• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

4年3組学級経営物語(2)

2019/4/12

学級経営物語タイトル

4月①「学級づくり」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

新任で4年3組を任されることになった渡来勉先生。心の中では理想の教師像を描いているけれど、 4月の学級開きにあたって不安もいっぱい。はたして、学級経営は無事にこなせるのでしょうか!?

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライ先生を励ましつつも一 歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与 えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

4年3組学級経営物語

学級生活の「基盤となる考え方」とは

「最近いつも騒がしいし、ケンカが多いんです。始業式の頃は、絶好調だったんですけど…」 

新学期早々の職員室。4年3組担任の渡来勉先生は、学年打合せ会で悩みを打ち明けました。

人生初の学級担任は、戸惑うことばかり。

「私も随分苦労したわ。 “ 学級づくり”では…」

そう呟いた少し先輩の葵ゆめ先生は、2組担任。

一組担任で学年主任の大河内巌先生は、二人の様子を見て打合せ簿を静かに閉じました。

「今日は、学級づくりについて語り合おう…」

「まだまだ自分中心の子どもたちが多いんだ。4年生は…」*ポイント1

学級づくりについて語り出した主任。慌ててメモする渡来先生。

ポイント1
小学校時代“ど真ん中”の4年生。まだ幼さが残っていますが、幼児期から少年期への著しい成長が始まる時期。過渡期の急成長に驚かされることもあるでしょう。でも、それゆえに支援・援助が必要な時期なのです。ど真ん中世代の発達的特徴や実態、家庭や地域の影響などをしっかり把握し、適切に指導しましょう

「だから、日頃の集団生活や学習では、相手や全体のことを考えて行動する。そして、一人ひとりの気持ちや状況を大切にして思いやる。人としての基本を体験的に学ばせ、彼等自身の自主的な学級づくりの基盤とする必要があるんだ」

遠慮がちに、葵先生も話し始めました。

「学級生活でのルールやマナーの指導も大切。してはダメなこと、なすべきことなどをきちんと教えて“ 学級のスタンダードな考え方”を定着させていくんですよね」*ポイント2

『注意するだけじゃ、ダメなんだなぁ…。よーし、明日から学級スタンダードにトライだ』

メモをしながら、ブツブツ独り言の渡来先生。

ポイント2
学級づくりの最初の段階では、担任がリーダーシップを発揮して、子どもに望ましい集団活動を体験的に学ばせていきます。学習でも、スポーツでも、まず基礎基本を身に付けることが上達のポイントです。先生が先頭に立って集団活動を進めることで、学級内にルール遵守の雰囲気や行動規範が生まれます。これが「学級のスタンダード」な考え方で、学級内に信頼関係も芽生えていきます。

「担任の重要な仕事ですもの。今年はしっかり指導しているつもりです」

少し苦笑いの葵先生。

「2組は順調そうだね! 苦労した成果だよ」

嬉しそうに、主任は微笑みました。

「学級目標」づくりにトライだ!

「では次だ。集団活動には目標が必要だね。さて質問。学級としてめざすべき目標とは何か? そして、それを達成する手立てとは…?」

「ウーン…」

思わず下を向く渡来先生。

「学級目標をつくり、実現をめざします!」

葵先生が、しっかりと答えました。

「正解」

さらに熱く語る、大河内主任。

「理想の学級について、全員でよく話し合う。それを “学級目標”とする。そして、実現をめざし、一丸となって取り組むんだ」*ポイント3

「2組は学級目標をつくりました。スタートダッシュです!」

葵先生の発言に焦る渡来先生。

ポイント3
学級目標が大切なのは、教師の願いや熱意が込められているからです。1年間、学級が進むべき道標(目標)は、子ども・学校・家庭など、みんなの思いが込められたものでありたいものです。学校教育目標や学年目標を教室内に掲示し、めざすべき4年生像が描けるようにしましょう。そのためには、しっかり話し合って決めていきましょう。

(4月②につづく)

<<前の回へ  ● 次の回へ>>

『小四教育技術』2017年8月号増刊より

関連する記事

クラス記事一覧

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

気になる子をセンスよく支援 トラブル対処編

日頃から教室で不適切な行動や事件が起こらないように気を付けていても、実際はトラブルが起こることもあります。今回は、トラブル対処法のヒントを解説します。正しい知識…

9月の「荒れない」学級づくり ~ケース別対応策~

夏休み明けは、生活リズムや学習習慣が崩れ、クラスが荒れやすいと言われます。ここでクラスをしっかり整えておくために、この時期にありがちな不安について、ケース別に対…

もっと見る