小3体育「走・跳の運動~かけっこ・リレー~」指導のポイント

関連タグ

執筆/滋賀県公立小学校教諭・福住剛己
編集委員/スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、滋賀県教育委員会事務局保健体育課学校体育係主査・内藤康司

授業づくりのポイント

本単元では、走り出しの局面に絞って学習を進めていきます。この局面で必要なのは、すばやく加速することです。
そのためには、スタート時の姿勢や足の運び、歩幅、前傾姿勢、腕の振りがポイントとなります。
このポイントを意識して走ることを、ゲーム化した運動を通して、楽しみながらくり返し経験できるようにしていきます。

単元計画(例)

1・2 時間目は、主にペア学習を主体とした運動を楽しみ、3・4・5 時間目はゲーム化してグループ学習を楽しむことを想定しています。

ぎりぎりロケットダッシュ走の発展的な内容として、ルールを「しっぽを取られないようにする」に変更できます。逃げる人のしっぽを取るという動作が、バトンパスの動作につながり、バトンパスの走り出しのタイミングを学習できます。

単元計画(例)
クリックすると別ウィンドウで開きます

楽しむ① ペアで、いろいろな姿勢ですばやく走り出すことを楽しもう

「ねことねずみ」では、いろいろな姿勢からのスタートを経験します。すぐに走り出せる姿勢にすばやくなることが重要です。できている人を見本として、ポイントを確認しましょう。

「ロケットダッシュ3秒間走」では、ペアで見付けた「ひみつ(コツ)」を学習カードにため込み、全体に紹介します。それらを共有することで、こつの意味をしっかりと理解でき、友大からもこつの出来映えやアドバイスをしてもらうことができるようになってきます。

「ねことねずみ」で遊ぼう(ペア学習)

ルール

  • ペアで「ねこ」と「ねずみ」に分かれ、「ねこ」「ねずみ」のかけ声で呼ばれた人が向かい合っている人を追いかける。呼ばれなかった人は逃げる。
  • 逃げた人がゴールラインまで逃げ切ればセーフ。
「ねことねずみ」で遊ぼう(ペア学習)
クリックすると別ウィンドウで開きます

「ね」のつく別の言葉を言ったり、「ねーねーねー」と間を空けて言ったりすると、子供たちはスタートに集中します。

「ロケットダッシュ3秒間走」で「ひみつ」を見つけよう(ペア学習)

ルール

  • 3秒間でどれだけ遠くからスタートしてゴールできるかを競う。
  • クリアしたら、スタート位置を1つ後ろに下げていく。
ロケットダッシュ3秒間走
クリックすると別ウィンドウで開きます

ペアの観察者は、スタート位置で相手のスタート姿勢を観察し、気付いたことを相手に伝えます。

「ピーピッピッピー」という3秒間隔の電子音をくり返し流し、スタートとゴールを子供自らができるようにすると、教師はスタート位置で子供の動きが観察できます。
下の「ひみつカード」のような動きをしている子供を見つけ、全体に紹介しましょう。

ロケットダッシュひみつカード

楽しむ② 見つけた「ひみつ」を試してグループで楽しもう

「ぎりぎりロケットダッシュ走」では、グループ(4人)で協力するゲーム化を仕組み、「かかわり」が生まれるようにしていきます。走らない人(2人)の役割を確認して、友達の動きを見ながらゲームに参加できるようにすることが大切です。

対戦前に、次に試してみる「ひみつ」をグループで相談することができます。走り終わった後も、「どうだった」と出来栄えを交流することで、次につながる対話が生まれます。さらに、全グループの獲得点数を合計して、学級の成長を確かめることで交流が活発になり、学びに勢いが生まれます。

ぎりぎりロケットダッシュ走で「ひみつ」を試してみよう(グループ学習)

ルール

  • 2人1組で、「逃げる」「追いかける」を決めて対戦する(同じ走力で対戦相手を決める)。
  • 逃げる人は、相手を引き付けて自分のタイミングでスタートし、最後まで抜かされないように逃げる。
  • 相手を引き付けてスタートするほど点数が高くなる(1点~ 3点 図のように)が、抜かされたら0点。
  • 追いかける人は、逃げる人を抜けるように全力疾走で追いかける。
  • 終わったら「逃げる」「追いかける」を交代する(その後、もう一方のペアが同じように対戦する)。
「スタートの観察・応援」と「ゴールの審判」
クリックすると別ウィンドウで開きます

観察するペアは、「スタートの観察・応援」と「ゴールの審判」の役割をします。

「ダッシュワード」を、観察するペアが言うことで、「ひみつ」を意識して走ったり、動きのイメージを共有しやすくなったりでき、スタートについてペアで考えを深めていくことができます。
「ぎりぎりまで相手を引き付けて3点をとるぞ」と夢中になれば、逃げるほうも追うほうも、全力疾走をくり返し経験することができます。そのためには、「ルールを理解すること」「役割を理解すること」が大切です。モデルを示しながら丁寧に説明しましょう。

かかわり思考ツール「ダッシュワード」

足を速く動かす➡「タタタタ」
腕を速く振る➡「シュッシュッシュッ」

「ダッシュワード」は、ロケットダッシュの「ひみつ」で出たスタートの動きを言語化したものです。オノマトペ(擬態語)を使うことで、意識したい部分を誇張することができ、動きがイメージしやすくなります。ペアで考えた言葉を「ダッシュワード」にしてもよいでしょう。

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小三小四』2019年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号