• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者会でも絵本の読み聞かせをしてみませんか

2019/6/10

みなさんは保護者会で絵本を読んだことがありますか?
一冊の絵本を読むだけで、保護者会のムードをつくることができます。大阪府追手門学院小学校講師・多賀一郎先生の解説をご紹介します。

読み聞かせ
写真/金川秀人

質の高い保護者会にするために

僕は「親塾」というものをしています。保護者のみなさんに、さまざまな教育の話をして、子育ての支援につなげています。比較的意識の高いおうちの方が多いのですが、その会に来られた方がときどき保護者会のことを話されます。
「行事予定を書いてある通りに読んでいくだけなのよね。行くだけの意味がないわ」
と言うようなことが話題に上がります。ただでさえ保護者会にはなかなか人が集まりません。こんなつまらないことをしていたら、保護者はますます来なくなってしまうでしょう。

特に最初の保護者会。先生も保護者も緊張しています。そんな時に一冊の絵本を読むと空気が変わります。

『おこだでませんように』

『おこだでませんように』
作/くすのきしげのり 絵/石井聖岳
小学館 1500円+税

一年生の乱暴者だと言われる子どもの心の動きを描いたお話です。
本人は一生懸命にしているのに、大人はそれを受け止めてはくれません。言われたことを守ろうとしているのに、大人には認めてもらえず、
「おこられてばっかりや」
そんな思いを七夕の短冊に書くのです。それが「おこだでませんように」なのです。
教師も保護者もこの絵本の子どもの叫びに、はっとさせられます。同じようなことを子どもに対してしてしまっていることに、気づかされるからです。
保護者会で読むと、お母さん方はたくさん涙を浮かべられます。
その後で、子どもの思いを受け止める話や、子どもにかける言葉についての話をすると、先生の言葉はおうちの方に伝わりやすくなります。

これこそ、あたためるということですね。

『ちいさなあなたへ』

ちいさなあなたへ
『ちいさなあなたへ』
作/アリスン・マギー 絵/ピーター・レイノルズ 訳/なかがわちひろ 主婦の友社

我が子は何物にも代えがたい大切な存在です。
そんなことはどんな保護者にもわかっていますが、ときどきその原点を忘れているということは、あるものです。
この絵本は、その思いをよみがえらせてくれるのです。絵本を読むと、あたたかいムードが流れます。
子どもに対する思いを改めて思い起こした保護者のみなさんは、子どもへの接し方も昔のような穏やかなものに変わるかもしれません。

『はやくはやくっていわないで』

はやくはやくっていわないで
『はやくはやくっていわないで』
作/益田ミリ 絵/平澤一平 ミシマ社

いろいろなペースで人は生きています。何かをする速さも全て違うのです。あせらないであわてないでその人間のペースに合わせて生きていけばよいのです。
シンプルで、幼い絵でこの絵本はそう語ります。

大人のみなさんにはどうかなあと思いながら保護者のみなさんに読み聞かせしました。反応は、肌で感じるものですが、僕が思っていたよりも、心に響いたみたいでした。この絵本でお母さんたちが泣いてしまうとは、思いませんでした。

よほど、ふだんから、
「はやくしなさい。はやくしなさい」
と子どもたちに言っているのでしょうね。

絵本って、すごいなあ。読み聞かせしてみないと、わからないものなんだなあと思った一冊です。

このように保護者会で絵本からスタートすると、教師の言葉は保護者の心にとどきやすくなるものです。


教えてくれたのは・・・

多賀一郎: 追手門学院小学校講師。神戸大学附属住吉小学校を経て私立小学校に30年以上勤務。「親塾」を各地で開いて保護者の相談に乗ったり、公私立小学校で指導助言や全国でのセミナーを通して教師を育てることにも力を注いでいる。

多賀マークの教室日記
http://www.taga169.com/

『教育技術 小一小二』2019年6月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

ふりかえりながら”寄せ””詰め”の三学期「学級仕舞い」

一学期の「学級開き」に対して、三学期は「学級仕舞い」。「学級仕舞い」で大切にしたいのは、「もう一歩の成長」のための再確認です。その再確認は、どういうものか。生活…

子どもの悩みを解き去る「教師の心」で立ち向かえ【4年3組学級経営物語23】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。児童同士で起きたケンカトラブルで、口を閉ざす子どもたち。ケンカの解決には、ケンカ…

最高の学年末を迎えるための話し合いと掲示物のアイディア【3分動画】

2月のこの時期、「なんだが学級経営がうまくいかない」と悩んだり、「もうすぐ学年末なのにトラブルが続いている」と、焦っている先生はいませんか? そこで、本誌でもお…

【ぬまっち流】納得度の高い通知表を作成する
通知表所見は子どもに協力をお願いして納得感を高める【ぬまっち流】

三学期に入り、そろそろ通知表と向き合う時期がやってきました。ユニークな実践で知られるカリスマ教師、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生から、子供の本音を加味し時間をかけ…

学年末に向けてやってみたいこと15のアイディア【#三行教育技術】

普段の日常を大切に過ごす? 印象的なイベントを仕掛ける? 立つ鳥跡を濁さずを意識する? 自分の強みで学校に貢献してみる? ♯三行教育技術より、学年末に意識してい…

子どもの評価と保護者の評価のギャップを使った保護者会【ぬまっち流】

子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介。
今回は、自己評価と他者評価のギャップを使った、…

小学生のケンカ仲裁:質問箱に一日平均30件の人気教師の答えとは?

インスタグラムの質問箱には、全国の先生方から一日平均30件の質問が寄せられるという、京都教育大学附属桃山小学校教諭の樋口万太郎先生に、よく聞かれる質問と、その答…

子供を見取るルーティン②~全員を見取る仕掛けと声かけの具体例~
子供を見る目を鍛える|全員を見取る仕掛けと声かけ

「子供たちを『見る』ために、毎日していること」「場面場面で気になる子の見取りとアプローチ」「子供を見る目の鍛え方 若手へのアドバイス」といったテーマで、百戦錬磨…

子どもを思う、やさしい気持ちを取り戻したい時の【♯三行教育技術】

忙しいと、子どもの心を受け止める余裕がなくなってしまうもの。でも、教師の言葉ひとつで、一喜一憂してしまうのが子どもたち。
♯三行教育技術(Twitterで【技…

ケンカ発生! 口を閉ざす子にどうする!?【4年3組学級経営物語22】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。いつもは仲良しの児童二人が大ゲンカするトラブルが発生! 教師たちは、ケンカの理由…

もっと見る