評価と見とり方特集

評価と見取り方

授業以上に難しいのが児童を見とること。いつ、どこを見て、どのように見とるか。評価規準はどうするか。迷いやばらつきなく評価するためのヒントになる記事を集めました。

雑誌最新号