小3算数「2けたをかけるかけ算の筆算」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭 ・黒野綾菜
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、福岡教育大学教授・清水紀宏

先生が2人の生徒に授業をしている様子

本時のねらい

本時6/6時

筆算の仕組みに着目し、覆面算について考える活動を通して、欠けている数を筋道立てて考え、説明できるようにする。

評価規準
筆算の仕組みを基にして、十の位と一の位の計算を分けて、欠けている数が何かを筋道立てて説明することができる。(思考・判断・表現)

問題

キツツキが筆算をつついて穴をあけてしまいました。穴をあける前の数字がなんだったのか見付けて、リスに教えてあげてください。

5箇所の数字がかけた筆算

(印刷したキツツキやリスのペープサートを使いながら、問題場面を共通理解する)

からのうち、どこから数を入れていきますか。

に数を入れて、180になるものを探せばよいと思います。

何回も計算するのは面倒だなあ。

5と3は計算できると思います。

いろいろな方法があるみたいですね。それでは自分のやり方で数を入れていきましょう。 また、数を入れる順番が分かるように説明を書きましょう。

学習のねらい

空いている数の見付け方を考え、説明しよう。

見通し

に数を入れて180になればいい。

3×5から計算する。

自力解決の様子

A つまずいている子
に1、に5を入れている。
に1、に5を入れているが、続きを入れることができない。


B 素朴に解いている子
からに正しく数を入れているが、その順番を説明することができない。


C ねらい通り解いている子
「3×5は30×5だから、に1と5が入ります。すると、が3になります」のように、入る数とその理由を筋道立てて説明することができている。

学び合いの計画

本時では、これまでに学んだ筆算の仕組みを活用して、筋道立てて考えさせることをねらっています。この問題では、位ごとに「×5」の計算を繰り返すことに着目させます。Aの子供にはに例えば2を入れて実際に筆算をさせることで、3×5がに対応し、最初に決まることを理解させましょう。

自力解決では、多くの子供がBの解法にとどまると考えられるので、全体発表で解法の筋道をていねいに扱うとともに、数を入れる順番の書き方について指導していきます。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

はじめに分かるのはです。3×5で 15になります。

どうしてではなくて、が 15なのですか。

十の位のかけ算は、位を1つずらして書くからです。

その下に180がありますね。15がここだと位がずれていませんか。

3×5の3は十の位の3だから30です。だから30×5=150です。

150と180は位がそろっているから、が1、 が5でよいです。

5×3は5×30という十の位のかけ算でしたね。これで、が1、が5と最初に決まることが分かりましたね。どの順番に数を入れていくか、筆算の横に書いていきましょう。(筆算の横に「まず、3×5=15で、に1、 に5が入る」と板書する。このように、子供とのやりとりをまとめ、筆算の横に書くことで、順番の説明の書き方を指導する。)

次は、どこに数が入りますか。

に入ります。+15が18になるから、は3になります。

18から15を引いても、が3だと分かります。

筆算では上から下へ足すけれど、この問題では逆に見て、下から上を引いていますね。

だったら、15は150のことだから、180から150を引くと30で、が3、が0になると思います。(これまでのやりとりを確認し、筆算の横に「15は150のことだから180-150=30で、に3、に0が入る」と板書する。)

※以下、についても子供とのやりとりを通して、数の見付け方と順番の説明を確認する。

学習のまとめ

「十の位の計算」と「一の位の計算」に分けて考え、分かるところから順に数を入れていけばよい。

評価問題

空いている数はなんですか。数を見付ける順番も説明しましょう。

5箇所の数字が欠けた筆算

期待する解答の具体例

まず、13×4=52でに5、に2が入る。 次に、52は520のことだから546-520=26でに2、に6が入る。 最後に、13×2=26だからに2が入る。

感想例

  • 十の位と一の位を分けて考えれば、答えが見付かることが分かりました。
  • 答えが順に見付かるのがおもしろいと思いました。

イラスト/小沢ヨマ・横井智美

『教育技術 小三小四』 2021年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号