小5 国語科「きいて、きいて、きいてみよう」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小5国語科「きいて、きいて、きいてみよう」(光村図書)の全時間の板書例、ワークシート例、活動例、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小五 国語科 教材名:きいて、きいて、きいてみよう(光村図書・国語 五)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/神奈川県横浜市立東汲沢小学校校長・丹羽正昇
執筆/神奈川県横浜市立川上小学校・佐藤勇介

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、友達の魅力を引き出すという目的で「きき手」「話し手」「記録者」の三人一組でインタビューを行い、話の展開(それぞれの意図)に沿った質問や、応答の仕方を学びます。
自分が紹介した友達について下調べをし、集めた情報を関係付けたり、整理したりして質問の内容を決定していく力や、聞き取った情報を友達の人柄や考え方と関係付けて再構成する力を育てていきます。そのためにも「記録者」は、「きき手」と「話し手」のやりとりの中心となった事柄について正確に記録することが求められます。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本教材は、「話し手」「きき手」「記録者」の役割に分かれてインタビューをすることで、目的意識をもって様々な「きく」を経験することに適した教材です。ここでは、年度のはじめ、「新しく進級したクラスの友達について詳しく知りたい。」「自分が知った友達の魅力を、他の友達にも伝えたい。」といった思いを生かしながら単元を進められるように、友達の魅力を引き出すためのインタビューをして、それをスリーヒントクイズのような形式にして伝えるという言語活動を設定しました。

今回のインタビューという言語活動では、単純に事実や知識を引き出すだけではなく、話し手(友達)の魅力として、その人の人となりや思いを引き出す力を付けることを目指しています。
中学年までは、予め質問を用意しておき、それについて正確に情報を得られればよかったのに対し、高学年では、その場で質問項目を加えるなど、より対話的なやりとりが求められます。インタビューを通して、友達について知った情報を関係付けたり整理したりして、その人の人柄や考え方などを「魅力」として明確にしていく必要があります。

単元のまとめでは、インタビューや報告を通して、「きくこと」について感じたことを役割の違いを意識して話し合います。インタビューをするときの尋ねる側での「訊く」と、されるときの質問に答えるときの「聞く」の違い。記録を取るときの「聴く」や報告を聞くときの「聞く」の違いなどを、実際の体験を振り返りながら自覚させることが大切になります。
「きくこと」でより理解し合うことができたという経験は、他教科や学校行事、特別活動とも関連付けて「話すこと・聞くこと」の力を伸ばすことにつなげていけるはずです。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉

〇 教師のモデルにより、明確なゴールを意識した上で学習をすすめる
本単元では、友達の魅力を引き出すインタビューをし、クラスのみんなに分かったことをスリーヒントクイズの形式で報告します。単元の導入において、教師が子供たちに関係の深い人物(昨年度の担任の先生や自分自身)について、スリーヒントクイズの形式で紹介をします。子供たちが三つのヒントを聞きながら答えを考えたり、最後の解説を聞いたりして、該当する人物について「知らなかった」「○○なんてすごい」などという感想をもてるようにします。
また、クイズをつくるために行ったインタビューの様子も同時に示し、だれかの魅力を引き出すためのインタビューやその報告としてのクイズづくりについては、意図的・計画的に行うことが必要であることを把握させるようにして、学習の見通しを立てられるようにします。

〇 模擬インタビューにより、現状把握と課題意識につなげる
単元の導入では、一度模擬インタビューをしてみます。
3人1組でグループになり、「きき手」「話し手」「記録者」の役割に分かれてインタビューをします。全員が役割を体験するようにし、それぞれの役割について課題意識をもてるようにします。
模擬インタビューは3~5分という時間を決めて一斉に行います。「まだ時間があるのに、インタビューが早く終わってしまった。」「質問にうまく答えることができなかった。」「記録の方法が分からず、間に合わなかった。」など、それぞれの立場で見えてきた難しさを共有し、意図をもったインタビューを行うことへの課題意識をもって学習をスタートすることで、学習への意欲を喚起し、主体的な学びにつながります。

