小5 国語科「言葉の意味が分かること」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小5国語科「言葉の意味が分かること」(光村図書)の全時間の板書、1人1台端末活用アイデア等を示した授業実践例を紹介します。

小五 国語科 教材名:言葉の意味が分かること(光村図書・国語 五)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/神奈川県横浜市立東汲沢小学校校長・丹羽正昇
執筆/神奈川県横浜市立三保小学校・横田和之

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、事実と感想・意見などとの関係について叙述を基に押さえ、文章全体の構成を捉えて要旨を把握したり、原因と結果など情報と情報との関係について理解したりする力を育てていきます。
要旨を把握するためには、文章全体の構成を捉えることが必要です。書き手が、どのような事実を理由や事例として挙げているのか、どのような感想や意見などをもっているのかなどに着目し、事実と感想・意見などとの関係を押さえることが求められます。
ここでは、筆者の主張を捉えるとともに、主張を支える事例や論の展開などの効果を考えながら、要旨を捉えつつ自分の考えをもてるように授業づくりをしていきます。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元では、「教材文を読んで分かったことや考えたことを話し合う」言語活動を位置付けました。
そのためには、筆者の主張とともに、筆者の主張を支える事例の挙げ方や文章全体の構成を捉えて要旨を把握することが求められます。

また、高学年では、日常生活において考えをまとめる際に、単一の情報のみに基づくのではなく、複数の情報を比較・分類したり、関係付けたりして検討することが求められます。
本単元では、その素地となる説明的な文章の解釈の仕方を育成することに重点を置きます。学級の実態に応じて、「言葉やものの見方・考え方について説明された読み物」を用意し、それらと比較して自分の考えをまとめる活動も考えられます。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 初発の感想を可視化したり関連付けたりした学習課題の設定

子供一人一人に個性があります。ですから、一人一人の子供と教材文との間には、「納得できる」「納得できない」「面白い」など、子供の数だけ「教材への感想」があります。この「教材への感想」を大切にして学習課題を設定することが、子供の学ぶ意欲を高めることにつながります。

本教材は、高学年の子供にとって欠かせない「言葉への興味・関心を高めることの大切さ」や「多様なものの見方・考え方の大切さ」を示唆してくれる価値ある教材ですが、一方で、読むことが苦手な子供は「分からない」と感じることも予想されます。「どこで難しさを感じたのか」「どのように読めば筆者の主張に迫ることができるのか」を子供と考えることで、単元全体を通して課題解決を図ろうとする子供の姿を引き出すようにします。

具体的には、板書の際に短冊に子供の感想を書き、出揃ったところで動かせるようにすること、デジタルホワイトボードを活用してそれぞれの感想の共通点や相違点、さらに感想の交流を通じた変容を可視化することが考えられます。
また、「納得できない」や「よく分からない」といった感想も、その原因を突き詰めていくと、論の展開を捉えられていない、筆者が取り上げている事例に共感できていないなど、いくつかの要因に大別できると予想されます。
子供が素直な心で表出する感想を可視化したり関連付けたりすることが、児童が単元全体で解決したいと思えるような学習課題を設定することになり、主体的な学びの姿を引き出すことにつながります。

〈対話的な学び〉 叙述を基に事例や論の展開の効果を語り合う

要旨を把握するためには、筆者が取り上げている事例が主張とどのような関連をもっているのか、どのように論を展開して主張の確からしさをより高めているのかをしっかりと捉える必要があります。
筆者の事例の挙げ方や論の進め方などについて理解を深めるために、友達と対話をしながら学習する場面を設定します。
対話をする際には、「自分が読み手としてどう受け取ったのか」という点も一緒に語るようにすることで、より事例や論の展開の効果を考えることができます。子供の発言を板書などで構造化することで、説明的文章を読むことが苦手な子供にも、目指す資質・能力を育んでいきます。

