小3算数「□を使った式」指導アイデア

執筆/福岡県公立小学校教諭・森真子
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

本時のねらい

本時1/4時

数量の関係に着目し、未知の数量を□を用いてその関係を表す活動を通して、未知の数量を求めることができるようにする。

評価規準
未知の数量の関係を□などを用いて表し、加法と減法の相互関係を用いて、□に当てはまる数を求めることができる。(知識・技能)

2人の子供に話しかける先生の様子

問題1

お話を式で表しましょう。

おりがみが38まいあります。なんまいかもらいました。全部で50まいになりました。

お話のなかで分からないのは、なんの数ですか?

何枚もらったかが分かりません。

分からない数を□と考えてみましょう。問題文の 「なん枚かもらいました」の部分を□枚とすると、どう言い換えられますか。

「□枚もらいました」です。

学習のねらい

分からない数を□とすると、どんな式で表せるか考えよう。

※ここで、場面と数量を対応させて考えることができるようにお話の絵カードを一人ひとりに渡します。子供はカードの裏に絵に対応する数値を書いて、並べる活動をします。

見通し

お話の絵カードの表と裏の表記例

3枚の絵の裏に数を書きましょう。

絵を見て、お話の順に並べてみましょう。

並べたら、数を確かめながら式を考えてみましょう。

分からない数を□にして……、たし算になりそう。

自力解決の様子

※Aの子に対しては、お話の順を一緒に確かめながら、カードを並べられるように支援する。

A つまずいている子
お話の通りにカードを並べることができていない。

B 素朴に解いている子
カードを並べることはできているが、お話の順に式を表すことができていない。例)50-38=□

C ねらい通り解いている子
お話通りにカードを並べて、38+□=50と、式を表すことができる。

学び合いの計画

自力解決後は、ペアでお互いの考えを確認し合います。このとき、「カードをその順に並べたわけを相手に伝える」という交流の目的を明確にしておきます。カードを話の順に並べて見せ合うことで、一人でも多くの子供に話の流れを理解させたうえで、全体交流につなげていきます。

ノート例

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

「38+□=50」と「50−38=□」の式を提示、お話の順に合っている式を確認します。

「38+□=50」と書いている人と「50-38=□」と書いている人がいるけれど、お話の順になっているのはどちらでしょうか。

「□まいもらました」になるから、たし算だと思います。

「50−38 =□でもよいと思います。」

お話に合わせてカードを並べてみましょう。(代表の子供にカードのお話の順に絵を並べて貼らせる。) カードを裏返します。□まいもらうからたし算ですね。(38と□の間に「+」を書く。) 次に、□を求めることを考えましょう。

問題2

おりがみをなんまいもらいましたか。

※「問題2」を提示し、線分図やテープ図を提示して、図と関連付けて、□を求める式を考えていきます。

二年生で学習したように、線分図で表すとどのような図になるか確かめましょう。(子供と線分図を完成させていく)。

□に入る数を求める式は分かりますか。

50−38です。

50−38=12だから、12まいです。

「38+□=50」という式と「50-38=□」の違いを言葉で説明できますか。

「38+□=50」は、お話を順序通りに表す式で、「50−38=□」は、□を求める式です。

「38+□=50」「50-38=□」について数直線で表した線分図

学習のまとめ

分からない数があるときは、□を使うとお話の順に式に表すことができる。

評価問題

お話の場面を、分からない数を□として、式に表しましょう。また、□にあてはまる数を求めましょう。

おりがみを45まい持っています。なんまいかもらったので、全部で62まいになりました。

解答

45+□= 62
62−45=17
□=17

感想例

分からない数があっても□を使うと式で表せることが分かりました。


イラスト/小沢ヨマ・横井智美

『教育技術 小三小四』2021年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号