• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

2019/5/19

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

イラスト/熊アート

金太郎飴的な指導方法の気味悪さ

ある中学生の保護者が次のような話をしてくれました。

「中学校一年生の文集を見たところ、ある小学校から来た子どもたちの作文が、どれも全く同じ論旨の展開で、そっくりな論調でした。書き出しから体験までの叙述もそっくりで、『私はこの体験で三つのことを学びました』という三つという数までも同じで気味が悪くなりました。

この学校でどういう指導を受けていたのか、気になりました」という話です。

他にも、ある学級の絵画が人物像の描き方、構図アングル、色使いまで印刷したように同じで気になったという話もあります。

基礎基本の定着を図るという意味では、大切な指導かもしれませんが、どこを切っても金太郎飴のような指導方法に疑問を抱く人は少なくありません。型から入り、型から抜けなければ、子どもたちの個性を伸長する教育とはなり得ないのだと思います。

タイマーで時間管理する授業への疑問

ある教室で、教師がキッチンタイマーを黒板にセットして、進度を分単位で区切って授業を進めている光景がありました。

ある学習をしていても、タイマーがピピッと鳴ったら次の内容に移ります。半分程度の子どもが理解していないようでも、ピピッと鳴ったら次に進みます。このような光景を見た時、保護者はどのように感じるのでしょうか。

「教材ありき、指導方法ありき、授業の進度ありき」等、要はすべてが教師側の論理なのだと思います。

悲しいかな、そこには最も大切な『子どもありき』の視点が見失われているのだと思います。様々な手法に惑わされることなく、まず原点である子どもの実態から授業を構想していきたいものです。

多数決によらない集団決定とは?

互いの考えのよさを生かしながら「折り合い」をつける話し合い活動が求められている今、多数決がよりよい集団決定であると思っている教師はいないと思います。しかし、現状では、なかなか時間内に話し合いが終わらないため、多数決をしても仕方がないという考えの人が多いのだと思います。

(問)
では、多数決によらない集団決定の方法には、どのような手立てがあるのでしょうか。

学校段階で安易に多数決を採ることを学ぶと、子どもたちは数の論理に流され、折り合いをつけて話し合うことをしなくなりがちです。

多数決によらない集団決定の方法としては、次のような方法が考えられます。

①それぞれの意見を合わせる
②意見のよいところを採り入れ、新しい考えをつくる
③各意見を縮小して全 部を採り入れる
④優先順位をつける

等、互いの考えのよさを認め合うことが、集団決定の基盤となります。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

クラス記事一覧

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

支援・環境調整
気になる子をセンスよく支援 学級の雰囲気づくり編

そろそろ大きな行事が終わり学校全体で動くことが減り、学級単体での「力」がはっきり示されるようになってきます。今回は、学級の雰囲気づくりについて解説します。正しい…

10月の落とし穴イメージ
10月の落とし穴~「荒れ」「学級崩壊」を防ぐ学級経営のターニングポイント

学級の「荒れ」や「崩壊」が最も起こりやすいのは、10月といわれています。ここで教師自らを振り返り、子どもたちの言動に注意を払い、小さな変化も見逃さない策を打つこ…

学習ゲームイメージ
クラス作りに!少しの時間でできる楽しい学習ゲーム

授業中や学活などで、5分ほどでできる学習遊び、学級レクをご紹介します。ゲームを通じて仲間意識を持ったり、学級がひとつにまとまる効果も期待できます。また、集中力が…

もっと見る