また、事例や論の展開の効果について考える際に、児童自身が考えやすい学習方法を選択するということも、対話的な学びを促すために効果があると考えます。
教材文の全文が一枚に書かれているワークシートを使い、四角などで囲みながら文章構成を捉えるのが得意な子供もいれば、文章構成図のような形で整理することが得意な子供もいるでしょう。様々な表し方で教材文について考えることで、対話の必然性が生まれます。
「○○さんが全文のワークシートで注目した文章を説明してくれたことで、自分が文章構成図で表したことについて、より確信がもてた。」というように、互いの学び方を共有し合いながら要旨を把握し、自分の考えを豊かに表現する子供の姿を目指します。

〈深い学び〉 子供自身の読みの変容を可視化する

単元の終末では、要旨を文章にまとめるとともに、自分の考えをまとめる活動を位置付けます。
ここでは、単に筆者の主張に対する考えのみをまとめさせるのではなく、「学習を通じてどのように読みが変容したか」という視点でも考えをまとめるように促します。
そうすることで、本単元で育成を目指す資質・能力に沿って子供が読みの変容を振り返ったり、筆者の主張に対する自分の考えの深まりを実感したりすることができます。

このような子供の姿を追求する上で、「単元の冒頭でどのような課題をもっていたか」「課題を解決するためにどのような読み方をしたか」「その効果はどの程度あったと自分で判断したか」など1時間ごとの学習のつながりを子供が実感できるようにすることが大切です。
ICT機器を効果的に学習に位置付け、子供が学びの足跡を明確に捉えられるようにしていきます。
本単元では、初発の感想を共有する際にデジタルホワイトボードを活用しましたが、「容易に複製することができる」というデジタルホワイトボードのメリットを生かし、色を変えて付箋を移動させたり、移動させた理由をタッチペンで記入させたりして変容を蓄積することができます。
単元の終末で、蓄積したものを子供自身が見返しながら学びを振り返ることで、自分が身に付けた資質・能力の自覚が促されると考えます。

また、1時間ごとの振り返りは、毎時間の終末部でなくても、子供が「ここだ」と思った瞬間に記録しておくことも大切です。子供のタイミングで自身の学びを記録する習慣を身に付けられるとよいでしょう。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)子供の対話を活性化させて自分の課題意識をもたせるために

1時間目の学習では、子供が教材文を読んだ感想を交流しながら学習課題を設定し、学習計画を立てることで学習の見通しをもてるようにします。
ここでは、「デジタルホワイトボード」を活用して、感想の共有を行います。デジタルホワイトボードは、子供の思考の変化をリアルタイムで共有することが容易にできるツールです。子供の変化をその都度評価することができるとともに、意図的に指名をしながら学習課題を設定する上で有効に作用すると考えます。

(2)個に応じた学びのために

4時間目と5時間目には捉えた要旨を指定された文字数で表現したり、要旨を捉えた上での自分の考えを文章にまとめたりする学習活動を行います。
ここで端末を活用することで、子供同士の考えを共有できるようにします。一人では自分の考えを表現できない子供でも、友達の学び方を参考にしながら取り組むことが期待できます。また、容易に共有できることで、話し合ってみたい友達を考えて協働学習に取り組むこともできます。

また、端末を活用することで、例えば「初め」「中」「終わり」で分けられる表のようなワークシートなど、教師があらかじめ用意した様式(ワークシート)を子供が自分に合うように変えながら学習に取り組むことも期待できます。

6. 単元の展開(5時間扱い)

 単元名:文章の要旨をとらえ、自分の考えを友達と発表し合おう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 初発の感想を交流し合いながら、学習計画(課題設定、単元全体の見通し)を立てる。〈主体的な学び〉端末活用(1)

・第二次(2時3時
② 双括型の文章構成を理解し、筆者の主張を把握する。〈対話的な学び〉
③ 筆者の主張を支える事例の挙げ方や論の展開の効果について考える。〈対話的な学び〉

・第三次(5時
④ 要旨を150字程度で文章にまとめるとともに、筆者の主張に対する自分の考えをもつ。〈深い学び〉端末活用(2)
⑤ 文章に書いたものを基に友達と考えを交流し、自分の考えを広げたり身に付けた資質・能力について振り返ったりする。〈深い学び〉端末活用(3)