〈対話的な学び〉

〇 イメージマップを使い、友達に聞きたいことと、予想される答えを明確にしておく。
インタビューでは、「きき手」が「話し手」の話す内容をその場で理解し、反応を見ながら質問を重ねていくことが重要になります。イメージマップを活用し、予め話し手の魅力を引き出すための質問例や予想される答えを具体的に想定しておくことが、状況に応じた対話をスムーズに行うことにつながります。
イメージマップは、話し手の人柄、魅力を引き出すための話題を決定する際と、絞った話題に応じて具体的な質問を考える際の2回活用することが考えられます。

下の図のように手書きしたり、タブレット端末に思考ツールを使いデータとして記録しておく機能があれば、そちらを利用したりするのも効果的です。

イメージマップ(バスケットのことを詳しく知りたい)

その後、イメージマップで具体的に考えた質問を付箋に書き、質問する順番を考えます。予想される答えも考えておき、相手の話を受け止める言葉や話を広げるための言葉も用意し、さらに話し手である友達の魅力を引き出すための質問を準備できるようにしておきます。( 3時目のワークシート例 参照

〈深い学び〉 単元の学びを振り返り、生きて働く日常場面を想起する

子供たちの深い学びが実現する姿の一つとして、単元においてその後の日常生活につながる知識や技能を習得したり、それを自覚して活用しようとしたりする姿があると考えます。そのためにも、授業では知識・技能の適用場面を意図的に設定することになります。

今回は、インタビュー場面を「友達のことをもっと知りたい」「紹介したい」という子供の前向きな思いのもと設定しています。インタビューという言語活動を通して、どんな知識や技能を得られたか、子供が自覚できることが大切です。

子供たちが、単元の導入時に行った模擬インタビューを動画として記録しておき、単元の学びを具体的に振り返るために使います。単元の中でインタビューのポイントはそれぞれの立場で押さえていますが、自分たちの実際のインタビューの様子を改めて見直す中で、自分の意図した質問が、相手のどのような答え(言葉)を引き出したのか、質問の順番が、導き出された結果(人物の魅力)を表す言葉に反映しているのかなど、最初との変化を客観的に捉えることで、単元における自分たちの学びを自覚させるようにします。

また、社会科見学や総合的な学習の時間など、今回獲得した知識や技能が生かされる場面を想定し、全体で共有することも大切です。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)言語モデル「スリーヒントクイズ」の提示

今回は、タブレット(例えばロイロノート)の機能を使い、児童にスリーヒントクイズを提示します。タブレット端末のアプリ内のテキスト機能を使い、一つのテキストに一つのヒント(情報)を入力し、それを三枚つなぎます。
ヒントとなるテキストとは別に、最後に解答スライドも用意します。解答用のスライドには、答えとなる友達の写真を貼り付けたり、その子の魅力が伝わるようなものを撮影したりします。

また、そのテキストには、録音機能を使い、インタビュー全体の報告として、その友達について魅力が感じられるような説明を音声でいれておくことにします。タブレットを各自操作しながら、単元のゴールを具体的にイメージしたり、興味関心を高めたりすることに活用しましょう。

コミュニケーションアプリを活用したスリーヒントクイズのイメージ

タブレット端末内のコミュニケーションアプリや、プレゼンテーションソフトを活用し、それぞれのテキストには、インタビューをして感じたその友達の魅力につながるキーワードを記入します。

ここで注意したいのは、ヒント=魅力ではないという点です。ここでの場合、「辛いときもあったが、○年以上続けたという事実」をインタビューによって引き出し、努力を続けられる人柄や人間性がその人の魅力であることは、交流の中で確認していくことになります。

最後のスライドには、その子の魅力を伝える報告を、実際に話すイメージで録音しておきましょう。

単元で作ったものは、アプリ内の提出フォルダや共有フォルダに入れておき、日常の何気ない場面や時間にクイズとして楽しむこともできます。

(2)タブレットの録画機能を使う

教師が作成したインタビューのモデルや、自分たちのインタビューの様子をタブレットの録画機能を活用して、いつでも振り返れるようにします。

単元の導入において、教師がインタビューのポイントを意識したやりとりをモデル動画として提示します。「きき手」「話し手」のやりとりを、それぞれの立場で分析的に視聴することで、インタビューのポイントを共有します。

ポイントはワークシート等に記入して、いつでも文字言語として確認することができますが、それを動画のやりとりと重ねることで、よりイメージがしやすくなります。

モデル動画だけでなく、自分たちのインタビューの様子も撮影し、動画で保存します。録画した動画は、必要に応じて何度でも繰り返し再生して確認することができます。

6. 単元の展開(6時間扱い)

