GIGAスクールのICT活用⑭~Google Workspace導入奮闘記(1)~

連載
GIGAスクールのICT活用連載中!樋口綾香の「すてきやん通信」【隔週水曜20時更新】

大阪府公立小学校教諭

樋口綾香

Instagramでは1万人超えのフォロワーに支持され、多くの女性教師のロールモデルにもなっている樋口綾香先生による人気連載! 今回は、授業でGoogle Workspace for Educationを活用するためのポイントについて教えてくれました。

執筆/大阪府公立小学校教諭・樋口綾香

Google Workspace for Education

使用タブレット:iPad
使用アプリ:Classroom

【関連記事】
綾香先生が「板書」の基本を教えてくれます!
「板書」の基本① ~見やすい文字の書き方~
「板書」の基本② ~低学年の板書のポイント~
「板書」の基本③ ~児童の意見を広げるポイント 前編~
「板書」の基本④ ~児童の意見を広げるポイント 後編~

Google Workspace for Educationの導入

私の勤務する自治体では、Googleアカウントがすべての児童と教職員に付与されました。そのため、子供たちには、ロイロノートコラボノートだけでなく、Googleのアプリも必要に応じて使えるように指導していきたいと考えました。

しかし、何から始めればいいか、正直分からないことだらけでした。私自身がGoogleにあまり馴染みがなかったのです。

使っている方の実践を調べたり、YouTubeを見たりしましたが、いまいち「これ!」と思うものに出合えずにいました。

そんな私が、勤務する小学校で、どのようにGoogle Workspace for Educationを導入していったかをお伝えします。

Classroomとは?

Google Workspace for Educationは、Googleが提供する教育向けオンラインサービスのセットです。

Google Workspace for Educationには次のようなものが含まれています。

  • Classroom、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームなどのコラボレーションツール
  • Google Meet、Chatなどのコミュニケーションツール

今回取り上げるClassroomでは、オンライン上で作成した「クラス」ごとに、プリントの配付や課題の出題・回収などを行うことができます。

Classroomは、様々な学習活動をするための拠点となります。

Classroomを使用する際のポイント

Classroomを実際に使用してみた後でいろいろと分かったこともあるので、その経験を注意点としてご紹介します。

①担任がオーナーになる

Classroom上での「クラス」は担任がつくり、オーナーになるようにしましょう。

担任以外の人がクラスをつくると、あとあと権限を移したりするのが難しく、おすすめできません。 副担任にだけ担任の権限を移譲できる仕組みになっているので、面倒でも、それぞれの担任にオーナーになってもらって、クラスをつくるようにしましょう。

例えば、うっかり担任ではない人が、6クラス分の Classroomでのクラスをつくってオーナーになったとします。すると、Classroom上に書き込まれた内容がすべてメールで届き、児童が提出したり、授業で使ったりしたファイルはすべてその人のGoogleドライブに保存されます。量が多くて大変なことになってしまいます。

②「ストリーム」は節度をもって使う

「ストリーム」は、学級の掲示板のようなものです。連絡事項を書き込んだり、授業に使用するワークシートを添付したり、使いたいWEBサイトのURLを貼るなど、とても便利です。

