小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「走・跳の運動(幅跳び)」の単元を扱います。

執筆/高知県公立小学校教諭・横山信吾
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知県公立小学校教頭 ・田所潤子

単元名

楽しい! できそう! いっしょに幅跳び!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
幅跳びの行い方を知るとともに、短い助走から踏み切って跳ぶことができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、動きを身に付けるための活動や競争の仕方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
幅跳びに進んで取り組み、きまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

幅跳びでは、短い助走から踏み切って跳ぶことのなかで、自己の能力に適した課題を見付け、記録に挑戦したり競争したりする楽しさや喜びに触れることができるように授業を組み立てます。

本事例では、走ったり跳んだりする動き自体の面白さや心地よさを引き出すことを基本としながら、競争を楽しむことができるようにしました。そのために、体力や技能の程度にかかわらず競争に勝つことができるように、場や規則を工夫しました。

陸上運動系の領域では、最後まで全力で走ることや思いきり地面を蹴って踏み切るなど、体全体を大きく、素早く、力強く動かす経験をたくさん積めるようにすることが大切です。

低学年での走・跳の運動遊びの学習をふまえ、中学年では幅跳びの行い方を知るとともに、楽しみながら基本的な動きや技能が身に付けられるようにし、高学年の陸上運動の学習につなげていくことが求められます。

今回、単元前半では、「フワッ」と跳ぶ心地よさを味わうことを中心に学習を組み立てます。単元後半では、自己の課題解決の場を選択できるように場を工夫したり、グループどうしで競争したりしながら学習を進めていきます。

単元計画(例)

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア 単元

楽しく運動をしよう

「フワッ」と跳ぶ心地よさを味わい楽しもう

さまざまな場で「フワッ」と跳ぶ心地よさを味わおう!

●指導のポイント

・感覚つくりの運動では、低学年で学習した運動遊びを取り入れ、誰もが安心して活動に取り組むことができるようにしましょう。
・まずは、1歩助走から跳ぶことで、踏切足を決めるようにしましょう。
・着地しても痛くないように、事前に砂場をならしておきましょう。
・走ったり、跳んだりする動き自体の面白さや心地よさを感じられるような場を設定しましょう。

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト
小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

運動が苦手な子供への配慮の例
・踏切足が定まらず、強く前方へ跳ぶことが苦手な子供には、3~5歩など短い助走による幅跳びをしたり、「トン・トン・ト・ト・トン」など一定のリズムの助走からの幅跳びを行ったりする場を設定するなどが考えられます。

 

●安全のポイント

・毎時、学習が始まる前には、砂場に危険物がないかを確認しましょう。
・砂場をならしているときに跳躍をしないようにしましょう(合図があってからスタートする)。
・砂場には、障害となる道具や用具を入れないようにしましょう。また、道具や用具の置き方や向きにも気を付けましょう。
・跳ぶ人、測定する人、砂場をならす人などの分担をしましょう。
・友達どうしで協力しながら、使用する用具の準備や片付けをしましょう。
・順番を守り、活動をしましょう。

きまり
・みんなで準備する。

 
・順番を守る

 
・安全に気を付ける。

 

 

●活動の広げ方

・いくつかの場からお気に入りの場を選び、短い助走から強く踏み切って遠くへ跳べるよう取り組んでみましょう。
・踏切足が決まったら目印をしましょう。このようにすることで、自分で意識したり友達に確認してもらったりすることができます。
・口伴奏や手拍子を入れて、3歩や5歩のリズムで跳ぶことができるようにしましょう。
・跳んだ距離を得点化することで競争を楽しむことができるようにしましょう。
・友達と競争の仕方を話し合いながら工夫してみましょう。

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト
小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

1人1台端末を活用した活動のアイデア

・お手本の動きの確認
クラスで共有フォルダーを作成して、いつでもお手本の動きを確認することができるようにします。上手に跳んでいる友達の動きを、ICT端末を通して共有するのもよいでしょう。

・自己の動きの確認
自己の跳躍を撮影して、決まった踏切足で跳ぶことができているか、3歩や5歩のリズムで跳ぶことができているかなど、確認できるようにします。撮影した動画をスローで見るのもよいでしょう。

・変容の記録
ICT端末に自分の動きを記録していきます。単元の序盤と終盤で動きの変容を確認することで、自己の伸びを実感することができるようにしましょう。

 

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト
小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

さまざまな場で「フワッ」と跳ぶ心地よさを味わおう! 場の設定

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト
小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

・3歩幅跳び

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

・5歩幅跳び

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

どちらの足から始めるか分からない子供は、踏切足ではない足を輪の中に入れて始めるとよいでしょう。

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

着地安心の場
ホースなど柔らかいもので輪をつくると安心して活動に取り組むことができます。膝を柔らかく曲げて、両足で着地できるようにしましょう。

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

ゴム切り幅跳びの場
踏切では高く跳び上がり、ゴムひもにおへそが当たるようにチャレンジします。ゴムひもの中心には目印となるテープなどをつけておくとよいでしょう。

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア① イラスト

 

小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動しよう」はこちら

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア②
・小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア①
・小4体育「表現運動(表現)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号