他に 
・「言葉やものの見方・考え方について説明された読み物」を複数用意し、それらと比較して自分の考えをまとめる
などの言語活動も考えられる。

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
「主体的な学び」のために

「言葉の意味が分かること」は、心理学者である筆者が言葉の意味を「面」として考えることで、言葉やものの見方を見直すことになるという主張を、複数の事例を挙げながら説明している文章です。
より抽象的な概念を学んだり、多様な視点から物事を見て考えたりする機会が増える5年生にとって、筆者の主張は重要な気付きを促すことが期待されます。

冒頭では、子供が「言葉の意味が分かること」という題名についてどのような解釈をしているかを共有します。おそらく、「言葉は思いや考えを伝えるための道具である」「その言葉がなにを表しているかを理解すること」などの意見がたくさん出されるでしょう。
その後、筆者である今井むつみさんの紹介を行い、「筆者の考えと皆さんの考えは同じかな。筆者が考える『言葉の意味が分かること』とはどのようなことなのか、考えを受け取りましょう。」などの一言を子供にかけて、教材文へ誘います。

学習計画を立てるために、教材文を一読した感想を共有します。
ここでは、子供から出された感想や疑問などを短冊に書き、黒板に掲示していきます。子供からの感想や疑問が出揃ったところで、子供同士のやり取りを促しながら短冊を動かして整理していきます。

たくさんの疑問や感想が出ましたが、共通点や相違点に注目して整理し、学習課題を設定しましょう。

事例の内容に関する疑問がいくつかあると思います。「コップ」の事例とか、「歯でくちびるをふんだ」事例とか、「スープを食べる」事例とかが似ていると思いました。

一つ一つの事例をばらばらに見ると、納得できるものと納得できないものとがあるのかもしれません。

筆者がなぜこの事例をこの順序で取り上げているのか考えてみると、もっと文章の理解が深まるかもしれない。

このようなやり取りをしながら学習課題を設定することで、子供にとって解決すべき切実感のある課題となると考えます。最初から課題を教師が整理するのではなく、雑多なものを子供とやり取りしながら整理し、課題意識を子供にしっかりともたせることが、今後の学習への意欲につながります。

課題が整理できたところで、どのように学習を進めていくと課題解決できそうかを考えて、学習計画を立てていきます。板書例の①から順に決めるよりも、ゴールである④から決めて逆算していく方が、子供が見通しをもって学習計画を立てられることが多いです。

1時間目の端末活用例
1時間目の端末活用例
 端末活用の方法や効果

感想を交流する際に、デジタルホワイトボードを活用して子供の感想や疑問を整理することも有効です。縦軸に指導事項「エ」を意識した項目を、横軸に指導事項「イ」を意識した項目を設定した座標軸上に、子供の感想を付箋に書かせて貼らせていきます。

ここでは、「Jamboard」を活用していますが、リアルタイムで共有することができるため、友達の意見を聞いて自分の位置を動かしたり加筆したりすることができます。子供には、「友達の意見を聞いて付箋を動かしたり、内容を書き直したりしてもよい」ことを伝え、アクティブに交流を進めるように促します。また、教師も、リアルタイムの子供の反応を見ながら意図的に指名することが可能です。

また、この座標軸を使って、毎時間の振り返りをすることもできます。

同じページを単位時間数分コピーし、変更した際には付箋の色を変えて記入させることで、子供は、毎時間の読みの変容を自覚することができます。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例
「対話的な学び」のために

要旨を把握するために、文章全体の構成を捉えることが本時のねらいです。
子供には、全文を1枚にまとめたワークシートを準備し、「初め」「中」「終わり」の枠組みで捉えられるようにするとよいでしょう。