 単元名:目指せヒーローインタビュー 友達の魅力を引き出し、みんなに紹介しよう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① クラスの友達のことをより詳しく知るための方法としてのインタビューや、スリーヒントクイズなどの紹介方法について知る。3人グループで模擬インタビューをし、振り返りをする中で、単元の学習の見通しをもつ。〈主体的な学び〉

・第二次(2時3時4時5時
② 友達の魅力(他の友達が知らないであろう事実、人柄、考え方など)を引き出し、紹介するための尋ね方(きき手)・答え方(話し手)・記録の仕方(記録者)について理解する。
③ 3人グループで、だれがだれのインタビューをするのか役割を決める。インタビューする相手のことを想像し、聞いてみたい話題を絞る。絞った話題から、魅力を引き出すような質問やその順番を考えるなど、インタビューの準備をする。〈対話的な学び〉
④ 順番にインタビューをする。記録者はインタビューの内容を簡単に報告する。
⑤ 自分たちのインタビューを振り返り、それぞれの立場で気付いたことを伝え合う。振り返りをする中で、その人の魅力と言えるものを整理し、ヒントとするものを考える。〈タブレット端末の活用

・第三次(6時
⑥ インタビューをするとき、されるとき、記録するとき、報告をきくときの四つの「きく」について考え、ポイントをまとめ、学習を振り返る。〈深い学び〉

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
「主体的な学び」のために

単元の導入では、子供に関わりが深い人物について(担任自身やこれまで関わってきた先生方など)、スリーヒントクイズを出します。クイズは、子供全員に当てさせることを目的とはしていません。どちらかと言えば、「意外」「知らなかった」「すごい」などという感想を引き出すことを目指します。

身近にいるけど、意外と知らないその人のすごいところや、考え方、人柄などをこの単元では「魅力」として捉え、それらを引き出して紹介し合おうという単元のゴールを設定します。

魅力を引き出すための活動として、今回はインタビューをすることを紹介します。冒頭に提示したスリーヒントクイズを作るために行ったインタビューの様子を動画に撮影しておき、ゴールとそのためのプロセスの一部を知ることで、学習への見通しをもち、主体的に学ぶことにつなげます。

また、その後3人1組を作り、模擬インタビューを行います。話題はこちらで四つほどに絞った状態で提示します。その中から、友達に聞いてみたい話題を決め、インタビューを始めます。

全員が三つの役割それぞれを経験した上で、難しさを感じた部分を共有し、その後の学習計画を立てていきます。このときのインタビューの様子もタブレットで録画しておくと、後々自分たちの学びの振り返りに使用することができます。

クラスの人数によっては、ちょうど3人組が作れないことも考えられますので、そのときは「撮影者」という役割をつくってもよいかもしれません。

【1時間目のワークシート例 】

1時間目のワークシート例

基本的には、3人1組を作って順番にインタビューをするためのワークシートです。「きき手」「話し手」「記録者」それぞれの役割を一度経験するために、まずはだれがだれのことをインタビューするかなど、役割と順番を確認します。

その後、自分がインタビューをする相手について、現在知っていることを確認します。ここでは、「関係付け」や「理由付け」のために便利な思考ツール(クラゲチャート)を使用しています。
頭の部分にその人の名前や、印象を記入し、足の部分には教師が提示した四つの話題「好きなもの」「将来の夢」「特技」「がんばっていること」を記入できるようにした他、フリースペースも用意します。
この時点で「書けない」「知らない」という人も多いはずなので、それを知るためにインタビューをするという目的意識にもつなげます。

インタビューをしての感想や難しかったことを、それぞれの立場から記入できるようにしてあります。ここでの課題意識が、今後の学習に生きるようにします。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

1時間目の学習では、ぞれぞれの立場で難しいと感じたことを共有しました。この時間では、モデル動画を視聴することで、「友達の魅力を引き出すためインタビューをして、みんなに紹介する」という目的を達成するためのポイントを考えていきます。目的意識を共有することは、それぞれの立場における学びの意識につながるのでとても大切です。

