• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

一学期後半のあるあるトラブル対応術・二年生編

2019/7/4

一学期後半に入るこの時期、二年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。

文・ 東京都江戸川区立大杉小学校 教諭 佐々木陽子

CASE 1 外遊びが中止になり、子どもが落ち着かなくなる

今日は10分だけフルーツバスケットをしましょう
イラスト/バーヴ岩下

→教室遊びを充実させる。

暑さが厳しくなることや梅雨が長引くなどで、外遊びが長らく中止になる日が続くことがあります。
 
大好きな外遊びができないことで、子どもたちはエネルギーの発散場所がなくなり、落ち着かない様子が見られるようになります。こうなると「静かにしなさい」「教室では走りません」 など担任の叱る場面が増え、今後の学級経営にも支障が出てきます。
 
この時期に外遊びが長らく中止になることも予想して、事前に教室遊びの準備をしておきましょう。クラス全員でフルーツバスケットをしたり、少人数のグループでトランプやかるた、パターンブロックをしたりと、室内で熱中できる遊びを用意しましょう。

CASE 2 暑さで食欲がなく、給食を残す子が多くなる

→適度な水分補給を促し、普段とは違うイベントを企画する。

この時期に食欲が落ちてしまう原因には、過度の水分補給でおなかがいっぱいになってしまうことや、暑さによって気分的に食べ物を受け付けないことなどが考えられます。    

こまめな水分補給は大切ですが、一度にゴクゴク大量の水を摂取することは考えものです。美味しい給食が食べられる量に調整するよう声かけをしていきましょう。
 
また、この時期に栄養士さんと協力して、バイキング給食を開催したり、クイズや紙芝居などで食育を深めたりするなど、イベント的な企画をすることで食べることへの関心が高まります。  

食べる気分でなかった子も、違う視点からアプローチすることによって、食べられるようになります。

CASE 3 学習中に使う下敷きがうちわとして使われる

学習に入る前にパタパタタイムです。強く扇ぎすぎないようにね
イラスト/バーヴ岩下

→禁止にせず、パタパタタイムをつくり、うちわとして使用させる。

学習中にもかかわらず、気がつくと下敷きがうちわに変身します。一人が始めれば、どんどん広がり、そのうちクラス中でやってしまいます。きっぱりと禁止することも大事ですが、禁止すると、再びやってしまったり、学習のやる気を失ったりします。
 
そこで、学習のはじめや終わりなどわずかな時間に「パタパタタイム」をつくり、うちわとして使用します。子どもの欲求もある程度満たしてあげることで、学習への切り替えもスムーズにできます。ここでは、はじめの約束が肝心です。きちんと切り替えることができるなら、うちわとして扇いでよいことにします。また、強く扇ぎすぎると下敷きが折れるので注意も促します。

CASE 4 冷房機器を使用するのに暑い、寒い、と 苦情が出る

→暑い人は、廊下側に机を寄せる。 寒い人には、羽織るものを持参させる。

冷房機器を使用しているのに、子どもから「暑いです」や「寒いです」 と苦情が出ます。
 
座席によっては、冷風が直撃しますし、窓側はカーテンを閉めていても直射日光で気温が上昇します。大人と同じで寒がりの人もいれば、暑がりの人もいます。感じ方が様々なのは分かりますが、クラス全員の要望を満たすことは難しいものです。
 
寒いと感じる人には、羽織るものを用意させて、その都度、自分で調節させます。

窓側で暑いと感じる人には、廊下側に机を寄せてもらいます。冷房機器を使用する時期がきたら、クラス全体の座席の位置を廊下側にずらしておくとよいでしょう。

CASE 5 ミニトマトが成長しない

「僕だけ実がならない」「特別に先生のものをプレゼントします」
イラスト/バーヴ岩下

→先生が育てているミニトマトをプレゼントする。

生活科の学習でミニトマトの苗を植えたのに成長しない子、実がならない子が出てきます。
 
原因としては、お世話を継続的にできていないこと、思わぬトラブルで成長できないこと等が挙げられます。
 
お世話が疎かになってしまった子には、次からしっかり育てることを約束させます。トラブルに巻き込まれてしまった子には、残念な気持ちに共感してあげます。
 
そのあと、先生の育てたミニトマトをプレゼントしましょう。育てる時には、子どもたちの分だけではなく、もしもの場合に備えて、余分に育てておきます。みんな収穫するのを楽しみにしています。だから、先生からの大サービスです。

CASE 6 かけ算の習得に、すでに個人差が生まれている

「さざんがく、さんしじゅうに」 「九九っておもしろい」 「私も早く覚えるぞ」
イラスト/バーヴ岩下

→得意な子を中心に、かけ算九九を楽しんで学習できる環境づくりをしておく。

かけ算九九は、二年生の算数の学習で最も大切な単元です。しかし、夏休みを前にしてすでに個人差が出てきています。九九を全て唱えることができる子もいれば、かけ算を全く知らない子もいます。

得意な子は、学校で習う前から九九の覚え方のイロハを知っています。二学期から一斉に学習するため、それ以前に歌ったり唱えたりすることを禁止する先生もいますが、子どものやる気や人に伝えたい気持ちを尊重して、クラス全体にかけ算の楽しさを広げるチャンスにします。遊び感覚で朝や帰りの会などで、得意な子を中心に歌や語呂合わせやゲームなどを紹介させ、クラスに少しずつかけ算ワールドをつくり上げていきましょう。


佐々木陽子(ささき・ようこ) 島根県松江市生まれ。子どもが主体的に動く声かけや学級経営にこだわり、独自のアイディアを多く持つ。 著書に『クラスがまとまる 小学生一年生 学級づくりのコツ』(ナツメ社)など。

『教育技術 小一小二』2019年7/8月号より

関連する記事

クラス記事一覧

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

気になる子をセンスよく支援 トラブル対処編

日頃から教室で不適切な行動や事件が起こらないように気を付けていても、実際はトラブルが起こることもあります。今回は、トラブル対処法のヒントを解説します。正しい知識…

9月の「荒れない」学級づくり ~ケース別対応策~

夏休み明けは、生活リズムや学習習慣が崩れ、クラスが荒れやすいと言われます。ここでクラスをしっかり整えておくために、この時期にありがちな不安について、ケース別に対…

もっと見る