小2算数「100より大きい数」指導アイデア

関連タグ

執筆/富山大学人間発達科学部小学校・細江孝太郎
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、前・富山県公立小学校校長・中川愼一

たくさんの星
イラストAC

本時のねらいと評価規準 

(本時1/10時 単元の導入)

ねらい
10のまとまりの見方を基にして、100を単位とした数の見方について考える。

評価規準
大きな数を数えやすくしようとして、10のまとまりを基に100のまとまりをつくって考えている。

問題

星はなんこありますか。

265個並んだ星

(ワークシートを配付し、数える時間を確保する)

星はなん個ありましたか。

265個です。

でも、数えるのが大変でした。

何が大変だったのですか。

たくさん数があって、数えにくかったです。

途中で間違えて、数え直してしまいました。

もっとうまく数えられるといいんだけどな。

大きな数のうまい数え方を考えていきましょう。

星が全部で265個あることをはっきりさせます。先に答えを明らかにすることで、どの子も安心して、「どのように数えたのか」「よりよい数え方はないか」という「数え方」に焦点を絞って話し合うことができます。

学習のねらい 

大きな数のうまい数え方を考えよう

見通し

2や5などの数のまとまりをつくっていけば、うまく数えられそうだ。

10のまとまりをつくっていけば、よりうまく数えられそうよ。

自力解決の様子

A つまずいている子
数をとなえながら、1個ずつ数えている。 2個ずつや5個ずつで、数えている。

B 素朴に解いている子
10のまとまりを26個つくって数えている(一年生の学習を基に、10個のまとまりをつくっている)。

C ねらい通りに解いている子
100のまとまりを2個と10のまとまりを6個つくって数えている(10のまとまりをまとめて、100のまとまりをつくっている)。

学び合いの計画

「10のまとまりをつくって数える」「100のまとまりをつくって数える」など、それぞれの数え方にはその子なりの理由があります。発言者には「どうしてそのように数えたのか」を、聞いている子供たちには「その数え方をしたらどのようなよさがありそうか」を尋ねるようにします。

そのような学び合いを通じて、100のまとまりのよさに気付かせて、「265は100が2個、10が6個、1が5個」という数の構成的な見方ができるようにしていきます。

本時の子供のノート例

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

どのように数えましたか?

10のまとまりをつくって、線で囲んで数えました。だって、前に学習したように、10のまとまりをつくって囲んだら早く数えられるからです。

10のまとまりをつくって囲んだ様子

私は、10のまとまりを10個まとめて、100のまとまりをつくって線で囲みました。

10のまとまりを10個まとめて、100のまとまりをつくって線で囲んだ様子

なるほど!

何が「なるほど」と思ったのですか。

100のまとまりをつくれば、早く数えられるし、あとから見たときになん個あるのかが分かりやすいからです。

100のまとまりをつくれば、100が2つで200とすぐ分かります。

10のまとまりを基にして考えていくと、数えやすくなるね。

100のまとまり、10のまとまりを作った図

本時のまとめ

大きな数は10や100のまとまりをつくって数えると、うまく数えることができる。

評価問題

クリップが325個あることが一目見て分かるように、まとまりをつくりましょう。

解答

100を3つ、10を2つ、線で囲んでいる。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

線で囲んだ 100のまとまりを3つつくっている。 

感想例

  • たくさんの数を数えるときには、100のまとまりをつくるとわかりやすいです。もっと大きな数も100のまとまりをつくって数えてみたいです。
  • 10を10まとめると100だから、10のまとまりの考えと100のまとまりの考えはにていると思います。

イラスト/松島りつこ・横井智美

『教育技術 小一小二』 2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号