小3 国語科「こまを楽しむ」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小3 国語科 「こまを楽しむ」(光村図書)の各時の板書例、発問、予想される児童の発言例、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小三 国語科 教材名:こまを楽しむ(光村図書・国語 三上)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/東京都練馬区立大泉学園小学校校長・加賀田真理
執筆/東京都練馬区立大泉学園小学校・内川航

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、〈はじめ〉〈中〉〈おわり〉という文章全体の構成や、「段落」の意味や働きについて学びます。段落相互の関係に着目しながら、考えとそれを支える理由や事例との関係などについて、叙述を基に捉える力を育成することをめざします。そして、文章のまとまりを意識することで、説明的な文章を俯瞰的に読み、全体の内容を捉える力の素地を養います。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、「せつ明文のひみつ」を探ることを意識しながら読み、段落相互の関係を意識したよりよい説明の仕方を、自分の考えた「せつ明文のひみつ」として感想にまとめ、友達と伝え合うという言語活動を設定します。

「言葉で遊ぼう」「こまを楽しむ」は、第3学年としてはじめて説明的な文章を学習する単元です。
前学年では、「馬のおもちゃの作り方」、「おにごっこ」という遊びに関わる内容の説明的な文章を学習してきました。「遊び」という内容や「説明的な文章」というつながりから、内容についての興味や関心を引き出しつつ、3年生では説明的な文章についての学びをさらに積み上げていこうとする意識を高めるようにしていきます。そこで、本単元での学習内容を「せつ明文のひみつ」と名付け、それを知りたいという目的意識をもたせることで、主体的に学ぼうとする意欲を引き出していきます。

前年度までに学習した「まず」「つぎに」などの言葉から順序を捉えることや、書くことの領域で取り上げた「組み立て」、「はじめ、中、おわり」という言葉などを基にして、「段落」という文のまとまりや、「問い」と「答え」などの段落相互の関係を理解していくことを重点に指導を行います。
この単元で取り上げる文章はどちらも 〈はじめ〉 の2つの「問い」に対して、〈中〉 に「答え」としての事例が書かれています。
また、その事例を受けて「このように」という語句を用いながら〈おわり〉 でまとめています。それぞれの段落には、文章全体の構成の中では違う役割があることを捉えることができるようにしていきます。

また、事例を細かく読んでいくと、「こまを楽しむ」では、こまそのものに特徴がある事例から、こまの回し方に特徴がある事例へ、さらに回す場所に特徴がある事例へと広がっていくことを捉えることで、事例の順序性についても考えを深めることができます。

これらの「せつ明文のひみつ」を探っていき、自分の考える「せつ明文のひみつ」について感想を書きます。学習を通して見つけてきた「せつ明文のひみつ」の中で、印象に残るものは子供によって異なるでしょう。それを子供同士で伝え合うことは、見つけてきた「せつ明文のひみつ」についてさらに理解を深めたり、振り返ったりすることにつながります。

本単元で学習したことを、今後の「すがたを変える大豆」や「ありの行列」の学習でも年間を通して活用することで、力の定着を図っていきます。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 身に付けたい力を自覚し活動への意欲を高める

単元冒頭でこれまで学んできた説明的な文章について振り返り、今年度の学習の見通しをもたせることで、主体的に説明的な文章を読もうとする意欲を引き出します。第2学年において学習した説明的な文章を想起させ、内容と共にそれぞれの文章における「説明のしかた」をふり返ります。

これまでの学習で「組み立て」という言葉で話のまとまりや時間・事柄の順序を意識し、「はじめ」「中」「おわり」という三つのまとまりで考えることなどを経験してきました。また、重要な語や文を考え、選ぶことも行っています。

今回、第3学年で初めて説明文を学習する機会に、「段落」という言葉を使って改めて文のまとまりを意識することや、「問い」の文を見つけることで、段落には役割があることを考えながら読むことに取り組んでいきます。

筆者の考えと理由や事例の関係を捉えることで、文章全体の構成を見通し、筆者が意図した分かりやすい説明の工夫について理解を深めることにも取り組みます。筆者の工夫を「せつ明文のひみつ」と捉えることで、第3学年で学習する説明的な文章にはどのような秘密が隠されているのかを探していくという、学習を通して身に付けたい力への自覚を高めます。

