• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

タイムカプセルの学校保管は何が問題か?

2019/7/8

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

タイムカプセルのイメージ

8年後、タイムカプセルは誰が管理してる?

ある学校を訪問した時、校長室に仰々しい箱があり、そこには「○年度卒業生タイムカプセル」と書いてありました。よく見ると、その卒業生が20歳になった時に箱を開封するように記してありました。意外に、このような風習が学校にはあるのかもしれません。

しかし、6年生が卒業して20歳に来校するとなれば、8年後です。おそらく、一般的には、8年後、その学校に在職している職員はほとんどいないはずです。卒業生が20歳になって来校する際には、その学校に在職していない元担任が来て対応することになります。もし、元担任が何らかの都合で来校できない時は、どうするのでしょうか。

一見、子どもたちの思い出を大切にしている風習のようですが、様々な条件を考慮した時、タイムカプセルの学校保管は望ましくないことを、管理職並びに担任教師は、本来、指導する役割があるのだと思います。

保護者が失望する文集にならないように…

5年生の保護者から、文集づくりについて次のような話がありました。

「○○先生は、とても熱心で、年度末に子どもたちの文集を作ってくださり、感謝しています。しかし、我が子の作文を見ると、漢字や言葉遣いの間違いがとても多く、できた文集を見て恥ずかしくなり、情けなくなりました」

文集づくりは、子どもたち、保護者にとってよい思い出となり、生涯の宝物ともなるものでもあります。だからこそ、忙しい中であっても誤字脱字だけでなく、 人権教育上の問題や掲載事項の平等性等についても、細部にわたりチェックし、推敲することが求められるのです。推敲に当たっては、まず、本人が推敲できる ように推敲の視点を示したり、保護者に再確認としての推敲の協力を依頼したりすることも大切な手立ての一つです。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(17)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。子どもたちの熱意を伝え、西華祭の出し物を、禁止されているお化け屋敷の実施を決意し…

学習発表会を成功させよう【小四・水の大切さを考える】

「学習発表会」は、子供たちの自主性・自立心を育てるチャンスです。四年生の 舞台発表実践事例 「わたしたちのくらしと水」の本番までのスケジュールを追って、内容と指…

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

もっと見る