• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

「小5の僕たちにとって雪景色は異世界体験だった」はたこうしろうさん(絵本作家)

2019/12/15

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに、小学生の頃の思い出を綴っていただきます。今回は、2020年1月号のイラストを担当していただいたはたこうしろうさんです。

教育技術2020年1月号表紙は、はたこうしろう氏のイラスト
『教育技術』1月号の表紙

小五の冬、雪の降った日

学生時代、大阪の北部で育ったせいで雪遊びとはほとんど無縁だった。一年生のとき、学校の階段の踊り場に、きれいな写真入りで「雪国のくらし」を紹介する壁新聞のようなものが貼り出されていて、僕は一瞬でくぎ付けになってしまった。「雪国っちゅう国は、年中雪が積もってるんやなぁ。なんちゅう、ええ国なんやろ! いつか、雪国へ行って思いっきり雪遊びがしたい」と、そこを通るたび、憧れをもって長い時間、写真を眺めていたことを思い出す。もちろんその記事は、日本海側のどこかの豪雪地帯のことで外国のことではないのだが、当時の僕は「雪国」という国家があるのだと信じていた。しかし、一方で「日本ぽい感じやなぁ。日本の隣ぐらいにあるんかなぁ」とも思っていた。

はたこうしろう小学一年生
小学1年生のはたさん。通っていた小学校は、1学年12 クラスのマンモス校。

そんな、雪の降らない大阪なのだが、小学五年の冬に一度だけ5センチほど積もったことがあり、そのときの、地域の小学生たちの興奮のボルテージは爆発的だった。雪だるまが泥だるまになっても、雪合戦が泥合戦になろうとも、僕たちは茶色い泥混じりの雪玉で遊んだ。僕たちにとって雪景色は非日常であり異世界体験なのである。

大学卒業制作の搬入日に大雪

1月号表紙のイラスト

その感覚はいつまでもあって、京都での大学時代、卒業制作の搬入日に大雪が降り、みんなが搬入に苦慮する中、のんきに雪だるまを作る女子たちがいた。

ちょっとうらやましくて近寄ってみると、全員大阪出身者である。中でも夢中でせっせと手を動かしていたのが、今の嫁さんである。

はたこうしろう
兵庫生まれ、大阪育ち。絵本作家、イラストレーター。絵本に「ショコラちゃん」シリーズ(講談社)、『ことりのゆうびんやさん』(福音館書店)、『なつのいちにち』(偕成社)、『むしとりにいこうよ!』(ほるぷ出版)、『雪のかえりみち』(岩崎書店)、『はじめてのオーケストラ』(小学館)など。妻は、絵本作家、漫画家のおーなり由子さん。
はたさんのHP  http://www.koshirohata.net/

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『先生の教養』の記事一覧

前田裕二
メモの達人が伝授!子供の学びを加速する効果的なメモの使い方

誰でも簡単に生配信できる仮想ライブ空間サービス「SHOWROOM」を生み出した前田裕二氏。自他ともに認める「メモ魔」であり、著書『メモの魔力』(幻冬舎)は大ヒッ…

横浜国立大学教職大学院・名執教授
これからの特別支援教育に向けた教師の心がけとは

学習指導要領の改訂を受けて、教師は特別支援教育についてどのように考え、指導に生かしていく必要があるのでしょうか。特別支援学校の校長を務めた経験をもち、インクルー…

「子どものころのたからもの」大野八生さん(絵本作家)

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに…

2020/1/17

2019年11月学級イラストダウロード
学級通信に!教室掲示に!学級イラストダウンロード 教育技術小五小六2月号読者限定

学級通信や掲示物を飾る「教育技術小五・小六」の読者限定でオリジナルイラストをダウンロードできます。学級活動に限りご自由にお使いいただけます。

「キレる年寄り」にキレない技術…学校・家庭で使えるアンガーマネジメントとは

高齢化社会が進む中でも、多様な年齢層の人たちとよりよい関係を築きながら暮らしていきたいものです。しかし現実は、世代間ギャップからの相互理解の難しさを通してトゲト…

2020/1/15

Society5.0の時代に向けて学校教育は今、変革期を迎えている

最近、あちこちで使われているSociety5.0という言葉。未来社会を意味するこの言葉は、実は学校教育に深くかかわってくるキーワードであり、学校教育は今、変革を…

2020/1/14

休み明け児童の異変に「虐待かも」と感じたらすぐすべきこと

休み明け、元気がない、提出物が出されない、体に傷がある・・・など、「虐待かもしれない」と疑いを持ったときに、担任はどうしたらよいのでしょうか? 専門家に、担任と…

チームとしての学校:保護者との関係づくりの要諦とは?

これからの学校の在り方として示されている「チームとしての学校」、そして新学習指導要領の理念である「社会に開かれた教育課程」を実現していくには、家庭や地域社会との…

2019/12/19

犯罪から子どもたちを守る!学級担任のための防犯指導のイロハ

各地の小学校で起こり続ける事件や事故。もし万が一自らの学校に降りかかった場合、学級担任はどのような対応をすべきなのか。ここでは、防犯のポイントについて具体的に解…

2019/12/16

「小5の僕たちにとって雪景色は異世界体験だった」はたこうしろうさん(絵本作家)

雑誌『教育技術 小一小二/小三小四/小五小六』では、月替わりで人気の高い絵本作家に表紙用のイラストの作画をお願いしています。本コーナーでは、その絵本作家さんに、…

2019/12/15

もっと見る