• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

菊池省三の教師力UP道場:子どもの可能性を引き出す「あおり力」とは

2020/3/23

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、ラビ子・ツネ夫・タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝授するお話。第4回は、子どもたちの意欲を高める「あおり力」についての講義です。

監修/菊池省三

きくち・しょうぞう。959年愛知県生まれ。2014年度まで福岡県北九州市の小学校教諭を務め、退職。現在、教育実践研究サークル「菊池道場」主催、高知県いの町教育特使、教育実践研究家。『菊池省三の学級づくり方程式』(小学館)ほか著書多数。

ラビ子とツネ夫とタヌ吉

「スモールステップで学ぶ 授業ライブ力」とは!?

みなさんは、今の授業に満足していますか?
大学や初任者研修などで学んだ教育技術だけでは不十分だと感じたことはありませんか?
もっと子どもたちを引きつける充実した授業をつくりたいと思いませんか?
ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹も、そんな思いをもっている教師のタマゴたちです。

この連載は、3匹が「森の大学」の伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生のもとで、大学では学びきれなかった「生きた授業技術」を悪戦苦闘しながら学んでいくお話です。

ショーゾー先生とラビ子
ツネ夫とタヌ吉

温かい気持ちで挑発!〜子どもの可能性を引き出す「あおり力」

ライブ力=(事前準備+教室の空気を読む力+子供を引き出す力)× 教師の人間性

ライブ力の図
鐘

キ~ンコ~ンカ~ンコ~ン

ショーゾー先生

さてと、本日の「授業ライブ力」の講義を始めるぞい。

ラビ子

先生!

ショーゾー先生

なんじゃい、ラビ子?

ラビ笑顔

「森の日曜学校」で、前回習った「10秒間で子どもをぐっとつかむ構成力」に挑戦してみたら、とってもうまくいきました!

ショーゾー先生

ほう、どんな様子だったんじゃ?

ラビ子

はい。教室が少しざわざわしていたので、黙って黒板に「やる気」と書いてみたんです。そうしたら、子どもたちが「なんだなんだ!?」ってパッと集中したんです。

ショーゾー先生

それはよかったのう。

ツネ夫

先生!

ショーゾー先生

なんじゃい、ツネ夫?

ツネ夫

タヌ吉も挑戦してみたのですが、うまくいきませんでした〜。

ショーゾー先生

どんな様子だったんじゃ?

ツネ夫

自分が小学四年生の頃の写真を見せたら、「ヘンな顔ーっ!!」って、違う方向で盛り上がっちゃって、授業にならなかったんですよ。

タヌ吉

「ヘンな」じゃなくて、「かわいい」だったよ!

ショーゾー先生

まだこの講義の極意をきちんとつかんどらんようじゃの。まあ、いいわい。

さあ、今日の講義「あおり力」に入るぞい。「あおり力」というのは、子どもたちのやる気を出させるために、意図的に挑発したり、適度な負荷を与えたりして、具体的な目標を与えて、意欲的に活動させる力じゃ。子どもたちの可能性を信じて行うパフォーマンス技術といえようぞ。

具体的に4つの方法を紹介しようかの。まず1つめ「〜した人から席に戻りましょう」じゃ。 手をあげた子どもを指名するだけでは、緊張感もなく授業がダレてしまう。そこでときどき、『○班の人は前に出ましょう』と指示するのじゃ。前に出てきた ら、教壇に腰かけさせて『発表した人から席にもどりましょう』と声をかける。つまり、順番を決めないで、「早い者勝ち」とするのじゃ。

ツネ夫

「早い者勝ち」ですか?

ショーゾー先生

そうじゃ。ただし、子どもたちを追い立てるのではなく、「楽しさ」が感じられるようにするのが大切じゃぞ。『最後になると少し恥ずかしいよね』などと、 ユーモアたっぷりに「あおり」を入れるのがポイントじゃ。「どの子も必ず発表できる」と子どもを信じる教師のやさしさが大切じゃ。

ラビ子

なるほど〜。

ショーゾー先生

子どもたちは、最後になりたくないので考えを早くまとめたり、書いたノートを早く読もうする。先を争って立ち上がり、発表しようとする。次々と発表した子が、教室前から自分の座席に帰っていく。……すると、授業の中に緊張感が生まれてくるのじゃ。

タヌ吉

最後に残っちゃうのはつらいなあ。

ショーゾー先生

もちろん、最後になった子どもにもフォローが大切じゃ。「さすがですね。最後になっても落ち着いていいことを話しました」「前の友だちと違う考えがよかったですね。○○くんらしい発表でした」などと言ってほめてあげるひと言を忘れずにの。

この方法が定着すると、「今日1日でがんばったことを○班の人、前に出て話しなさい」「各グループの班長は前に出て、今話し合ったことを話しなさい」というように、いろんな場面で使えるようになるぞい。授業や活動にリズムとテンポが出てくるのじゃ。
自分から発表する、「恥ずかしい」「どうしよう」といったマイナスの気持ちがなくなるという効果もあるんじゃ。

