• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どもの明らかな誤発言、あなたならどうしますか?

2019/7/20

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。 今回は「子どもの誤発言」について考察します。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

集団に負の圧力ができないように

線の比較のイラスト

アッシュ(Asch,S.E.)は、7~8人の集団に対して図のような標準線と比較線を同時に見せて、3本の比較線のどれが標準線と同じ長さかを、 皆のいる前で判断させました。ただし、一人を除く他の人はサクラで、あらかじめ実験者と打合せをしておき、実験では正しくない判断を、わざともっともらしく述べさせ、残りの人がサクラである他の人の判断にどの程度同調するかを調べました。

結果は、全判断数の内37%は明らかに正しくない多数のサクラの意見に同調しました。これに対して、互いに他人の意見を知らずに、自分の判断のみを求めた条件では、判断の誤りは全然存在しなかったことから、集団の圧力が強く働いていることが明らかになりました。

この実験から明らかなように、人は他の考えに同調する傾向にあり、集団は個人に対して何らかの圧力を及ぼしやすいことがわかります。

ある経験の浅い担任の先生の学級でこんなことがありました。

1年生の算数の授業のひとこまです。先生の質問に対して、A君は元気よく手を挙げ、次のように発表しました。「はい、その答えは、1たす2で4です」。

他の子どもたちは途端に、A君の発表に対して罵声を浴びせました。「えー、ちがうよ」「そんなこともわからないの。バカだな」などと、心ない言葉が教室中に次々と飛び交いました。

その時です。担任の先生が、子どもたちの言葉を制するように大きな声で言いました。「A君は、えらい」。

他の子どもたちは、先生の言っていることの意味がわからずに、静かになりました。「A君は、誰よりも早く、しっかり手を挙げました。そして、クラスの全員に聞こえるように大きな声で発表しました。 みなさん、そうですよね」「答えは、ちょっと違ったかもしれないけど、違う答えがあるからこそ、みんなで正しい答えは何かを勉強することができるのです」「みなさんも、A君のように堂々と自信をもって発表しましょう。そして、いろいろな考えを大切にしましょう」

教室の空気は一変しました。

学力向上の基盤づくりとは

「学級の雰囲気が良好である程」、「子どものモラールが高い程」学力が高くなると言われています。逆に考えると、学級の雰囲気が良好でない場合には、学力の向上も期待しにくいということになります。

集団には目に見えない力が働きます。一般的に、自分の考えが集団の考えと違う場合、自分の中で葛藤が起こり、この葛藤から逃れようとするために、集団の意向に合わせようとする心理的な働きが生じます。これが、集団にとって、また個人にとってよい働きとなる場合もありますが、そうでない場合もあることを念頭において、学級の支持的な雰囲気をつくることが大切です。

誰もが自分の考えを堂々と発表できるようにするため、互いに他の考えを受容することの大切さを指導するとともに、常に少数意見や異なった意見を大切に扱うように指導し、支持的な学級の雰囲気を醸成していくことが、学力向上の基盤づくりになります。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

小学4年体育『キャッチソフトバレーボール』指導のポイント

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)「にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび」

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

小学校低学年のぬりえ|クリスマス【プリントOK】

12月はツリーやサンタをモチーフとしたクリスマスの時期にぴったりなぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の…

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

【ぬまっち流】道徳はニュースから「なぜ?」を引き出す
道徳はニュースから「なぜ?」を引き出すのがよい理由

ユニークな実践で知られるカリスマ教師、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生が、実際に起こるニュースを題材に「なぜ?」を突き詰める力を養う実践を紹介します。道徳の教科書か…

寒さに勝つ体育授業「いろいろおにごっこ」3つの解決ポイント

小学校の冬。それは、難しくなってくる勉強、日々厳しくなる寒さ・・・クラスにうっすらと鬱々とした空気がただよってくる時期。そこで、それを打破するのが、楽しい体育の…

スモールステップ+ほめる指導ですべての子がなわとびできる

埼玉県なわとび協会事務局長の戸田克先生が監修した、なわとびハウツー学習漫画が出ました。ドラえもんがキャラクターとして使われた子ども向けの本ですが、指導者が読んで…

3年体育(ネット型ゲーム)心をつなごう!キャッチソフトバレーボール

小学3年生の体育「ネット型ゲーム」は、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、自陣から相手コートに向けてボールを返して、得点を競い合うという運動特性があり…

2019/12/3

音楽評価|担任のモヤモヤに専科が答えます!

編集部に届いたお便りで、「女性というだけで音楽を担当することが多いのですが、専門外のため、特に、創意工夫の評価がイマイチ分かりません。」というご意見をいただきま…

リズムなわとびで学級づくり
動画付き!リズムなわとびで学級づくり

冬場の体力づくりに適した「なわとび」と、表現活動の「ダンス」を組み合わせたリズムなわとびは、仲間と協力して練習し、完成度を高めていくことで、学級づくりにもつなげ…

もっと見る