〈対話的な学び〉「組み立てキーワード表」から「文章構成図」へ活動を広げることで、構成の工夫について確かめ合う

本文の構成を理解し、読み取った情報を整理する手立てとして、「組み立てキーワード表」を活用します。各段落からキーワードを読み取り、表にまとめていきます。表にまとめることにより、「問い」や「答え」に関わるキーワードを視覚的に理解することができます。
キーワードについて確認した後、段落相互の関係に着目しながら、「文章構成図」を作成していきます。タブレット端末を活用しながら、「組み立てキーワード表」でまとめたキーワードを付箋に書き起こし、自由にその付箋を配置していきます。〈はじめ〉の「問い」に対して、〈おわり〉でまとめていたり、事例は並列的であったりなど段落相互の関係に着目させながら活動させていきます。そして、友達と並べ方の同じところや違うところを見つけ合うことで、多様な考え方にも触れることができます。

〈深い学び〉 事例の順序に着目した話合い活動により、「順序の意図」を考える

「こまを楽しむ」は、〈はじめ〉に書かれた二つの問いに答える形で、〈中〉で六つのこまの事例についての紹介が展開されます。それぞれの段落では、こまごとの名称と楽しみ方、特徴となっているこまの作りや回し方、回す場所などが書かれています。ここで紹介されているこまの事例について、なぜこの順序で説明されているのか、順序の意図について、対話を通して考えていきます。

具体的には、「事例の入れ替えをしてみよう」という投げかけにより、事例の順序に着目した話合い活動を取り入れます。この活動を通して、こまの作りそのものに特徴がある事例から、動きや回し方に特徴がある事例、回す場所に特徴がある事例という順になっていることに気付かせます。事例の順序を入れ替えてみるシミュレーションでは、タブレット端末を使うことで従来の付箋の移動よりも操作性を高めたり、子供たちの意欲を高めたりすることができます。「事例の順序には意図がある」という視点は、「すがたをかえる大豆」などの別の説明文でも生かして活用することができます。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)個に応じた学習活動のために

5時間目に行う「文章構成図」を作成する学習活動では、学習支援ソフト(本稿ではJamboardを想定)などの付箋を作成できるツール を活用して、自由にキーワードが書かれた付箋を配置していきます。何度も動かしたり、矢印や線を引いたりすることで段落相互の関係を捉えることにつながります。
また、使い慣れれば従来の付箋よりも操作性が増し、子供一人ひとりが試行錯誤をしながら考えを深める活動が活性化することも期待されます。

(2)事例の順序を自分で操作しながら体感させる

6時間目に行う、「事れいの入れかえをしてみよう」の学習活動では、スライド1枚に一つの段落の文章を入れておくことで、段落の文章ごと入れ替える作業をスムーズに行うことができるでしょう。
また、学習支援ソフト(本稿ではGoogleスライドを想定)を用いることで共同編集が可能になります。グループで話し合いながら、同時に事例の入れ替えを行うことができます。さらに、それぞれの事例について画像を入れることで、文章理解が苦手な児童に対する支援ともなり得ます。

(3)効果的な交流のために

7、8時間目では、学習した「せつ明文のひみつ」について感想を書いていきます。考えを交流する際に、よかった友達のものをカードとしてもらうことで、「せつ明文のひみつ」について書かれたカードが増えていきます。そうすることで、自分だけの「せつ明文のひみつ」ブックを作ることができます。
また、ただ友達のワークシートを読むのではなく、自分に必要な情報かどうかを判断することにもなるので、思考しながら交流を進めることができます。

6. 単元の展開(8時間扱い)

 単元名:「せつ明文のひみつ」をさぐろう

【主な学習活動】
・第一次(1時2時
◎学習の見通しをもち、学習計画を立てる。
・第2学年での説明的な文章の学習や生活科等で行った昔遊びを振り返り、昔遊びの1種であるこまについての文章を、第3学年でも学んだ力を活用して読み、新たな力を身に付けようとする意欲をもつ。
学習課題:「せつ明文のひみつ」をさぐろう