3匹きょとん顔

ふーん。

ショーゾー先生

2つめは、「早く○○をしたい人?」。子どもを「やさしく」急がせる方法じゃよ。たとえば、「このクラスのよいところを3つノートに書きなさい」と指示した後に、机間指導の中で、「3つめを書いている人?」(何人かが挙手)「2つめを書いている人?」(多くの子が挙手)と声をかけてみる。当然、2つめも書けていない子はあせるじゃろう。「次は、1個しか書けていない自分の番だ、恥ずかしいな」と感じているはずじゃ。そこで、 「早く3つを書きたい人?」と聞くんじゃ。

これなら、後ろめたさを感じることなく手をあげることができるじゃろう。教室の中に安心感とやる気が出てくるし、なにより、どの子も笑顔になって、ホッとした雰囲気が教室の中に一気に出てくるんじゃ。もちろん書くスピードもアップじゃ。

タヌ吉

ツネ夫なんか、いつもイヤミばかり言っちゃうから、この方法は役立つよ、きっと。

怒っているツネ夫

うるさいなあ、余計なお世話だよ!

ショーゾー先生

これこれ、次に行くぞい。4つめは、「では始めます。○分です。スタート!」じゃ。集中して作業をさせたいときに使うといいの。○分という数字は、子どもの具体的な達成目標となる。ストップウォッチを片手にこの指示をすると、特に効果は大きいのじゃ。教室の中が鉛筆の動く音だけになるぞい。

ツネ夫

これって、よくある方法ですよね〜?

ショーゾー先生

そうじゃよ。よくある方法じゃが、もう少しひねりを加えるんじゃ。たとえば、内容によっては、子どもと話し合って時間を決めてもいいの。そこで、ユーモアを1つプラスするんじゃ。

子どもが、5分ぐらいほしい」と言ったら、「わかった。では、3分!」というように、子どもの要求よりも短くすることがポイントじゃ。子どもたちは、「えーっ!!」と言いながらも、パッとノートに向かって書き始める。最初は「先生ずるーい!!」「無理だよ〜」と大騒ぎになるが、すぐに笑顔で鉛筆を動かし始める。それだけ子どもは集中するんじゃよ。

ラビ子

わあ、おもしろそう。子どもと教師のかけあいが目に浮かぶようです。さっそく、次の「森の日曜学校」でやってみようっと!

ツネ夫

ぼくもやってみるかな!

タヌ吉

え? 2 人とももう理解しちゃったの?

ツネ夫

タヌ吉の場合は、あおられちゃうかもね。

3匹

(爆笑)

前へ<< ● >>次へ

構成:関原美和 イラスト:柴田亜樹子

「小四教育技術」2007年9月号~2009年3月号に掲載した記事を再録。

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

小6理科「燃焼の仕組み」指導アイデア

小6理科「燃焼の仕組み」の指導アイデアです。空気の変化に着目して、物の燃え方を多面的に調べる活動を通して、燃焼の仕組みについての理解を図り、観察、実験などに関す…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの力を伸ばせるノートチェック力5つのポイント

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小5理科「雲と天気の変化」指導アイデア

小5理科「雲と天気の変化」の指導アイデアです。雲の量や動きに着目し、それらと天気の変化とを関係付け、天気の変化の仕方を調べる活動を通して、それらについての理解を…

菊池省三の教師力UP道場:子どもの心をつかむ教師のリアクション具体例

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

菊池省三の教師力UP道場:教師のリアクション8つのポイント

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

学ぶ意欲を刺激する!小1「授業開きアイデア」

学級開きが終わったら、次にやってくるのが「授業開き」。好奇心旺盛な低学年の子供たち、最初の授業で心をつかみ、学びに向かう姿勢をつくりたいものです。学ぶ意欲を刺激…

学校再開の授業アイデア:モジュール授業と聞く指導【新型コロナ対策】

学校再開に際し、授業をどのように作るかも課題になっています。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、対話や活動を授業のメインにできなくなる中、いかに楽しい学び…

小3理科「しぜんのかんさつをしよう」指導アイデア

小3理科「しぜんのかんさつをしよう」の指導アイデアです。身の回りの生物について調べる活動を通して、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主に差異点や共…

菊池省三の教師力UP道場:子どもを「ほめる」7つの極意

ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3 匹の教師のタマゴたちが、伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生のもとで「生きた授業技術」を学んでいく連載の…

小5社会「国土の広がり」指導アイデア

小5社会「国土の広がり」指導アイデアです。地図帳などで見慣れている位置に日本が描かれていない複数の地図を用いて、既存の知識とのずれを生み出し、主体的に調べる意欲…

もっと見る