「初め」「中」「終わり」の枠組みで文章全体の構成を捉える際、方法を子供に任せてみることが大切です。子供によって「文章構成図」にまとめることで理解が深まる子供もいれば、教材文が全文示されたワークシートを囲みながら読むことで理解を深める子供もいると考えられます。
「文章構成図を書きましょう」など、あたかも文章構成図を書くことが目的となるような発問を避けることで、子供が目的に沿って学習を進めることができます。
また、様々なツールを使って行動と内容を把握することで、対話の必然性が生まれます。
自分なりの方法を選べない子供には、板書で示したような表を使うように促すなどの支援も大切です。複数のワークシートやシンキングツール等を事前に作成し、タブレット端末で子供が選んで使えるようにしておくと、このような学習を円滑に進めることができます。

<一人で学ぶ場面では…>

ぼくは、「全文シート(教材文が全文示されたワークシート)」を使って、文章構成について考えてみようかな。

全文シート

わたしは、「シンキングツール」を利用して、文章の構造を図に表しながら考えたいな。

様々な方法で文章構成を捉えた後で、グループや学級全体で読みを共有します。
子供自身が書いた文章構成図やワークシートを大型ディスプレイに映して発表するなどしながら、文章構成と筆者の主張を捉えます。ここでは、

・双括型の文章構成を取っていること
・双括型の文章では、「初め」と「終わり」で主張を述べ、主張を支える事例を「中」で示していること
・「中」の事例を受けて「終わり」では、主張をより具体的に訴えていること

などを押さえましょう。

<対話の様子>

ぼくは、「全文シート」を使って考えたよ。事実については黄色、意見についてはピンクでラインを引いたんだけど、意見が「初め」と「終わり」で繰り返されていることに気付いたよ。

わたしは、文章全体を図に表してみたよ。意見が「初め」と「終わり」で繰り返されていることは、わたしも気付いたよ。事例の順序が、読み手の納得が得られるように考えられていることが、図にしてみて分かったよ。

確かに、山本さんの図を見て、事例の順序によって筆者がその主張に説得力をもたせていることがよく分かったよ。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例
「対話的な学び」のために

3時間目は、筆者が自分の主張をより適切に伝えるために工夫している論の進め方について考えることを目指します。ここでも、前時に使用した教材文が全文書かれているワークシートを活用しながら学習を進めるとよいでしょう。

それぞれの段落で事例が取り上げられているかを押さえたあと、事例の効果について考えていきます。

取り上げている事例の内容や順序など、気付いたことを交流しましょう。

まず、筆者の主張につながる「言葉の意味には広がりがある」ことの説明をコップの事例で行い、その後に言い間違いの事例で「広がりには範囲があること」や「言語によって広がりがちがうこと」を説明することで、読み手に納得してもらえるようにしていると思いました。

「言い間違い」の事例も、まず読み手に取って身近な「日本語での小さい子の事例」から説明して、英語や中国語、韓国語の事例を加えている。この説明の仕方も、読み手を意識しているのではないかな。

英語の事例の後で中国語と韓国語の事例を追加するような説明の仕方によって、「言語によって範囲が違う」ということがよく分かりました。

言い間違いの事例に着目しました。どちらもまず「言い間違いをした」という結果を示して、その原因を説明する表現をしています。結果だけでなく原因も説明されているので、納得できました。

二つの事例で「結果を示し、原因を述べる」という同じ説明の仕方をしているのも、読み手にとっては理解しやすいね。

批判的に文章を読む力の育成を目指し、事例に対して批判的に読む姿勢も価値付けたり、子供同士でやり取りをさせたりすることも大切です。

ぼくは、小さい子の言い間違いの事例は別になくてもいいと思った。言葉の範囲が言語によって異なることは、英語の事例と中国語、韓国語の事例で十分分かったけれど、みんなはどう思った。

わたしは、あった方がいいと思ったよ。だって、「コップの事例」が小さい子にコップの意味を説明する、という内容だったでしょ。「言葉には広がりがあること」と「言葉の広がりには範囲があること」とをつなぐのに、小さい子の言い間違いの事例は効果的だと思う。

また、「点」や「面」など抽象的な言葉によって説明されている部分は、子供によって理解が難しい場合が考えられます。挿絵と叙述を結び付けながら読むことで、どの子供も理解を深めることができると考えます。