・第1教材「言葉で遊ぼう」を読む。
・「組み立て」が「はじめ」、「中」、「おわり」に分かれていることを確認する。
・「段落」とという言葉を知ると同時に、意味や働きを理解し、五つの段落に分かれていることを確認する。
・第1段落に「問い」が二つあり、第2~4段落に三つの具体的な事例が「答え」として示され、第5段落が全体のまとめとなっていることを確認する。
・文章全体の構造を捉え、「はじめ」、「中」、「おわり」が、「問い」、「答え」、「全体のまとめ(読者への呼びかけ)」となっているという、書かれている内容による文章全体の中での段落相互の関係性について理解する。
・学習計画を立てる。

・第二次(3時4時5時6時
◎「こまを楽しむ」を読み、「問い」と「答え」を中心にして、段落の関係を確認する。
・第2教材「こまを楽しむ」を読み、段落に番号を振る。
・第1段落に問いの文があること、第2段落から第7段落までは答えの事例であること、第8段落が「このようにして」という言葉でまとめとなっていることを確かめ、〈はじめ〉〈中〉〈おわり〉に分ける。
・「組み立てキーワード表」を活用し、各段落の重要な語句を取り上げることで段落ごとの内容を理解する。
・「文章構成図」を作成して、段落相互の関係について捉える。〈 端末活用(1)
・P58「たいせつ 段落とその中心をとらえる」とP59「全体と中心」を読み、参考とする。
・〈中〉の六つの例について、「事例の入れかえをしてみよう」という話合い活動を取り入れることにより、事例の並び方の順にある筆者の意図について考える。〈 端末活用(2)

・第三次(7時8時
◎これまでの学習で発見した筆者の工夫を各自でまとめ、友達と共有することで、学んだことを確認する。
・学習を振り返り、自分が考える筆者の工夫を「せつ明文のひみつ」としてまとめ、まとめた内容についての感想を書く。
・各自がまとめた「せつ明文のひみつ」と感想を、友達と共有する。〈 端末活用(3)

各時の板書例、発問例・児童の発言例

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

本単元は、昔遊びの一種である「こま」を題材とした文章を扱います。
前学年の説明的な文章も「馬のおもちゃの作り方」や「おにごっこ」など、身近な工作や遊びを取り上げる内容だったので、子供たちには学びのつながりを意識できる、親しみやすい内容であると思います。
また、「遊び」というキーワードから低学年の生活科で行った昔遊びを思い出すことで、自分たちが実際に遊んだことのある「こま」を想起させます。
そして、こまにたくさんの種類があることを知っているかを問いかけることで、こまに対しての興味を引き出していきます。自分たちの知らない種類のこまをたくさん紹介している文章を読んで理解していくために、説明的な文章の学習をしていくという見通しをもたせていきます。

3年生になって初めて学習する説明的な文章であるため、2年生で学習した「たんぽぽのちえ」や「どうぶつ園のじゅうい」、「おにごっこ」などで学んだことについて振り返ります。
2年の下巻の教科書の巻末にある「『たいせつ』のまとめ」や「ことばのたからばこ がくしゅうに用いることば」などのページを活用することも有効です。
主に「書くこと」で学習した「組み立て」や「はじめ、中、おわり」などの言葉も含めて振り返るとよいでしょう。
また、ここで学習経験や知識の定着の状況など、児童の実態を丁寧に把握しておくことも重要です。これまで学んできたことを認め、これからもその力を活用することを促し、3年生では、より力を伸ばしていこうとする意欲を引き出していきます。
「せつめい文のひみつ」をさぐろうと呼びかけることで、「ひみつ」、「さぐる」などの言葉から、筆者の書き方の工夫に注目する意識を高め、自分自身の力で解明していこうとする意欲を引き出します。また、「段落」等の重要な言葉は、P159の「言葉のたから箱 学習に用いる言葉」や国語辞典などを活用しながら確認し、定着を図っていきます。

