• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

伝わる板書の書き方:プロット図とキャラクターマップで物語を見える化する

2019/12/20

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「不思議な世界へ出かけよう」をテーマに、物語を創作する単元におけるキャラクターマップやプロット図を用いた構造的板書について解説します。

執筆/ 大阪府公立小学校教諭 ・樋口綾香

樋口綾香先生 撮影/水本克美(桑島写真スタジオ)

「書くこと」の学習には構造的な板書を

物語を創作する単元は、東京書籍の教科書では全学年で、光村図書の教科書では隔年で系統的に配置されています。

物語創作は書くことの領域ですが、物語を書くためには、様々な物語に慣れ親しんでいないとなかなかスムーズに書き進めることはできません。さらに、系統的に学んできたことが定着していることが、より読み手を惹きつけるおもしろい物語を書ける力となります。

五年生の子供たちは、これまで登場人物の特徴や出来事の重要性、冒頭と結末の関係や山場での人物の変容、作者のしかけなどについて学んできました。しかし、これらを抜け落ちなく物語創作に取り入れることは容易ではありません。物語の内容も、子供たちの思考も構造的に整理しながら、スモールステップで学習を進めていきましょう。

国語スキル1:キャラクターマップ

まずは、どのようなお話にするかを子供たちに考えさせます。単元名に「不思議な世界」とあるので、ファンタジー作品にしたり、物語世界そのものが不思議な舞台であったりと、自由に子供たちに想像するよう促します。

物語の世界が決まれば、登場する人物を考えます。このとき、中心人物(主人公)だけにこだわるのではなく、ほかに登場する人物の特徴や、中心人物との関係についても考えさせます。箇条書きにすると関係を一目で把握することはできません。キャラクターマップを使って、大きめの紙に整理するようにしましょう。

「不思議な世界へ出かけよう」キャラクターマップ の板書例 (クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

キャラクターマップには、人物同士の関係と人物の特徴を書き込みます。人物相関図のように、相関関係だけではキャラクターがはっきりしません。どこから書き始めても、付け足しや削除が自由にできるため、取り組みやすく、より具体的に考えることができます。付け足すにはイメージマップのように、線をのばして丸で囲み、削除をするにはそれを消さず、上からバツを書きましょう。物語を書き進める間も、特徴として不必要であった内容にはバツを書くようにすれば、人物の特徴とお話の展開のつながりを意識して物語を書ける子が育ちます。

国語スキル2:プロット図

物語を書くとき、出来事がどのように変化していくかがおもしろさの鍵になります。出来事は一つの物語の中でいくつも起きますが、その中でも物語を貫くもっとも大事な出来事を「事件」といいます。この事件が、起きたとき、変化したとき、解決したときを詳細に考えることが大切です。

書くことが苦手な子は、「出来事」に変化をつけられない、どうやってつなげればよいか分からない、事件解決の方法が思いつかないなど、想像力が乏しいことや物語のおもしろさが何かを理解しづらいことが理由として考えられます。これらは、物語を前からしか読んでいない、人物の気持ちしか読んでこなかった、場面ごとにぶつ切りに読んでいたなどの要因が考えられます。物語を丸ごと捉える、立体的に捉えられると、物語創作のハードルは低くなるでしょう。

そこで、プロット図を使って物語の構成を考えさせます。プロットとは、物語の重要な出来事をまとめたもののことです。プロット図は、折れ線グラフのようになっており、それぞれの出来事が物語の中でどのような位置づけになるかをイメージすることができます。

「不思議な世界へ出かけよう」プロット図 の板書例 (クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

具体的な授業の流れ

①「前の時間に考えた物語の大枠や、登場する人物について、隣の人に紹介しましょう」
言葉にすることでより物語世界が想像しやすくなります。また、隣の人に話すと、分からないことなどを質問してもらい、解決することができます。

②「どんなお話にしたか言える人?」

③「おもしろい物語にするために、物語の構成を考えます。構成と聞いて思いつく言葉はありますか?」

④「三年生で学習しましたね。物語の場面展開のことを構成といいます。構成は、『冒頭-事件の起こり-事件の変化-事件の解決-結末』となります。ファンタジー作品を書く人は、現実-非現実-現実をこれに当てはめましょう」

⑤「いちばん盛り上がるのはどこですか?」

⑥「それぞれの場面はいちばん盛り上がるところに向かって、徐々におもしろくなっていくように工夫しなければいけません。読み手をどきどきさせる展開や、表現を工夫するなどして、人物の行動や心情の変化をよく考えましょう」

⑦「では、プロット図を見ながら、出来事の内容を5W1Hを意識して具体的に書きましょう」


『小五教育技術』2018年11月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

小六道徳「社会正義の実現」指導アイデア

小六道徳「社会正義の実現」指導アイデアです。「杉原千畝―大勢の人の命を守った外交官-」(日本文教出版「生きる力」)を教材として、多様な価値観に触れ、自己の価値観…

2020/4/8

デキる教師が使う言葉と伝え方15【♯三行教育技術】

同じことを伝えようとしても、すんなり伝わる人と伝わらない人がいます。それは、使っている言葉と伝え方が違うから。
三行教育技術のツイートから、言葉と伝え方につい…

小6理科「燃焼の仕組み」指導アイデア

小6理科「燃焼の仕組み」の指導アイデアです。空気の変化に着目して、物の燃え方を多面的に調べる活動を通して、燃焼の仕組みについての理解を図り、観察、実験などに関す…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの力を伸ばせるノートチェック力5つのポイント

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小5理科「雲と天気の変化」指導アイデア

小5理科「雲と天気の変化」の指導アイデアです。雲の量や動きに着目し、それらと天気の変化とを関係付け、天気の変化の仕方を調べる活動を通して、それらについての理解を…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの心をつかむ教師のリアクション具体例

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

菊池省三の教師力UP道場:教師のリアクション8つのポイント

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

学ぶ意欲を刺激する!小1「授業開きアイデア」

学級開きが終わったら、次にやってくるのが「授業開き」。好奇心旺盛な低学年の子供たち、最初の授業で心をつかみ、学びに向かう姿勢をつくりたいものです。学ぶ意欲を刺激…

学校再開の授業アイデア:モジュール授業と聞く指導【新型コロナ対策】

学校再開に際し、授業をどのように作るかも課題になっています。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、対話や活動を授業のメインにできなくなる中、いかに楽しい学び…

小3理科「しぜんのかんさつをしよう」指導アイデア

小3理科「しぜんのかんさつをしよう」の指導アイデアです。身の回りの生物について調べる活動を通して、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に差異点や共…

もっと見る