• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

指導の型で見失う『子どもありき』の視点

2019/5/19

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

イラスト/熊アート

金太郎飴的な指導方法の気味悪さ

ある中学生の保護者が次のような話をしてくれました。

「中学校一年生の文集を見たところ、ある小学校から来た子どもたちの作文が、どれも全く同じ論旨の展開で、そっくりな論調でした。書き出しから体験までの叙述もそっくりで、『私はこの体験で三つのことを学びました』という三つという数までも同じで気味が悪くなりました。

この学校でどういう指導を受けていたのか、気になりました」という話です。

他にも、ある学級の絵画が人物像の描き方、構図アングル、色使いまで印刷したように同じで気になったという話もあります。

基礎基本の定着を図るという意味では、大切な指導かもしれませんが、どこを切っても金太郎飴のような指導方法に疑問を抱く人は少なくありません。型から入り、型から抜けなければ、子どもたちの個性を伸長する教育とはなり得ないのだと思います。

タイマーで時間管理する授業への疑問

ある教室で、教師がキッチンタイマーを黒板にセットして、進度を分単位で区切って授業を進めている光景がありました。

ある学習をしていても、タイマーがピピッと鳴ったら次の内容に移ります。半分程度の子どもが理解していないようでも、ピピッと鳴ったら次に進みます。このような光景を見た時、保護者はどのように感じるのでしょうか。

「教材ありき、指導方法ありき、授業の進度ありき」等、要はすべてが教師側の論理なのだと思います。

悲しいかな、そこには最も大切な『子どもありき』の視点が見失われているのだと思います。様々な手法に惑わされることなく、まず原点である子どもの実態から授業を構想していきたいものです。

多数決によらない集団決定とは?

互いの考えのよさを生かしながら「折り合い」をつける話し合い活動が求められている今、多数決がよりよい集団決定であると思っている教師はいないと思います。しかし、現状では、なかなか時間内に話し合いが終わらないため、多数決をしても仕方がないという考えの人が多いのだと思います。

(問)
では、多数決によらない集団決定の方法には、どのような手立てがあるのでしょうか。

学校段階で安易に多数決を採ることを学ぶと、子どもたちは数の論理に流され、折り合いをつけて話し合うことをしなくなりがちです。

多数決によらない集団決定の方法としては、次のような方法が考えられます。

①それぞれの意見を合わせる
②意見のよいところを採り入れ、新しい考えをつくる
③各意見を縮小して全 部を採り入れる
④優先順位をつける

等、互いの考えのよさを認め合うことが、集団決定の基盤となります。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

クラス記事一覧

イワオジ先生、教師力を見せつける!【4年3組学級経営物語18】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。活動過程をしっかりふり返り、客観的に評価して改善する。その取り組みが、輝く未来に…

折り紙で教室を華やかに【1月編】お正月
折り紙で教室を飾ろう|お正月飾りと鏡もちの簡単な折り方

折り紙は、子どもたちが幼少期から親しんできたものです。友達と協力して完成する大作は、教室に飾ることで、華やかな雰囲気になり、教室の一体感も感じられるでしょう。何…

子どもの自己肯定感を引き出す「評価カード」ちょっとしたコツ

評価活動を進めていく時、まずは多様な評価資料を収集することが求められます。大別すると「教師による評価」と自己評価や相互評価カードなどを活用した「子どもによる評価…

子ども同士がつながるアクティビティ
学校のお楽しみ会で「子ども同士をつなぐ」手軽なゲーム2種

異学年との交流や、お楽しみ会など、子どもたちが同調して楽しめます。準備物も不要で、どこでもできる、子ども同士がよりつながるゲームを2つ紹介します。

小学校の年末お楽しみ会を盛り上げる!楽しいゲーム5選

絶対盛り上がるお楽しみ会のアイディアを紹介します。一年生にとって二学期は、初めての行事をたくさん経験し、集団生活にも慣れてきた頃かと思います。残り三学期を楽しく…

小学校お楽しみ会演出の3ステップ

子どもたちが夢中になるお楽しみ会。そこでの学びを充実させるためには、事前の「自治的な計画」、当日の「楽しい演出」、事後の「主体的・対話的な振り返り」が必要です。…

2019/12/7

通知表わたしの成功談&失敗談

担任の誰しもが、自分の学級の子供たちの成長を願いながら作成する、学期末の通知表。この方法がオススメ! というテクや、受けとった子供や保護者を落ち込ませてしまった…

疑問も解決!盤石の小一二学期通知表記入例
通知表所見クレームゼロの法則

残業ゼロ、しかも保護者からのクレームもゼロになる通知表所見を書くコツを伝授!現代の教師が身を守るための「誰にどう読まれても誤解されない」「次学期への意欲につなが…

保護者面談で信頼を得る8つのポイント

「保護者と何を話せばいいのかわからない」、「会話が続かず気まずい雰囲気が流れる」など、保護者面談に苦手意識を持つ先生も多いのではないでしょうか。ベテラン教師も昔…

保護者クレーム対応に効く!誠実でやわらかい教師のフレーズ13

保護者からのクレームに対しては、まずその気持ちをよくきき、受けとめることが第一です。かっとして言い返したり、理屈で封じこめようとしてはいけません。よくある保護者…

2019/11/30

もっと見る