初日に遅刻!新採教師はやくも大失態【4年3組 学級経営物語1】

連載
5年3組学級経営物語(4年3組学級経営物語)【月2回不定期更新】
関連タグ

『小四教育技術』で2016年度に連載した、学級経営をテーマにした物語を連載でお送りします。
大阪府〇〇市立西華小学校に配属された新採教員・渡来勉先生は、1年目から4年3組の担任を受け持つことに。やる気とパワーは人一倍ある渡来先生ですが、突っ走り過ぎるのが玉にキズ。そんな熱血新採教師の学級経営のドラマがくり広げられます。
第1回(プロローグ)は、配属校での初面談の日の出来事を漫画スタイルでお届けします(第2回からは物語形式になります)。

文・構成/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
漫画/伊原シゲカツ

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。根は草食系教師だが、持ち前の優し さで、困っている人を見ると、つい手を差し伸べてしまう。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。新採のトライ先生を励ましつつも一 歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与
えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

学級経営物語タイトル

<プロローグ>

--春休み、新採教員の面談の日。
腕時計は13時15分。
トライだ先生「うわ……」
新採教員・渡来勉「どうしよう。面談、1時半なのに…。西華小はどこだ~!?」ダッシュするトライだ先生「あっ!」
トライだ先生「あの小学生たちに道を聞こ……、ん?」
小学生1「どうしよう。見つからないよ~。」
小学生2「でもカギがないと、カズが家に帰れないぞ。探さなきゃ!」
小学生たち、原っぱで夢中になってカギを探している。
トライだ先生、オロオロ。時計を見て……。
西華小学校職員室。時刻は13時38分。
四年学年主任・大河内巌(通称イワオジ)「最初から遅刻とは……教師失格ですなぁ。」
教職3年目・葵ゆめ「本当、内定取り消しですよねっ。」
黙り込む校長。
トライだ先生、職員室のトビラを開けて走り込む。「す……すみません!!」
トライだ先生「遅れてすみません!! 渡来勉です!」
教師一同「なっ!?」
イワオジ「な、なんだっ、ドロだらけで! それに我が校の児童まで連れて……。」
トライだ先生「着いてきちゃったんです、この子たち……。」
子どもたち「校長先生! 許してあげて!」
小学生1「この先生、カズのカギを探してくれたんだ。」
小学生2「いい先生だよ! やさしい先生だよ!!」
イワオジ「カギを探してあげてたのか? この子たちといっしょに。」
トライだ先生「つい、小さな親切にトライしちゃいまして。」
イワオジ「やれやれ……。」
「遅刻はアウトだが……」
イワオジ「今日からビシビシ鍛える。覚悟しろよ!」
ゆめ先生「すぐに学年会よ。頑張って、後輩!」
眼が点になる、トライだ先生。

次回から本格的に、トライだ先生の学級経営物語が始まります。お楽しみに。

● 次の回へ>>

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号