小5体育「水泳運動」指導のポイント

関連タグ

執筆/新潟県公立小学校教諭・神子島強
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、新潟県公立小学校校長
・長谷川智

小5体育「水泳運動」指導のポイント

授業づくりのポイント

友達と関わり合って、続けて、長く、泳ごう!

子供たちは四年生までに、呼吸をしながらのばた足泳ぎやかえる足泳ぎなどを学習しています。高学年の2年間で、クロールや平泳ぎの技能を身に付け、できるようになったら続けて長く泳いだり、泳ぐ距離や泳ぐ時間を伸ばしたりしていくことが大切です。

授業のポイントは、自分の課題を見付け、その課題の解決の仕方を考えていきます。そのためにペア学習やグループ学習を取り入れて、友達同士で教え合いながら進めていきましょう。また、水泳は生命に関わることから、安全の心得については必ず指導しましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)
クリックすると別ウィンドウで開きます

※五年生では、クロールを中心にした授業展開を紹介します。

楽しむ① クロールの基本を、楽しみながら学ぼう

クラスの中における水泳の技能差は様々です。まずは、みんなができる運動から行っていきましょう。

ウォーミングアップでは、水の中で体を動かす感覚をつかめるように、もぐったり浮いたりする運動や、け伸びやばた足で進む運動から入り、「楽しい!」「できる!」感じをつかむようにします。そこからクロールで一番つまずきやすい「呼吸動作」を中心に、学習を進めていきます。

ペア学習やグループ学習で、お互いに見合ったり、教え合ったりしながら技能の向上を目指します。

ウォーミングアップ

け伸び

け伸び

全ての泳ぎの基本はけ伸びです。水にもぐり、脚を床から離し両足裏を壁に付け、あごを引いて両腕で両耳をはさみ、力強く壁を蹴って体を一直線に伸ばして水中を進みます。
ペアの友達に水中姿勢を見てもらったり、目標地点に立ってもらったりするとよいでしょう。


壁持ちばた足

1,2、パッ、4!

肘を伸ばして上下で壁を押さえ、体を伸ばしてばた足をします。ペアの友達が上から「1、2、パッ、4」と声をかけ、「パッ」で呼吸をします。


ビート板ばた足

1,2、パッ、4!

ビート板に手を乗せて、ばた足をします。ペアの友達の「1、2、パッ、4」のかけ声に合わせて、呼吸をしながら進みます。


面かぶりクロール

面かぶりクロール

腕を左右交互に前に伸ばして、しっかり後ろまで水をかきます。片方の手がもう片方の手に付いたらかきはじめるようにし、け伸びの姿勢を保ちながら泳ぎます。

呼吸動作を身に付けよう

手タッチクロールで安心クロール

「顔をあげすぎないようにね」

ペアの友達の手を支えに、ばた足をしながら腕をかきます。仲間の手伝いがあれば、安心して長く泳ぐことができます。


ビート板を使った片腕クロール

「斜め後ろで見る感じで、呼吸してみよう」

片手でビート板を持ち、もう片方の腕は体に添えるようにして伸ばし、耳を腕につけながら呼吸します。ペアにビート板を傾けてもらうと、頭を上げずに呼吸ができます。


腕のかきを入れたビート板クロール

「ビート板を持っている腕は、まっすぐ伸ばそう」

腕をももまで真っ直ぐにかき、1回ごとに前でそろえます。ペアの友達の声に合わせ、呼吸のタイミングをつかむようにしましょう。

楽しむ② 長く泳ぐ泳ぎ方を身に付けよう

単元後半は、続けて長く泳ぐためにストローク長の伸長に目を向けるようにしましょう。

グループで一定のストローク数で進んだ距離を計測したり、一定の距離を泳ぐのに要するストローク数を数えたりします。グループ間で競争するルールを設けるとよいでしょう。その際、泳ぐ順番がくるまで待機している子供は、キックやプル、コンビネーションなど、それぞれの技術ポイントの観察役をローテーションで行い、互いにアドバイスをするようにしましょう。

また、高まった力でどれだけ続けて泳ぐことができたか、チャレンジする場を設定し、自己の伸びが実感できるようにしましょう。ここでも同じ課題をもつ子供同士のバディシステムなどを使い、教え合いながら課題解決に取り組むようにしましょう。

4ストローク長で競うチーム戦をしよう

「キックはいい感じ!」「遠くの水をつかむ感じで、泳ごう!」「4ストロークで、13m泳げたよ。すごいね!」
4ストローク長で競うチーム戦をしよう

勝ったチームと負けたチームを入れ替えると、勝敗が拮抗し、盛り上がります。

今できる泳ぎ方で、続けて長く泳ごう

「指先から入れて、肘から出すといいよ」「もっと、ストロークを減らしてみよう」「腕は伸ばしたまま、呼吸をするといいよ」

基本的な泳ぎが身に付いている子供には、泳いだ距離に加えて、タイムを計るなどの工夫をしましょう。

安全確保につながる運動

単元の最後には、「安全確保につながる運動」を行いましょう。海や川などの水難事故に備えて、下の浮き方のような安定した呼吸の確保を目指します。

ラッコ浮き

ビート板やペットボトルをおへそに付けて、浮いてみよう。

背浮き

視線は上に。おへそを突き出す感じで、力を抜いてみよう。

だるま浮きからの浮き沈み

浮いてくるタイミングで、呼吸をしてみよう。

イラスト/みながわこう、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号