小2算数「たし算(2けたのたし算のひっ算)」指導アイデア

関連タグ

執筆/富山県公立小学校教諭・前田正秀
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、 前富山県公立小学校校長・中川愼一

2人の子どもに話す教師

本時のねらいと評価規準

(本時10 / 10時 単元末の発展的な学習)

ねらい
2けたのたし算の筆算について学んできたことを生かして、問題を解決する方法を考える。

評価規準
筆算の仕組みを生かして、和を大きくする方法について考えている。(数学的な考え方)

問題場面

□の中に数カードを入れて、できるだけ大きな答えになるひっ算をつくりましょう(同じ数カードは2回使いません)。

数カードも用いた筆算

□の中に数カードを入れ、答えができるだけ大きくなる筆算をつくります。子供たちは、「は使わないほうがいいな」「まずは、を入れてみよう」などと考えながら、試行錯誤します。そして、近くの友達と「僕は77になったよ」「私は86になったよ」と楽しく競い合うことでしょう。

そのうち、「95ができた!」「これが一番大きな答えだ!」 という声が上がることでしょう。しかし、ここですぐに教師が納得してはいけません。

「本当に?」「絶対に95が一番大きいのかな?」などととぼけてみせます。そうすることで、子供が「だって…」と理由を語り始めるのです。

学習のねらい

答えをいちばん大きくする方ほうを考えよう。

見通し

  • 大きい数カードのから順に十の位の□に入れていけばよさそう。[方法の見通し]
  • 答えは、90よりは大きく、100よりは小さくなりそう。[結果の見通し]
  • 一番大きい答えを見付けるだけでなく、その筆算のつくり方を考えて説明していこう。[学び方についての見通し]

自力解決の様子

A つまずいている子
大きな数の5と4をたされる数に使ってしまっている。

B 素朴に解いている子
十の位に大きな数を入れるとよいことに気付いている。

C ねらい通りに解いている子
十の位に大きな数を入れれば、同じ位の数は入れ替えてもよいことに気付いている。

学び合いのポイント

話合いでは、答えだけでなく、その理由を語らせることが大切です。

一番大きい答えは、95です。

本当に、95が一番ですか。

95が一番です。を十の位に入れたら、答えが95より小さくなるからです

十の位にできるだけ大きい、一の位に次に大きなを入れるのが一番大きいです。

十の位に入れたは50、は40のこと。十の位に大きな数を入れたほうが答えが大きくなります。

ノート例

ノート例

なかには、「違う筆算の式でも、答えが95になったよ」という子がいるはずです。答えが95になる筆算の式は、下の4種類あります。

答えが95になる4種類のひっ算


ここでは、4種類の筆算を洗い出すことに力を注ぐだけではなく、「どうして、同じ答えになるのでしょう」と投げかけ、子供たちが理由を考えるように仕向けることが大切です。

理由を説明し合うなかで子供たちは、どの筆算も分解すると「(50+40)+(3+2)」になっていることに気付くことでしょう。このような「位ごとに分けて計算して、後からたす」という考えは、計算の基本となる考えです。理由を説明し合うなかで、筆算の仕組みを改めて捉え直すことができるわけです。

本時のまとめ

  • 十の位により大きな数を入れると、答えが大きくなる。
  • たされる数とたす数の同じ位の数を入れ替えても、答えは同じになる。

評価問題

答えを一番小さくする方ほうを考えよう。

評価問題

解答

など

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

「十の位により小さな数を入れると、答えが小さくなります」など、理由を述べることができる。

感想例

  • ひっ算はくらいごとに計算するから、十の位により大きな数を入れると、答えが大きくなります。
  • 2番目に大きな答えも考えてみたいです。

イラスト/松島りつこ・横井智美

『教育技術 小一小二』 2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号