【4時間目の板書例 】

4時間目の板書例
「深い学び」のために

ここまでの学びを踏まえて、自分の考えを文章で表現することを目指します。自分の考えを述べる際には、文章の要旨を捉えることが大切です。要旨をまとめる文字数を提示し、文字数や目的に応じて要旨をまとめることができるようにします。

今回は、「150字で要旨をまとめる」という条件にしました。

〈150字でまとめる要旨の例〉
「言葉の意味が分かること」とは、言葉の意味を「面」として理解することだ。言葉には意味の広がりがあり、適切に使うためには、そのはんいを理解する必要がある。さらに、「言葉の意味は面である」と考えることは、わたしたちが自然だと思っているものの見方が、決して当たり前ではないことにも気づかせてくれる。

150字程度で表現する場合は、筆者の主張を中心にまとめることになると考えられます。
文字数がもう少し多い場合は、論の展開などに触れてまとめることができます。目的や意図に応じて、要旨を表現することが大切であることを押さえます。

自分の考えを表現する際にも、視点を設定します。
今回は、筆者の主張に対する自分の考えとともに、論の展開について評価するような視点も設定しました。そうすることで、育成を目指す資質・能力に迫ることができると考えます。

端末活用の方法や効果

ここまでの学びを踏まえて、自分の考えを文章で表現することを目指します。
ここでは端末を活用して、捉えた要旨を文章でまとめたり、自分の考えを表現したりするようにします。端末を活用することで「文字数を自動的に計算してくれること」や「加除修正が容易にできること」などのメリットがあります。文章を書くことに苦手意識がある子供にとって、ハードルを下げることができます。

また、端末活用における最大の効果は、「子供一人一人の画面を共有できること」が挙げられます。
適宜友達と相談しながら進めてよいことを子供に伝えることで、必然性のある交流を生み出すことができます。ヒントカードや複数のシートを用意することで、子供が学び方を選択することも有効です。


【5時間目の板書例 】

5時間目の板書例
「深い学び」のために

要旨を捉えた上で得た自分の考えを友達と共有することを目指します。
本時では、「要旨を捉える力」と「論の進め方について考える力」の育成に主眼を置いているため、自己の考えの広がりを子供に捉えさせるとともに、「なぜ広がったのか」を考えさせることが欠かせません。

<期待する子供の姿>

外国語を学習しているときや、テレビで外国人にインタビューをしているのを見たときに、言葉によって違いがあることをみんな経験していた。だから、「言葉は面だ」という筆者の主張により納得することができた。

筆者の論の進め方を理解できたことで、主張がとても納得できた。言葉は、単なる思いや考えを伝える道具としか考えていなかったけれど、言葉によって「ものの見方や考え方」について考えることができるのは面白いと思った。

また、授業の後半では、単元を通して身に付けた資質・能力について振り返りをします。
板書で整理したり、掲示物としてまとめて教室に掲示したりすることで、他の領域の学習や他教科等の学習で生きて働く資質・能力として子供が自ら活用できるようになると考えられます。

前時までに、ピンク(要旨)と緑(自分の考え)まで書いた状態で本時に臨みます。
グループで交流した後に学級全体で交流する、学級全体でいきなり交流するなど、子供の実態によって学習形態を選択するとよいでしょう。いずれの場合でも、端末を活用することで、手元に友達の考えをもった状態で交流をすることができるため、交流が活性化することが期待されます。

交流をしながら水色の部分に「友達の考えを聞いて参考になったこと」を記録させるようにします。
授業の終末で水色部分について学級全体で共有することで、身に付けた資質・能力の自覚につながります。
また、別のシートを用意して、「単元を通して身に付けたことは何か」を文章で書かせることも効果があると考えます。これまでの学習で使用したカードをつなげる(ノートや紙のワークシートは写真に撮って「カード」にすることもできます。)ことで、ポートフォリオのように学びを整理することもできます。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1 国語科「ききたいな、ともだちのはなし」全時間の板書&指導アイデア
・小2体育「水遊び」指導アイデア②
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア①
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア②
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小4体育「水泳運動」指導アイデア①
・小4体育「水泳運動」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号