• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者会でも絵本の読み聞かせをしてみませんか

2019/6/10

みなさんは保護者会で絵本を読んだことがありますか?
一冊の絵本を読むだけで、保護者会のムードをつくることができます。大阪府追手門学院小学校講師・多賀一郎先生の解説をご紹介します。

読み聞かせ
写真/金川秀人

質の高い保護者会にするために

僕は「親塾」というものをしています。保護者のみなさんに、さまざまな教育の話をして、子育ての支援につなげています。比較的意識の高いおうちの方が多いのですが、その会に来られた方がときどき保護者会のことを話されます。
「行事予定を書いてある通りに読んでいくだけなのよね。行くだけの意味がないわ」
と言うようなことが話題に上がります。ただでさえ保護者会にはなかなか人が集まりません。こんなつまらないことをしていたら、保護者はますます来なくなってしまうでしょう。

特に最初の保護者会。先生も保護者も緊張しています。そんな時に一冊の絵本を読むと空気が変わります。

『おこだでませんように』

『おこだでませんように』
作/くすのきしげのり 絵/石井聖岳
小学館 1500円+税

一年生の乱暴者だと言われる子どもの心の動きを描いたお話です。
本人は一生懸命にしているのに、大人はそれを受け止めてはくれません。言われたことを守ろうとしているのに、大人には認めてもらえず、
「おこられてばっかりや」
そんな思いを七夕の短冊に書くのです。それが「おこだでませんように」なのです。
教師も保護者もこの絵本の子どもの叫びに、はっとさせられます。同じようなことを子どもに対してしてしまっていることに、気づかされるからです。
保護者会で読むと、お母さん方はたくさん涙を浮かべられます。
その後で、子どもの思いを受け止める話や、子どもにかける言葉についての話をすると、先生の言葉はおうちの方に伝わりやすくなります。

これこそ、あたためるということですね。

『ちいさなあなたへ』

ちいさなあなたへ
『ちいさなあなたへ』
作/アリスン・マギー 絵/ピーター・レイノルズ 訳/なかがわちひろ 主婦の友社

我が子は何物にも代えがたい大切な存在です。
そんなことはどんな保護者にもわかっていますが、ときどきその原点を忘れているということは、あるものです。
この絵本は、その思いをよみがえらせてくれるのです。絵本を読むと、あたたかいムードが流れます。
子どもに対する思いを改めて思い起こした保護者のみなさんは、子どもへの接し方も昔のような穏やかなものに変わるかもしれません。

『はやくはやくっていわないで』

はやくはやくっていわないで
『はやくはやくっていわないで』
作/益田ミリ 絵/平澤一平 ミシマ社

いろいろなペースで人は生きています。何かをする速さも全て違うのです。あせらないであわてないでその人間のペースに合わせて生きていけばよいのです。
シンプルで、幼い絵でこの絵本はそう語ります。

大人のみなさんにはどうかなあと思いながら保護者のみなさんに読み聞かせしました。反応は、肌で感じるものですが、僕が思っていたよりも、心に響いたみたいでした。この絵本でお母さんたちが泣いてしまうとは、思いませんでした。

よほど、ふだんから、
「はやくしなさい。はやくしなさい」
と子どもたちに言っているのでしょうね。

絵本って、すごいなあ。読み聞かせしてみないと、わからないものなんだなあと思った一冊です。

このように保護者会で絵本からスタートすると、教師の言葉は保護者の心にとどきやすくなるものです。


教えてくれたのは・・・

多賀一郎: 追手門学院小学校講師。神戸大学附属住吉小学校を経て私立小学校に30年以上勤務。「親塾」を各地で開いて保護者の相談に乗ったり、公私立小学校で指導助言や全国でのセミナーを通して教師を育てることにも力を注いでいる。

多賀マークの教室日記
http://www.taga169.com/

『教育技術 小一小二』2019年6月号より

関連する記事

行事記事一覧

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

全校遠足で、最高学年の自覚と思いやりを育てよう!

秋の遠足を異年齢グループで行う小学校は少なくありません。1年生から6年生の子どもたちで「たてわり班」をつくり、校外に出かけ、ウォークラリーをします。どのような準…

友達や下学年と絆を深める修学旅行

6年生の子どもたちにとって、一番の思い出になるであろう修学旅行。指導者としてねらいをもち、年間の学習の中に位置づけ、学級活動で子どもたちと一緒にめあてを決めて取…

チーム学校で運動会
「チーム学校」で成功させる運動会

「チーム学校」の重要性が言われる昨今、運動会はまさに、学校と地域が協力し合って行うチーム学校の実践の場とも言える行事です。自分の学級や学年のこととして取り組む狭…

低学年のダンス指導 ポイントは「キュー出し」「オノマトペ」

秋の運動会シーズンを目前に、ダンス指導に頭を悩ませる先生方も多いのでは? 長年の子どもたちにダンス指導を行い、現在は教員向けのダンス研修や、運動会の振付指導を行…

避難訓練(引き取り訓練)の注意事項

地震や大雨、噴火などの災害時に備え、全国の小学校では避難訓練を教育課程に位置づけ、定期的な安全指導を実施しています。今回は、重要な学校行事である避難訓練について…

本気の運動会
【ぬまっち流】教師自ら「勝ち」を目指す本気の運動会

競い合うからには「勝ち」にこだわること。運動が苦手な子供や、争いを避ける子供にも、一生懸命チームで力を合わせて取り組むことの気持ちよさを体験させることは必要です…

気になる子をセンスよく支援 秋の運動会編

二学期にはいろいろな行事が行われることでしょう。今回は「運動会」を例に、 支援が必要な子どもに対して、「行事」で気をつけることについて解説します。 正しい知識と…

教室カメラ入門 運動会写真をもっと印象的に!

学校の大きな行事に運動会があります。記録用に写真を撮るなら、広角でたくさんの情報が入った写真を撮ります。隊形や、ものの配置などを撮ります。今回はそのような写真で…

2019/7/22

もっと見る