下校が、安全を守る人や施設に支えられていることを実感し、自分でも安全に登下校をしようとしている。

1人1台端末を活用した指導アイデア

小単元3「ぼく・わたしのお気に入りを伝えよう!」では、発表会に向けた表現方法として、子供たちから「施設の様子を写真で見せたい」「先生の仕事を動画で紹介したい」といった多様な思いが生まれてくることが予想されます。ICT端末を使用しての写真撮影や動画の記録などは、教師の指導により1年生にも可能な活動です。教師は、子供たちの思いや願いに積極的に応え、豊かな学習が成立するよう支援していきます。

評価のポイント

子供の多様な表現から学習状況を的確に把握しよう

この時期の1年生は、まだ十分に自分の思いを言語化することができません。したがって、言語以外の表現にも着目して学習状況を評価していくことが大切です。  

学校探検や発表準備をする中で見せる子供の表情や仕草・行為などを丁寧に見取り、子供の内面や思考を読み解きましょう。また、一人一人の子供のよさが表れる多様な表現方法を模索しましょう。

参考資料/
・『小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 生活編』(文部科学省/東洋館出版社)
・『「指導と評価の一体化」のための学習評価に関する参考資料 小学校 生活』(国立教育政策研究所 教育課程研究センター/東洋館出版社)
・『あたらしいせいかつ上 教師用指導書 授業展開編』(東京書籍)

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小3体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア②
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア①
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア②
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア①
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号