きき手は、「友達の魅力を引き出すための質問をする」、話し手は「きき手が何を求めているのか、その意図を考えながら質問に対応する」、記録者は「報告する(その人の魅力となる情報や、ヒントを選ぶ)ことを意識しながらまとめる」ことになります。モデルとなる動画を分析的に見ることで、それぞれの立場のポイントや事前に準備しておくべきことなどを明確にさせていきます。

ここでは特に、きき手における「質問の準備」に目を向けたいところです。きき手は、イメージマップを使い、友達の魅力を引き出せるような質問を用意していることに気付かせ、その具体的なプロセスを確認します。
きき手の質問には必ず意図があることを丁寧におさえることで、その他の立場の意識も変わってくるはずです。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例

この時間は、インタビューをするための準備となります。友達の魅力を引き出せそうなものを四つの話題から選びます。ここでもイメージマップを使うことが可能です。

まずは、自分がインタビューをする相手の名前をマップの中心に記入します。そこから四つの話題やその他に聞きたいことを記入したり、さらにつなげたりしていきます。ある程度記入できたら、どの話題がいちばん友達の魅力を引き出すことができそうかを考え、決定します。

一度模擬インタビューを行っているので、すでに聞きたい話題が決まっている場合も考えられるので、その場合は次の流れに進みます。

インタビューの質問を具体的に考えるために、イメージマップを活用します。今度のイメージマップは、友達の魅力(人柄や考え方)を引き出せる話題を中心に記入し、それに関連するものを質問としてつなげていきます。

予想される答えも踏まえ、友達の魅力となる人柄や考え方、意外な一面などを引き出すことができるかを検討しながら、インタビューで扱う質問内容を選んでいくことになります。

イメージマップ

その後、イメージマップで想起した質問の中からいくつかを選び、付箋に記入します。記入した付箋は、ワークシートに貼り、質問の順番を考えたり、予想される答えや、それに対するきき手側の「広げる・深めるための質問」を考えたりします。

【3時間目のワークシート例 】

3時間目のワークシート例

イメージマップで考えた質問の中から、インタビューでどれを使うかを考えます。質問は付箋1枚につき一つずつを記入し、順番を意識して貼っていきます。予想される答えも考え、相手の話を確かめる言葉や、詳しく聞くための言葉も例示しておきます。

上掲ワークシートの言葉は、教科書259ページの「インタビューをする」の内容を参考にしています。インタビューの前に、子供たちとその内容を確認するのも有効かと思われます。

ワークシートには、広げる・深めるための質問として、さらに友達の人柄や考え方、意外な一面を引き出すための質問や、代わりの質問を用意しておけるようになっています。


【4時間目の板書例 】

4時間目の板書例
「対話的な学び」のために

4時間目は、いよいよインタビューの時間です。グループごとに役割と順番を確認して、活動をスタートします。インタビューの時間は、大体一人あたり5分から10分程度を想定しています。

一人のインタビューを終えると、記録者が簡単にインタビューの内容を報告します。記録者は、自分のメモを見ながら、話題の中心になったところを意識して報告します。聞き取ったこと全てを報告するのではなく、中心となったところを重点的に報告する意識をもてるかが大切です。

このあとの学習で、友達の魅力についてインタビューの内容を振り返りながら考えていく上でも、この時点である程度何がインタビューの中心となったか、重要だと思う内容は何かなどを意識させておきましょう。

今回の報告は、まだグループ内で自分のメモをもとに簡単に行うものですが、「どんな質問のときに、一番話が盛り上がったか」「どんな言葉が印象に残ったか」「繰り返し使っていた言葉などはないか」「表情はどうだったか」などは、次回以降しっかり振り返る必要があります。

記録のメモだけでは振り返ることが難しいので、インタビューの様子はタブレット端末を活用し、話し手を中心に撮影しておきたいです。

インタビューは、一つの教室で行う場合、グループの数や人数によっては一斉に行うことが難しいことも予想されます。隣のグループとの距離が近くなり、話すことやきくことに集中できなくなるような場合には、例えば以下のようなアイデアも考えられます。学校や学級の実態に応じて選べるようにしましょう。

① 二教室を使い、同時に行う。
(この場合、教師の支援や見取りが難しくなります。)

