小3国語「自分が知りたいことについて調べて、レポートに書いて伝えよう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「調べて書こう、私のレポート」(東京書籍 三年上)

指導事項:書くこと ア、ウ
言語活動:イ

執筆/香川大学教育学部附属坂出小学校教・尼子智悠
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、香川県公立小学校校長・川井文代

自分が知りたいことについて調べて、レポートに書いて伝えましょう

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、書くことを決めた後の相手や目的に応じて、書くうえで必要な事柄を調べる力を付けることや、書こうとすることの中心を明確にして、目的や必要に応じて理由や事例を挙げて書く力を付けることがねらいです。

②言語活動とその特徴

本単元では、自分が知りたいことについて調べてレポートの形式に書いてまとめ、友達に紹介する言語活動を位置付けます。レポートは、「題名」「自分が伝えたいと思った理由」「調べ方」「調べて分かったこと」「調べた感想」という形式で書きます。題名や伝えたいと思った理由を考えることで、自分が伝えたいことの中心を明確にできます。

また、調べ方や、調べて分かったこと、調べた感想を書くことで、書くうえで必要な事柄を考えて調べたり、目的や必要に応じて理由や事例を書いたりすることができます。

単元の展開(10時間扱い)

主な学習活動

第一次(①時)
① 自分が不思議に思ったことや気になったことを想起する。それをレポートにまとめて友達に伝える学習課題を設定し、学習の計画を立てる。
→アイデア1 主体的な学び


第二次(②~⑧時)
② 調べることを探し、どれを伝えるか決める。
③ 調べることをメモにまとめる。
→アイデア2 対話的な学び

④⑤ 調べる方法を選び、調べる。
⑥ レポートの組み立てを考える。
⑦⑧ 下書きをして推敲し、レポートを書く。
→アイデア3 深い学び


第三次(⑨~⑩時)
⑨⑩ お互いのレポートを読み合い、感想を伝え合う。

アイデア1 レポートのイメージを共有する

主体的な学び

子供にどのようなレポートをつくるかというイメージをもたせることが大切です。そのために、教師がつくったレポートは学習のねらいに沿ったものにすることはもちろん、写真やイラストなどを効果的に使い、子供がつくってみたいと思う魅力的なものにします。

教師がつくったレポート例

教師がつくったレポート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

アイデア2 「調べ方」の特徴を基に対話する

対話的な学び

子供が、必要な事柄を集めるときには、「観察する」「人に尋ねる」「本で調べる」などの方法から、目的に合った「調べ方」を選択させましょう。

そこで、実際に調べる前に、それぞれの方法にどのようなよさがあるのかを子供たちと一緒に考え、表などにまとめます。その表を基に、自分の調べ方が、調べたいことを調べるために適切かどうか、友達と話し合う場を設定します。

調べ方をまとめた表
クリックすると別ウィンドウで開きます

ぼくは、近くの工事現場ではどのような働く車が活躍しているかを調べたいな。だから、
①本で調べる
②自分で見に行く
③工事現場の人にインタビューする、の順で調べるよ。

「近くの工事現場にどのような働く車があるか」だから、まずは、実際に工事現場に見に行って、どんな車があるか調べることが必要なんじゃないかな。

アイデア3 書く観点の内容や順序について考える

深い学び
書く観点の内容や順序について考えます

題材にあった事柄を集めてきた後は、取り上げたものをそれぞれ同じ観点や順序で述べると、読み手にとって分かりやすいということを実感させることが大切です。

例えば、教科書にある例の部分の続きとして、あえて観点の順番を変えたものを教師が示して分かりにくさを実感させたり、観点を同じにするかどうかを考えたりするなど、どうすれば自分が伝えたいことが伝わるのか、読み手にとって読みやすいかを考えさせるようにしましょう。

教師がつくった例

(2)ホウセンカ
ホウセンカは、あまり花のにおいはしません。花の色は、赤やピンクで花びらは5まいでした。うさぎ小屋の近くにさいていました。

先生は、「調べて分かったこと」にホウセンカを加えて書いてみました。マリーゴールドから続けて読んでみて分かりやすく書けていますか。

マリーゴールドは、「咲いている場所」「色」「花びらの数」「におい」の順だけど、ホウセンカは「におい」「色」「花びらの数」「場所」で、観点は同じだけど順序が違います。同じ順序にしたほうが分かりやすいと思います。

ホウセンカは「におい」よりも、種がはじけてとぶという「触って分かること」のほうが特徴があって大事だと思います。だから、「におい」の代わりに、実を「触った感じ」を書いたほうが、様子がよく伝わるんじゃないかな。そろえる点と、そうでない点があってもいいと思います。

イラスト/やひろきよみ、横井智美

『教育技術 小三小四』2019年6月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号