理解に差がでる!「矢印」の効果的な使い方【ノート指導13】

連載
ノート指導早わかり
関連タグ

何気なく使っている「矢印」を意識して活用すれば、子どもの理解に差が出ます! 意味を考えた「矢印」の使い方のお話です。

執筆/北岡隆行

2人の子ども

矢印の3つの役割

矢印は、

①時間の流れを意味する
②原因と結果の流れを示す
③関連づける

の3つの意味づけができます。

時間の流れを意味する矢印

「時」を表す言葉を抜き出して、矢印でつなげるとわかりやすくなります。たとえば、「ごんぎつね」でいうと、これが何日間の話かを考えるとき、

「ごんぎつね」は何日間の話かを考える

と結びつけると、全体がわかりやすくなります。この間に、( )のように「誰が、どうした。」の文を入れたり、絵を加えると物語のあらすじが見えてきます。

原因と結果の流れを示す矢印

「レストランスクリプト」を知っていますか? レストランに入った「原因」とチップをはずんだ「結果」の文だけがあり、その間の「飛躍」をうめるというもので、「どうして、そうなったの?」ということを矢印から導き出すというものです。

レストランスクリプト
ウェイター

たとえば、

・レストラン自体が気に入ったのかもしれない。

・料理がおいしかったのかもしれない。

・ウエイターのサービスがよかったのかもしれない。

・もしかすると、レストランで打ち合わせをしてうまくいき、気持ちがよくなったのかもしれない。

などが、そうなった理由として考えられます。

よい教材があります。

「小犬はボールをとってきた」(  )→「お母さんにしかられた」
ボールを取ってきた犬

これを板書したうえで、「『小犬はボールをとってきた』それなのに『お母さんにしかられた』。なぜだと思う?」と聞き、(飛躍)を埋めるように考えさせました。

▶なんでも落ちているものを拾ってくる小犬なんじゃないかな。

▶テレビでやっているみたいに、おつかいを頼まれた犬じゃないかな。それなのに、ボールをとってきたから、しかられた。

「なるほど、そんなわけがあったんだ。」

ここで、「小犬は〜(原因)」と「お母さん〜(結果)」を矢印で結びつけました。それで子どもは次のような作文を書いたのです。

子どもが書いた作文

関連づける矢印

「三年とうげ」(光村3年上)に、そこで転んだら3年しか生きられないとうげが出てきます。

「主人公のおじいさんは、この言い伝えを信じていたのだろうか?」と問いかけると、全員が信じていたと答えました。「それなら、信じていたという証拠の言葉を書いてごらん。」と言って書かせました。

「気をつけて」と書いてあるのは、「転んだら大変だと思うから」と発表がありました。一つの言葉から考えたことです。ここで、①のように言葉と子どもの考えをつなげる矢印をつけます。

「三年とうげ」の板書

よりよい考えは複数の言葉を関連づけながら考えることです。

たとえば、

「『ごはんを食べずに』いたのは、こわくて『がたがたふるえていた』。そのことばかり考えていたから『病気になって』、だから、ご飯がのどを通らなかったんだよ」と言ったら、②のように言葉と言葉を矢印で結びつけるのです。

より深く、心情をとらえるようになります。


イラスト/相澤るつ子

「COMPACT64 ノート指導 早わかり」より

【関連記事】
ノート指導早わかりシリーズはこちら!
・理解に差がでる!「矢印」の効果的な使い方【ノート指導13】
・考えを広げて整理できる「メモ」のとり方とは【ノート指導12】
・子どもの行動力が高まる「日記」の指導アイデア【ノート指導11】
・「書く」ことで自分の考えを深めていく授業とは【ノート指導10】
・自分の考えをつくる! 箇条書きの効用【ノート指導9】
・書く力を伸ばせる!連絡ノートを使った指導法【ノート指導8】
・視写で文章の組み立てをつかむ【ノート指導7】
・考えをはっきりさせるには「なぞる」「描く」【ノート指導5】
・書くときのきまりが身につく視写ノート【ノート指導4】
・全員が正しく速く書けるようになる視写の方法【ノート指導3】
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
ノート指導早わかり
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号