小学校教師のための面白い自己紹介アイデア【動画】

連載
となりの陽子先生:現場で口頭伝承される技をミニ動画でみんなにシェア
関連タグ

東京都公立小学校教諭

佐々木陽子

小学校教師の第一印象はとても大切です。話術がなくても「面白い先生だなあ!」と思ってもらえる、自己紹介のアイデアをご紹介します。新一年生はもちろん、アレンジすることで様々な場面で使うことができる鉄板ワザ。「教育技術」記事でもおなじみ東京都公立小学校教諭・佐々木陽子先生が教えてくれました。

2分で見られるミニ動画!

イラストを描いたカードを準備して!

入学式が終わって、担任の先生から改めて子供たちに自己紹介をする際…

私の場合は、

イラストと名前入りカードを用意
イラストを描いた自己紹介カード

こんなカードを用意しています。

「ささきようこ」と、文字が書いてあるだけじゃ、味気ないですよね?

そこで、

かわいいイラストも一緒に!

かわいいイラストも一緒に描き入れておきます。

そして、子供たちと一緒に、読んでいきます。

「『さ・さ・き・よ・う・こ』先生といいまーす。」

イラストは何を描くのかといえば…

先生(自分)の好きなものをイラストにする!

名前の一文字ずつ、「先生(自分)が好きなもの」にします。

どんな風に自己紹介を展開していくのかというと…

例えば!

「ささき先生の『さ』」

さくらんぼ好きなんです!

「先生、さくらんぼが好きなんです!」

二つめの『さ』は…

サッカー

「先生、サッカーが好きなんです」

「『ささき』の『き』…」

金魚

「先生、金魚を飼っています」

このあたりまでくると、子供たちは口々に、

「私もさくらんぼ好き~!」

「僕、サッカーしてる!」、

などと言いながら、身をのりだしているはず。

イラストを入れておくことで、ただ名前を伝える自己紹介が、こんな風に楽しいものになるのです!

自分の名前の文字一つひとつを言いながら、

「『ささきようこ』の『こ』。先生、コマ回すのが得意なんだよ!」

そこで、最後にコマを回して見せてあげる、なんてできれば大盛り上がり。

子供たちは、

子供たちはすごくノリノリで、

ノリノリ!

この先生面白いなあ!

…この先生面白いなあ。先生、こういうのが得意なんだ~。

先生の好きなものや得意なことを知ることで、

初対面にして子供たちは、先生にとっても親近感を感じます。

そして、

共感できて心の距離が縮まる!

子供たちとの距離がどんどん縮まっていきます。

ぜひ、皆さんもイラストを描いたこのカードを作って、自己紹介をしてみてください!


佐々木陽子先生プロフィール写真
佐々木陽子先生

小学校教諭。著書に『クラスがまとまる!小学1年生学級づくりのコツ』(ナツメ社)、『子どもの心をガッチリつかむ!とっておきの教室トーク&学級経営ネタ60』(明治図書出版)ほか。一児の母。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号