学級づくりで活躍 じゃんけん遊び2選 その2

特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ

じゃんけんは何も用意せずにでき、誰にでも公平に勝つチャンスがあるスリリングな遊びです。 本記事では、『じゃんけん遊びアラカルト』(教育技術mook. Compact 64)より、グループで楽しめるじゃんけんゲーム「ホームラン」と、2人で向かい合って遊ぶ「握手じゃんけん」の2選をご紹介します。

ホームラン

「ホームラン」は、グループのまとまりをいっそう高めるゲームです。チームのメンバー全員が「イエ〜イ」と迎えてもらえて、野球でホームランを打ったときと同じ気分を味わうことができます。 次々とくり返し、全員が早く終えることを競うチーム対抗戦です。

グループのじゃんけんゲーム・ホームランで遊ぶこどもたち
  1. じゃんけんマンを一人決める。じゃんけんマンは、ライバルのチームの前に立つ。
  2. チームから一人ずつ出て、ライバルチームのじゃんけんマンとじゃんけんをする。勝つまでやる
  3. じゃんけんに勝ったら、チームの人に、野球でホームランを打ったときのように迎えてもらう
  4. ホームランタッチがバトンのかわりになる。

▶手を合わせて喜び合うことで、グループの仲間意識を高めます。
▶体育館などの広い場所でやれば、距離がとれるので、ホームランを打ったときのような雰囲気がより出ます。
▶体育の時間なら折り返しリレーにもなります。
▶教室の中なら、机の列ごとでもできます。

握手じゃんけん

とっさの判断が大事です。たたけるのに守ってしまったり、守らなければいけないのに相手をたたいてしまったりと、案外むずかしいものです。手の甲が真っ赤になっても、悔しいので「もう1回!」と、子どもたちは夢中になります。

2人で握手をし、反対の手でじゃんけんして勝ったら相手の手を叩くゲーム
  1. 二人で向かい合って左手で握手し、右手でじゃんけん。
  2. 勝った人は、相手の手のひらをたたく。
  3. 負けた人は、右手の手のひらで左手を守る。

たたかれないで防げたら、もう一度じゃんけんをする。 どちらかがたたかれるまで、勝負をつづける。

握手じゃんけんでもりあがる子どもたち

▶このような単純なじゃんけん遊びは、誰とでもできます。教室でもバスの中でも、場所を選ばないうえ、少しの時間でも楽しめます

イラスト/深沢真由美

Compact 64 『じゃんけん遊びアラカルト』(稲田百合, 坪池攝子, 平野文夫 著)より


【関連記事】
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめシリーズはこちら!
・<小5・小6>年のはじめ みんなで盛り上がる 子供の心と体を育てる 「折々のレク&ゲーム」⑧【高学年】
・『レクがだれない』3つの極意【子供同士をつなぐ1年生の特別活動】⑩
・<小3・小4・小5>気がゆるむ危機月 学級で絆を深める 子供の心と体を育てる 「折々のレク&ゲーム」⑦【中・高学年】
・<小1・小2>さわやかな季節 秋を感じる 「折々のレク&ゲーム」⑥【低学年】
・二学期スタート意欲を高める!子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」⑤【中・高学年】
・夏休み明けにもっと仲よく!子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」④【中・高学年】
・夏休み前のお楽しみ!子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」③【高学年】
・梅雨の時期の休み時間にぴったりなゲーム
・梅雨も元気!雨の日の子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」②【中・高学年】
・学級のみんなともっと仲よく!子供の心と体を育てる「折々のレク&ゲーム」①【低学年】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
とっておきのアイデアいっぱい!小学校のゲーム・レク・アイスブレイク記事まとめ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号