② 学校図書館など、広い教室で一斉に行う。

③ 一つの教室で、「インタビューを行うグループ」と「客観的にきくグループ」に分かれ、順番に行う。
(この場合、「客観的にきくグループ」も、話し手やきき手の具体的なやりとりに注目しながらきくことが必要です。記録者がどのように報告をするのかも含めて客観的にきくことで、自分たちのインタビューに生かすことにつなげたいです。) 
※他のグループのインタビューの様子を客観的に見ることで、子供が「その後のスリーヒントクイズを解く楽しみが半減してしまう」と感じる場合もあるかもしれません。何をヒントにするかを話し合うのは次の時間になることをあらかじめ伝えておくと安心できるでしょう。


【5時間目の板書例 】

5時間目の板書例

この時間は、前時に行ったインタビューをより詳しく振り返り、スリーヒントクイズを完成させます。インタビューを振り返るために、前回使ったワークシートや、撮影しておいた動画を使います。

振り返りをする中で、スルーヒントクイズを完成させていくことになりますので、最初に話し手になった人のインタビューから振り返り、それぞれヒントの内容までグループで検討します。
グループで全員のヒントの内容を検討したら、各自最後の解答・解説のスライドに、インタビューの内容やインタビューした友達の魅力をまとめたものを録音します。

タブレット端末の活用

ここでは、印象による抽象的な振り返りになってしまうことが危惧されます。ヒントを考えることが目的の一つではありますが、みんなでヒントを考えることを通して、「インタビューでどのように友達の魅力を引き出すことができたか」を具体的に振り返ることが大切です。

そのためにも、撮影した動画を活用しながら、インタビューでのやりとりの中で、具体的にどのような言葉(きき方)で友達の魅力を引き出すことができたか、どのような答え方がよかったのかなどを自覚させましょう。

教科書で例示されている記録者の報告の部分を、最後のスライドに録音するイメージとなります。

ここで作ったスリーヒントクイズは、データとして一つのフォルダに入れておきます。朝の会の時間に紹介したり、授業の何気ない時間にアイスブレイクとして活用したりしていきます。


【6時間目の板書例 】

6時間目の板書例
「深い学び」のために

単元の学びを振り返ります。自分がこの単元で意識したことや、学んだことは何かを自覚させることで、今後の学習や日常生活へとつなげていきます。

ここでは、友達の魅力を引き出すことを目的に行ったインタビュー活動で、自分がどのようなことを学んだかを具体的に振り返ります。教科書42ページにある『「きくこと」について考えよう。』や43ページの「インタビューをするとき」を活用することも有効ですが、できれば子供自らの言葉で語らせたいです。

そのためにも、単元の導入で行った模擬インタビューの様子と、その後しっかりと準備をして行ったインタビューの様子を動画で比べることは有効です。

振り返りの視点としては、「 相手のみ力(言葉)を引き出した質問 = 自分の意図した質問が、相手のどのような答え(言葉)を引き出したのか」「 質問の順番 = 質問の順番は、導き出された結果(人物の魅力)を表す言葉に反映されているのか」「もぎインタビューからの変化」などを提示します。

その後、「インタビューをするとき」「インタビューをされるとき」「記録をとるとき」それぞれの立場で意識したことを出し合います。

その上で、「きくこと」には、「報告をきくとき」もあったことを確認し、大切だと思うことを共有します。ここで共有したポイントは、模造紙などに記入し、一年間の教室掲示として活用することも可能です。

また、「きくこと」のポイントは、今後どのような場面で生かすことができるかについても考えます。その際、年間のカリキュラムを意識し、総合的な学習の時間や社会科見学などで上手く生かせるように単元を組めるのが理想となります。年間を通して、「きくこと」の四つの立場で学んだことを生かす機会がどこになるか、年度当初に確認しておきたいものです。

イラスト/大橋明子

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小2 国語科「そうだんにのってください」 板書例&全時間の指導アイデア
・小5 国語科「グラフや表を用いて書こう」全時間の板書&指導アイデア
・小6外国語 Unit 5「We all live on the Earth.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 5 「Where is the post office?」指導アイデア②
・小3外国語活動Unit 5「What do you like?」指導アイデア
・小4外国語活動Unit 5「Do you have a pen?」指導アイデア
・小1 国語科「しらせたいな、見せたいな」全時間の板書&指導アイデア
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア②
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号