筆算や単位の計算の理解に役立つノートの使い方とは【ノート指導2】

連載
ノート指導早わかり
関連タグ

中学年の算数でつまずきやすい、かけ算の筆算や単位の計算の理解に役立つノートの使い方を伝授! 「ノート指導」についてよくわかるシリーズの第2回です。

執筆/北岡隆行

筆算が書かれたノート

かけ算の筆算をわかりやすく

かけ算の筆算では、位取りを間違える子がたくさんいます。黒板に位取りの線を引いて指導しても、効果があまりでません。子どもは、とにかく速く書きたいと思って雑に書いてしまい、間違うのです。

そこで、ノートを使っての効果的な指導法を紹介しましょう。

かけ算には縦罫のノートを使います。横罫だったら、下のように90度回転させます。

横軸のノートを90度回転させる

約束は2つです。

①線と線の間に入る数は1つだけ。
②かける数の真下に○をつける。(答えの書き始めを意識させるため)

かける数の真下に鉛筆で薄く丸を書く
こう書けるようになります
ノートに筆算の練習をする子

単位の計算もらくらくに

もう一つ、とっておきの技を紹介します。

1㎞は?m、1mLがいくつで1L……と、単位の計算は考えるだけでうんざりという子がたくさんいます。0がやたらとつくのに閉口してしまうのです。

そこで、単位の計算にうんざりしない秘伝を紹介しましょう。工夫すれば、中学生まで使えます。横罫のノートなら、90度回して見ると簡単にできます。

覚え方は簡単。パスワードを覚え、唱えるだけです。

パスワードは、長さなら右から「1・2・3」、面積は「2・4・6」、体積は「3・6・9」。

やってみましょう。

横罫のノートを90度回すと、下のようになります。

横罫のノートを90 度まわす

右から左へ1本横線を引きます。

右から左へ1本横線を引く

右端に始まりの線を引きます。

右端に始まりの線を引く

「パスワードは1・2・3」
右端から1つめのところに区切りの線をつけます。

右端から1 つめのところに区切りの線をつける

同様にして、2とびで1本、3とびで1本引きます。

2とびで1本、3とびで1本引く

区切り線の下に右から順番に単位を書きます。

「30㎞は?㎝」の問題なら、

「30 ㎞は?㎝」の問題を解いた図

30㎞ = 3000000㎝

になります。

「30㎝は?㎞」の問題なら、

「30 ㎝は?㎞」の問題を解いた図

30㎝ = 0.0003㎞

になります。

同じ要領で面積は「2・4・6」、体積は「3・6・9」のパスワードでできます。間にaやLを入れるとできあがり。

横罫のノートは、単位換算のときにも便利です。

「パスワード」を活用して単位の計算をしている子

イラスト/相澤るつ子

「COMPACT64 ノート指導 早わかり」より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
ノート指導早わかり
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号