• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学んだことが実践に結びつかない! 改善策はどうする? 

2019/7/9

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

相談するこどもたちのイメージ

講義法と集団決定法、どちらが実践に結びつく?

レヴィン(Lewin,K.)は「食習慣の変化に関する研究」で、次のような実験結果を報告しています。

13~17人からなる赤十字の6つの集団を対象に、「牛の内臓に関する食習慣の変化」について、講義法と集団決定法の比較を行いました。3つの集団には、牛の内臓の栄養的価値、経済性、料理法について詳細に「講義」し、残り3集団には、一般的な問題から入って同じテーマについて集団討議をした後に、「集団決定」を行いました。

1週間後に調査したところ、「講義を受けた集団の3%、集団決定では32%」が実際に牛の内臓を食生活に使用したということです。

この実験から明らかなように、学習を通して学んだ知識が実践として結びつきやすいのは、講義法より集団決定法であることがわかります。この視点は、まさに授業にも当てはまります。

講義法は、多くの知識を伝達するという点では効率のよい手法です。そして、学年が上がれば上がるほど、指導事項として教えなければならないことが多くなり、どうしても講義的な授業になってしまう傾向にあることは否めないという現状がみられます。しかし、教師の一方的な講義法による知識の伝達だけでは、実践に結びつく学習活動となりにくいことは、教師であれば誰もが感じていることだと思います。

ある学校の研修会で、養護教諭から次のような相談を受けました。

「外部指導者を招いたり、多種多様な資料を子どもたちに提示したりして、歯磨き指導の授業を行ってきたのですが、どうしても子どもたちの実践が継続されません」と。

そこで、次の三つの視点を授業に取り入れて、事後の実践まで根気強く指導してもらいました。

「①子どもたちが課題に対して集団思考ができる場面  ②自分なりの具体的な実践方法を自己決定できる場面 ③授業後に2週間程度、実践を毎日振り返り、自己評価できる場面」を設定するというものです。

この指導の結果、どの子も歯磨きへの意欲をもち、継続的に実践に取り組みました。ただし、実践を継続させるためには、実践後に新たな個々の課題を明確にし、具体的な行動目標を再設定することの必要性が取り上げられました。

イラスト/熊アート

効果的な集団思考を導く事前指導とは

授業の中で、上記のような集団決定法を活用する場面はそれほど多くはないと思います。しかし、その前提となる集団思考・集団討議の場面は、グループ学習などで多くみられます。特に、効果的な集団思考を導くグループ学習の実践については、単なる形式的な活発さに惑わされないようにすることが肝要です。

例えば、「①グループ内で進行係、記録係、発表係などの役割を明確にする ②全員が自分の考えを発表する場を設定する ③多様な意見、考え方を出し合 い、認め合う雰囲気を醸成する」などの視点での事前指導を行うことが求められます。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

授業記事一覧

小一算数 ペアワークで「子どもが教える」ことで定着する

学習の定着率を上げるためには「他の人に教える」ことが一番。(アメリカ国立訓練研究所が発表している「ラーニングピラミッド」という学習定着率を表す資料の中にあります…

小六の道徳とオリジナル教材「道しるべ」

山形県のある小学校で行われた佐藤幸司先生による六年生の道徳授業を紹介します。独自教材を使ったオリジナルの道徳授業には、学級経営にも生かせるヒントがたくさんありま…

2019/11/11

【ぬまっち流】海外への興味を駆り立てる!英語の実践アイディア

アメリカの大学院への留学経験がある、沼田晶弘先生(ぬまっち先生)に英語(外国語)と海外文化への興味を引き出す授業についてを教えていただきました。後編は、海外文化…

【指導計画】5年体育(器械運動)大きく・美しいマット運動!

マット運動は、技のポイントが明確であるため、掲示物や学習カードを工夫し、子供どうしが課題解決に向けて学び合う活動を充実させます。中学年までに取り組んできた、基本…

2019/11/2

【構造的板書】 算数「図形の面積」「プリント学習の時間」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「図形の面積」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都…

作文マイスター
言葉に敏感になり楽しく挑める作文の指導【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。今回は「作文マイスター」を育て…

2019/10/28

【先生のための学校】漢字つぶやき学習法

漢字学習を孤独な、個別な取り組みから、みんなで楽しくできる教室文化にするために、「漢字カルタ」の取り組みや『つぶやき漢字ドリル』の 取り組みを提案してきたのです…

2019/10/27

図形感覚と創造力を鍛える自由課題『大きさの異なるマスを作ろう』

準備やマル付けがいらない、ちょっとした空き時間にも使える課題。算数ノートのマス目を利用したアイディアをご紹介します。マス目に4個の点を打ち、それを結んで大きさの…

2019/10/27

【構造的板書】 国語「大造じいさんとガン」 「注文の多い料理店」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「大造じいさんとガン」「注文の多い料理店」をテーマに…

英語の実践アイディア前編
【ぬまっち流】英語の実践アイディア~前編~

日本に住みながら小学生が外国人と英語でコミュニケーションをとることは、簡単なことではありません。そんな環境の中で、英語や海外文化への興味を引き出すためにはどのよ…

もっと見る