• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学力向上を目指すために、あなたはどのような指導を心がけていますか?

2019/11/16

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回はジグソー学習について考えてみます。

文/元埼玉県公立小学校校長・稲垣孝章

学力アップのイメージ

まずは指導法の見直しから

「計算ドリルに漢字ドリルの繰り返し学習に力を入れて基礎基本の定着を図っています」標題の質問に対して、ある研修会で若手の教員が答えた言葉です。

この回答は、決して間違っているわけではありません。漢字などの繰り返しの学習は、当然、必要な学力のベースとなるものです。しかし、あくまでもこれは学力の一部ととらえることが大切です。

OECDの調査から「学級の雰囲気がよいほど、学級のモラールが高いほど学びの数値は高くなる」とされています。学力向上を目指すために、まず教師側の指導法について見直し、改善していくことが求められます。

「ジグソー学習」とは

ジグソー(jigsaw)学習は、アロンソンら(Aronson et al.1975)の考案した学習法を蘭千寿氏(1980)が紹介したものです。この学習法を用いて、蘭氏は小学校4~6年生を対象に、国語と社会の授業で 1週間6~7時間のジグソー学習を6~12週間実施し、学業成績の低い児童にも好ましい効果が6週間で見られると報告しました。またメンバーを交替すると さらによい影響を与えると報告しています。

「ジグソー学習」から学ぶこと

ジグソー学習の効果は、どの子も自分なりの役割を担い、学びを通して他の子の学習の役に立ち、効力感が高まるということに起因するものと思われます。

ジグソー法説明図

具体的な学習方法としては、まず原グループの「グループ1」に所属する「a1」が、「教材①」のグループで、各グループから来た「a」の仲間とグループ学習を行います。その後、「教材①」で学んだ内容について、原グループに戻ってグループの仲間に伝え合うという学習形態です。同様に「グループ1」に所属する「b1」が、「教材②」のグループで、というように五つの原グループのメンバーが、六つの教材のグループに分かれて学習した後、原グループに戻って学んできたことを伝え合うという学習法です。

ただし、この学習方法は、じっくりと思考する時間を設定するため、1単位時間で実践するには移動時間などを考えると時間的な制約があること、自分で 学ぶ教材以外の他の教材について十分な学習ができないという課題も考えられます。したがって、単元全体を見通して、このような課題に対処する視点を考慮し て活用すると効果的です。ジグソー学習で構想される“どの子にも活躍する場がある”という学習方法は、授業の基盤となるものです。

学級内にあって、人(子ども)が幸せを感じる視点は、四つあると言われます。
①「人(担任・級友)から愛されること」
②「人(担任・級友)からほめられること」 
③「人(担任・級友)から必要とされること」
④「人(担任・級友)の役に立つこと」

様々な学習方法は、あくまでも手法のひとつです。学級集団としての実態、個々の子どもたちの実態を踏まえ、子どもたちに即した学習形態を構想していくことが、今、まさに求められているのです。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六1月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『新聞投書記事「まっすぐな少年は大リーグに」』の授業実践と、6年教材『日本一短い「家族」への手紙』の授業実践の動画です。導入から終末までの授業の組…

小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業
小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業とは

凄腕実践者・前田正秀先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、算数の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

2019/12/12

小学6年算数『量の単位(2)』教科指導のヒントとアイデア

量の単位について、1㎡と1㎤の実際の大きさを見せるなどの実感を伴った活動を導入として、単に暗記するのではなく、それぞれの接頭語は十進法を基につくられていることや…

2019/12/11

小学6年算数『量の単位(1)』教科指導のヒントとアイデア

「1か月に使う水の量」を表す単位であるkLの読み方を予想する活動を通して、これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、基本単位前につく「k(キロ)」などの…

2019/12/10

外国語アクティビティで使える「15分でできる英語ゲーム」2種

小学校五年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、繰り返し英語表現を使えるように、身近な食べ物や形を用いたり、コミュニケーションを楽しめるようにすごろく…

【小六国語】リフレクションを促す6ステップとそれを学びのルーティンにする工夫
小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させる…

2019/12/9

4年体育 キャッチソフトバレーボール

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

小学校低学年のぬりえ|クリスマス【プリントOK】

12月はツリーやサンタをモチーフとしたクリスマスの時期にぴったりなぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の…

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

もっと見る