書き込んだ内容にコメントすることができるため、朝の会や帰りの会で目標を書いたり、振り返りをしたりするのにもおすすめです。

しかし、コメント欄は放っておくと、児童同士の言葉が雑になったり、意味のないことが書き込まれたりする可能性もあります。

はじめに何ができるのかを知るとともに、どう使いたいか、安心して使うためにはどんなことに気をつければよいかを考える時間をもつとよいでしょう。

私は、相手意識をもって丁寧な言葉で書き込むことや、夜9時以降に書き込みをしないことを伝えました。

ストリーム

③課題は「トピック」ごとに管理する

「授業」では、課題を出すことができます。

課題
課題作成

その際、各教科の「トピック」をつくり、それぞれの課題を割り振ると、管理しやすくなります。

トピック
「トピック」を設定すれば、フォルダ分けされたように管理しやすくなる

④提出したものは学級で共有できないので注意

ロイロノートのように提出箱に入ったものを皆で共有することは、Classroomではできません。

そのため、「課題の途中経過をクラスで共有して、さらに推敲する」などの活動には向いていません。提出は、課題が仕上がってから行うことになります。

⑤共同編集するために「編集可能」に設定しておく

Classroomの一番の魅力は、なんといっても、共同編集をするためのファイルをすぐに添付して子供たちに送れることです。

タブレットの画面上で、友達と同時に文字を打ち込んだり絵や図を描いたりできることは、とてもワクワクするようです。

個人の思考を可視化するロイロノートとは違い、Classroomでは、協働で学習する様子を可視化できます。

共同編集をするためには、編集モードを操作しておく必要があります。

「児童生徒は閲覧可能」と「児童生徒は編集可能」から「編集可能」を選んでおきましょう。

共同編集をするためには、編集モードを操作しておく
編集モードの操作

⑥タブレットよりもパソコンの方が見やすい

授業中は機動性が高いタブレットで操作するほうが使いやすいものですが、児童の課題を確認するときにはパソコンで開くことをおすすめします。課題の一部が写真のように表示されていたり、課題ごとの採点が一目で分かるようになっているため、作業しやすくなります。

また、タブレット版のClassroomでは表示されないボタン等もあるので、困ったときは一度、パソコンで開いてみてください。

パソコンで開いた様子

Classroomのここがいい!

Classroomのメンバーに専科の先生も入ってもらえる

  • 次の授業の持ち物やテストの日程などの連絡事項が届く。

提出期限はGoogleカレンダーに連動される

  • 児童のGoogleカレンダーにも連動されるため、提出期限を忘れない。
    → 自分でスケジュールやタスク管理をできる子が育つ。

提出された課題を採点できる

  • 採点は表になって蓄積されるため、通知表に生かすことができる。
  • 課題がルーブリック(学習の到達状況を示す判断基準を観点と尺度で示したもの)によって点数化されるため、児童の得意不得意が一目で分かる。
  • 児童にとっても評価が分かりやすい。
  • 提出・未提出がすぐに分かるため、支援しやすい。

新しいことを始めようとすると、うまくいかないことに多々出合います。その時間も児童と試行錯誤し、対話しながら進めていくことで、意味のない時間ではなく、ツールの仕組みを理解しながら、学びをつなげる時間にできるでしょう。

GIGAスクールのICT活用①~国語:季節の言葉~
GIGAスクールのICT活用②~国語:色カードで意思表示~
GIGAスクールのICT活用③~国語:楽しい宿題~
GIGAスクールのICT活用④~授業にちょこっとプラス~
GIGAスクールのICT活用⑤~1年生でもできる!~
GIGAスクールのICT活用⑥~便利機能で仕事効率化!~
GIGAスクールのICT活用⑦~学級開きにICTをプラス!~
GIGAスクールのICT活用⑧~Googleフォームを有効活用
GIGAスクールのICT活用⑨~カメラの使い方を工夫しよう~
GIGAスクールのICT活用⑩~情報の集め方~
GIGAスクールのICT活用⑪~朝の会でZoomを体験しよう~
GIGAスクールのICT活用⑫~1年生のひらがな入力~
GIGAスクールのICT活用⑬~2年国語「かんさつ名人になろう」授業アイデア~

樋口綾香教諭

樋口 綾香

ひぐち・あやか。Instagramでは、ayaya_tとして、♯折り紙で学級づくり、♯構造的板書、♯国語で学級経営などを発信。著書に、『3年目教師 勝負の国語授業づくり』(明治図書出版)ほか。編著・共著多数。

【関連記事】
子どもたちに伝わる板書の書き方を徹底解説している特集。様々な事例がたくさん!樋口綾香&樋口万太郎夫妻が解説! 国語・算数 伝わる板書のルール

【関連記事】
綾香先生が「構造的板書」について教えてくれるシリーズはこちら!
国語の構造的板書① ~子どもの気づきを引き出す~
国語の構造的板書② ~二段対応表で比較する~
国語の構造的板書③ ~逆Yチャートで考えを広げる~
国語の構造的板書④ ~イメージマップで考えを広げる~
国語の構造的板書⑤ ~考えを整理する~
国語の構造的板書⑥ ~感想マトリクス~

【関連記事】
綾香先生が単元全体の板書とノート例を教えてくれるシリーズ!
単元丸ごと!板書&ノート① ~小一国語「やくそく」~
単元丸ごと!板書&ノート② ~小二国語「お話のさくしゃになろう」~
単元丸ごと!板書&ノート③ ~小四国語「プラタナスの木」~
単元丸ごと!板書&ノート④ ~小五国語「大造じいさんとガン」~

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
GIGAスクールのICT活用連載中!樋口綾香の「すてきやん通信」【隔週水曜20時更新】

大阪府公立小学校教諭

樋口綾香

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号