• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【構造的板書】 算数「図形の面積」「プリント学習の時間」

2019/10/31

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「図形の面積」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都教育大学附属桃山小学校教諭)に、 複数の考え方を関連付け、比較しやすくするための構造的板書について解説していただきます。特別編として、プリント学習の時間の板書についてのご紹介もあります。ぜひご参考になさってください。

樋口万太郎先生
樋口万太郎先生 撮影/水本克美(桑島写真スタジオ)

算数スキル1:意図的にスペースを空けて描く&考え方を並列に並べる

2つのポイントを組み合わせています。1つ目は「意図的にスペースを空けて描く」です。

単元「図形の面積」

計算の仕方、図形の面積の求め方といった「仕方・求め方」について考える授業では、多様な考え方がでてきます。この授業でも4つの考えがでてきます。この授業では、①~④の順番で考え方がでたとします。しかし、下の板書では①~④を順番通りには描いてはいません。

平行四辺形の形の求め方 構造的板書
平行四辺形の形の求め方を考えよう(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

①の考えを交流したのち、2つ目の考えとして②の考えを聞いたときに、①の横にスペース(考えが1つ描けるぐらいのスペース)を空けて、②の考えを描いています。意図的に描いています。①と④は図形を移動し、長方形にして面積を求めるという同じ考え方です。こういった同じ考え方は遠くよりも近くに描かれているほうが、子供たちは2つの考えを関連づけながら考えやすくなります。もし3つ目の考えを聞いたときに、④の考え方がでてきた時には、もちろん①の横に描きます。

構造的板書のよさは、関連づくことです。関連づくことは深い学びには欠かせないことです。

そして、もう1つは「考え方を並列に並べる」です。今回のように多様な考え方がでてくる授業ではとても有効な描き方です。

多様な考え方がでてくる授業の最後に、「は(はやく)・か(かんたん)・せ(せいかく)な考え方はどれだろう」と聞いて、子供たちに考えさせる授業がありますが、子供たちは一生懸命に考えてきています。だから、先生がそう言ったとしても、自分の考えが1番だという思いをもち、「は・か・せ」を考えないかもしれません。

新たな問題に取り組んだときに、自分の考えでは通用しないということに気づき、他の考え方で考えてみようとなるほうが大切です。

私ならこの場面では、「は・か・せ」ではなく、「この4つの考え方で共通していることは何?」と言います。そうすることで4つの考えを比較しあい、これまでに学習してきた正方形・長方形の面積や三角形の面積を使えば、求めることができるということに気づかせたいからです。(教科書によっては、三角形の面積はこの後の学習の場合もあります)。このとき、考え方を並列に並べておくと子供たちが比較しやすく、関連づけやすくなるのです。

その上で、①~④の考えを自分で選択した上で練習問題に取り組ませます。

算数スキル2:1時間の流れがわかるように

特別編「プリント学習の時間」

樋口学級で行っているプリント学習の取り組みを紹介します。私はプリント学習を行うときにも板書を使用します。このときの板書は、普段の板書とは違い、フローチャートのようなものを描き、子供たちが1時間のプリント学習の流れがわかるようにします。

プリント学習のフローチャート 構造的板書
プリント学習のフローチャート(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

樋口学級では、全員が常に同じプリントで同じ問題を解いているということをしません。40人学級なら40通りの学力差、得意なところ・苦手なところがあります。なので、自分のペースで進むことができればいいと考え、取り組んでいます。ただし、早くプリントができたからといって、読書は認めていません。

① めあてを作る

プリント学習をするときには、まず自分自身のめあてを作ります。めあてはひとりひとり違っていて構いません。めあてはノートに書いておきます。めあてを交流してもいいでしょう。授業の最後に、このめあてを達成できたか、ひとりひとり振り返りをします。

② 共通プリントに取り組む

全員が取り組む共通プリントを配付し、次のルールを確認してから、取り組ませます。

  • 3人もしくは4人1組のグループを作っておき、グループ仕様の机配置にしておく。
  • 答え合わせは教室の後ろや横に掲示している解答を見て、自分たちで行う。
  • 分からないときには、分からないと言う。
  • 教えるときは、答えや考え方を言うのではなく、考えるためのきっかけを作ってあげる(ヒントを言ってあげる)。
  • 先生に聞きにきてもよい。

③ プリントを自分で選択して取り組む

②が終われば、自分が苦手としている内容のプリントを3枚の中から子供たち自身に選択させ、取り組ませます。

④ ゴール達成後

③での3枚のうち1枚プリントができればゴールですが、このゴールは全員が到達してほしいゴールです。その上で、早く終わった子は③の残り2枚のプリントをするのか、アナザーゴールを目指すのか、他の子のサポートをするのかを自分で選択させ、取り組ませます。読書を認めていないのは、読書をする暇がないほど、人それぞれすることがあるからです。また、自分が今行っているところにネームプレートを貼っておきます。他の子のネームプレートを見て、サポートしたりすることができます。


『小五教育技術』2018年10月号より

関連する記事

授業記事一覧

調理の基本がわかる!小五小六の家庭科

調理は、子供たちにとって、楽しい学習のひとつです。ここでは、小五と小六の家庭科授業の基本と、それぞれの学年別で、子供が安全と衛生に気を付けて楽しく活動することが…

外国語授業で学級づくり ~アルファベットに親しもう~

外国語活動の授業の中で、アルファベットに慣れ親しむことができる活動を紹介します。活動を通して友達との仲が深まり、学級づくりの一環としても役立ちます。

【指導計画】6年算数 場合の数(1)

4人でリレーを走る順番が全部で何通りあるかを調べ、順列について、落ちや重なりがないように、図や表を用いたりして、順序よく筋道立てて考えることを学びます。

2019/11/19

【指導計画】5年国語 図書すいせん会をしよう

5年国語「読むこと」「読書」の単元です。本を推薦するには、推薦者が対象となる作品の特徴をよく理解し、その面白さを他の読み手にも伝わるように表現することが大切です…

2019/11/18

【指導計画】1年算数 「ひきざん」(2)

小一算数の「ひきざん」の授業で、10 のまとまりに着目し、具体物の操作、言葉、式を使って考え、説明する活動を通して、減加法を理解することができるようにする。

2019/11/17

帝京大学大学院教授・赤堀博行
明確な指導観をもち、授業改善につなげる「特別の教科 道徳」

小学校では2018年度、中学校では2019年度からスタートした「特別の教科 道徳」。検定教科書の導入など、変わった点も多い中、教科化1年目を終えた小学校ではどん…

【指導計画】1年算数「ひきざん」(1)

1年算数の授業アイディアです。今回は「ひきざん」の前半を扱います。10 のまとまりに着目し、具体物を用いて計算の仕方を考える活動を通して、減加法を理解することが…

2019/11/15

【教育技術小五小六12月号購入者特典】「外国語の授業レポート」動画(PR)

『教育技術 小五小六』2019年12月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワー…

小一図工 自然の材料で動物づくり

小学校一年生の図工のアイディアです。校庭や学校周辺には、色とりどりの落ち葉や木の実を見かける季節。落ち葉や木の実をたくさん使っておしゃれな動物を作り、キャンバス…

2019/11/15

小六理科のプログラミング教育
誰でもできるプログラミング教育~小六理科 電気の性質や働き~

いよいよ来年度からプログラミング教育が始まります。どのように導入していったらよいか。高学年で必修となる6年理科のプログラミングの授業実践例を紹介します。プログラ…

もっと見る