小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小1体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・鈴木信也
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   東京都教育庁指導部主任指導主事・美越英宣

単元名

らん・らん・らんどであそぼう

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
走の運動遊びの行い方を知るとともに、いろいろな方向に走ったり、低い障害物を走り越えたりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
走る簡単な遊び方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
走の運動遊びに進んで取り組み、順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、場の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

走の運動遊びでは、距離や方向などを決めて走ったり、折り返しリレー遊びを楽しんだりするなかで、走の運動遊びの楽しさ、心地よさを引き出す指導を基本とします。

また、体力や技能の程度にかかわらず、競走(争)に勝つことができたり、意欲的に運動遊びに取り組むことができたりすることができるように、活動のしかたや場を工夫するようにしましょう。

<感染症対策>
地域の感染状況に応じて、用具の共用をする場合は、少人数での活動とするとともに、使用前後の手洗いを徹底するようにしましょう。
場の設定では、同じ方向を向いて活動できるようにし、順番を待つ際にも子供どうしが一定の距離を保てるよう、マーカーを置くなどの工夫をしましょう。

単元計画(例)

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア 単元表

知って楽しむ(第1時・第2時) 

いろいろなかけっこを楽しもう

第1・2時では、教師が提示したコースに取り組みます。コースは、まっすぐコース、ジグザグコース、くねくねコース、ぐるぐるコースなどを設定し、ライン上を力いっぱい走ることができるようにします。また、コースとコースの間は、安全確保のため、3~4mの間隔を空けて設定します。

すべての場を同じコースにして、友達と競走する時間を設定します。なお、「子供の走り方」や「応援している子供の姿」のよさを称賛するために、競走の順位のみの支援にならないように留意する必要があります。

ふり返りの際には、各コースを走ったときに気を付けたことや、速く走るためにがんばったことなどを学級全体で共有するようにしましょう。 

競走の行い方
①2人で行う。
②スタートの合図:次走者の代表の子がタンブリンを持ち、背中越しにスタートの合図をする。
③コースのラインに合わせて走り、コーンを回った後は、まっすぐに走ってゴールをめざす。
④ゴールの判定:ゴール付近に設置した三角コーンにタンブリンをかけ、走者がタンブリンを先にタッチし、音を鳴らしたほうが勝ち。

●まっすぐコース

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

●ジグザグコース

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

●くねくねコース

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

●ぐるぐるコース

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

工夫して楽しむ(第3時) 

工夫したコースを選んで友達と競走することを楽しむ

第3時では、第1・2時で学んだことを基に、コースを選びます。また、選んだコースで競走をします。

子供にコーンの個数や置く位置を変えることを提案し、工夫したコースに取り組むこともできます。

また、子供が慣れてきたら、スタートのしかたを工夫することもできます。

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト
コース間の距離は3-4m空ける

●スタートのしかた

・長座から

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

・後ろ向きから

・うつ伏せから

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

・仰向けから

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

・腕立て伏せから

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア イラスト

指導上の留意点
・順番を守っている子供や勝敗を受け入れている子供を積極的に称賛しましょう。
・友達を応援するなど、仲よく活動している子供の行動を積極的に称賛し、学級全体に広げましょう。
・勝敗が受け入れられるようにするため、全力で取り組んだよさを伝えるようにしましょう。

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

タブレットに学習カードを入れ、めあてについて「」と「」でふり返ります。瞬時に集計することで、めあての達成などをグラフに示して、学級全体の実態を子供と共有するなどして、ふり返りの際に活用することもできます。


学習カード
※ダウンロードはこちら

 

小1体育「走・跳の運動遊び(走の運動遊び)」指導アイデア②
「知って楽しむ」(第4・5時)/「工夫して楽しむ」(第6・7時)はこちら  

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号