みなさんは、1年生や2年生の時、どんな昔遊びをしましたか。

かるた

たこ

けん玉

おはじき

たくさん知っていますね。では、こまにたくさん種類があるのは知っていますか。

ベーゴマをやったことがあります。

よく知っていますね。でも、じつはまだまだたくさんあるのです。そんなこまのことを説明する文章を読んでいきます。どんなこまがあるのかを確かめていきましょう。

また、2年生では、どんな説明的な文章の学習をしましたか。

たんぽぽのちえ

どうぶつ園のじゅうい

馬のおもちゃの作り方

「おにごっこ」をやりました。

どんなことを学習したかな。

「じゅんじょ」や「わけ」に気を付けて読みます。

読んで分かったことと、自分の知っていることを比べます。

大事な言葉や文を見つけます。

書く人の気持ちになって学習したことはありませんか。

「こんな もの、見つけたよ」を書いたときには、「はじめ」「中」「おわり」などの「組み立て」を考えて書きました。

「楽しかったよ、二年生」の発表をする時にも、はじめ、中、おわりの組み立てを使ったね。

これからも、どんどんそのような力を使って自分の力で読んでいってください。3年生では、さらにレベルアップをした読み方で読めるように頑張っていきましょう。
筆者は、たくさんの種類のこまの特徴を知らせるために、どのような書き方の工夫をしているのでしょうか。それが分かれば、こまについて、より詳しく知ることができますよ。新しい言葉も学びながら、みんなで「せつ明文のひみつ」をさぐっていきましょう。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

【2時間目のワークシート例 】

組み立てキーワード表
ワークシートを拡大したものを掲示して、個人作業後に学級全体で確認していく。

<組み立てキーワード表>
▶︎ワークシートのダウンロード

「こまを楽しむ」でも扱う「組み立てキーワード表」と同じものを使っていきます。「こまを楽しむ」を読み解いていく上での練習となる時間ですので、丁寧に指導していきます。
〈はじめ〉の問いについては、どのような問いが書かれているか全体で確認していきます。
さらに、第2段落については全体で書き込みをしていきます。子供たちが取り組み方のイメージをもつことができた状態で、第3段落以降についての活動をさせると良いでしょう。
〈おわり〉についても「このように」という言葉を使って、「全体のまとめ(読者への呼びかけ)」になっていることを確認し、「こまを楽しむ」でも着目する段落相互の関係を意識させておきます。

「言葉で遊ぼう」は、いくつの段落に分かれていましたか。

五つの段落です。

大きな文章の組み立てでは、いくつに分かれていますか。

〈はじめ〉〈中〉〈おわり〉の三つです。

段落①は〈はじめ〉、段落②③④は〈中〉、段落⑤は〈おわり〉となっていますね。
「はじめ」の第1段落にはどんなことが書かれていますか。

言葉遊びのこと。しりとりや早口言葉。

読んでいる人に「遊んだことがありますか。」とたずねている。

言葉遊びには、「ほかにどのようなものがあるのでしょうか」と「どのような楽しさがあるのでしょうか」と聞いています。

その文のところに二重線が引かれて、矢印が示されています。この文は何だと書いてありますか。

「問い」と書かれています。

そうですね。その「問い」の「答え」はどこにありますか。

第2段落の線が引いてあるところが、「言葉遊びの名前」と「言葉遊びの楽しさ」のそれぞれの答えになっています。

他にもないか探してみましょう。

(「組み立てキーワード表」の作成が終了した後に確認として)

「問い」の文末は「~でしょうか。」となっていて、問いかけていることが分かります。「問い」の文を見つける時には、文末の表現に気を付けて探してください。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例

「言葉で遊ぼう」で前時までに学習した、段落、問いと答え、はじめ・中・おわりの構成などを見分けていく力を活用して、「こまを楽しむ」を自力で読んでいきます。
「言葉で遊ぼう」では、本文に〈はじめ〉〈中〉〈おわり〉や段落番号が記されているとともに、「問い」についてもわかりやすく線が引いてありますが、「こまを楽しむ」には、そのような配慮はありません。
「行頭が1字下がっている」ことで段落を見つけたり、文末表現に着目して問いを探し、それと対応する答えを見つけたりすることなどを通して、「せつ明文のひみつ」を自力で確認していきます。

「こまを楽しむ」を読みながら、「せつ明文のひみつ」をさぐっていきましょう。
「こまを楽しむ」は、「言葉で遊ぼう」と比べて同じところや違うところはありますか。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小6体育「器械運動(マット運動)」指導アイデア②
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア①
・小2体育「ゲーム(鬼遊び)」指導アイデア②
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア①
・小5体育「陸上運動(走り幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ベースボール型ゲーム)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア①
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒運動)」指導アイデア②
・小3体育「器械運動(鉄棒運動)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号