• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

菊池省三の教師力UP道場:教師のリアクション8つのポイント

2020/4/4

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝授するお話の第16回。 授業を活性化させる「リアクション力」は、どうすれば発揮できるのでしょうか?

監修/菊池省三

きくち・しょうぞう。1959年愛知県生まれ。2014年度まで福岡県北九州市の小学校教諭を務め、退職。現在、教育実践研究サークル「菊池道場」主催、高知県いの町教育特使、教育実践研究家。『菊池省三の学級づくり方程式』(小学館)ほか著書多数。

いいリアクションで会話する2人

スモールステップで学ぶ「授業ライブ力」とは!?

みなさんは、今の授業に満足していますか?
大学や初任者研修などで学んだ教育技術だけでは不十分だと感じたことはありませんか?
もっと子どもたちを引きつける充実した授業をつくりたいと思いませんか?
ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹も、そんな思いをもっている教師のタマゴたちです。
この連載は、3匹が「森の大学」の伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生のもとで、大学では学びきれなかった「生きた授業技術」を悪戦苦闘しながら学んでいくお話です。

ショーゾー先生

ショーゾー先生
授業ライブ力の達人

若き日のショーゾー先生

若き日のショーゾー先生
授業ビデオの中に出てくる若き日のショーゾー先生

ラビ子

ラビ子
まじめゆえに、自分のっじっせんに自信がもてないのが悩み

ツネ夫

ツネ夫
頭はキレるが、自分の意見を押しつけ過ぎることも

タヌ吉

タヌ吉
努力不足のため、せっかくのヒラメキが充分活かせない

ライブ力の図

【マネジメント力】
スピードアップ力・発問力・指示力・素材活用力(教材開発力)・ノートチェック力・15分ワンセット構成力・15分×3で1時間授業を構成力

【トーク力】
コメント力・つなぎ力・誤答活用力・すかし力・ボケ力(間力)・ツッコミ力・短文力

【パフォーマンス力】
リアクション力・机間指導力・授業中の生徒指導力・ユーモア力・あおり力・マイナスをプラス化力

【つかみ力】
最初の10秒間構成力・資料掲示力・黒板活用力・ポジション力・選択肢設定力・小物活用力

トーク番組から学ぶ「楽しい教室」づくりーリアクション力(1)

ツネ夫が授業をしている様子
問題を解答するニャン子
答える子どもたち
「ペン太さんの正解です」とツネ夫先生
ツネ夫先生の授業の終わりの挨拶
チャイム
研究授業が終わってショーゾー先生に講評を請うツネ夫
「ふむ」とショーゾー先生
子どもたちの願いについて話すショーゾー先生
先ほどの授業では正解以外を答えた子に何の反応も示さなかったと伝えるショーゾー先生
これでは授業が「重たく」なってしまう、とショーゾー先生
そこで効果的なのが「リアクション力」
「リアクション力を発揮するときの心構え」(1/2)
クリックすると別ウィンドウで開きます
「リアクション力を発揮するときの心構え」(2/2)
クリックすると別ウィンドウで開きます
どんな時に発揮すればいいかと聞くツネ夫
「リアクション力」を発揮すべき場面はどんな時か話すショーゾー先生
「テレビのトーク番組を見ながら考えてみるかの」、とVTRのスイッチを入れるショーゾー先生
相手の話を受け入れて相づちを打っている様子
否定せず受け入れてリアクションをすること、とショーゾー先生
最後まで話を聞き逃さない様子
話を聞き逃したり遮ると上手なリアクションができない、とショーゾー先生
爆笑している様子
会話の相手が次の話を話しだしたらすぐに反応する様子
リアクションできる体勢でいることに相手への思いやりが出ている、とショーゾー先生
少々脱線した話を繰り出す様子
話をずらすことで会話にはずみがつく、とショーゾー先生
相手に共感する様子
共通点をつくると会話がスムーズに運ぶ、とショーゾー先生
「緊張しちゃって直立不動になっちゃったの」と話す様子
「電柱とまちがえてセミがとまったんやね」と反応する様子
大げさに会話を広げたり例えたりして相手の言葉を引き出す、とショーゾー先生
ライブ授業力第16回_32
ライブ授業力第16回_33
相手の言葉をくり返す様子
相手の言葉をくり返すことで安心感を与える、とショーゾー先生
「リアクションのポイント」極意その1~3
クリックすると別ウィンドウで開きます
「リアクションのポイント」極意その4~8
クリックすると別ウィンドウで開きます
授業はデートの場面と同じように、とショーゾー先生
終わりの挨拶

前へ<< ● >>次へ

構成:関原美和 イラスト:柴田亜樹子

「小四教育技術」2007年9月号~2009年3月号に掲載した記事を再録

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

小1生活「おおきくなあれ わたしのおはな」指導アイデア

小1生活「おおきくなあれわたしのおはな」の指導アイデアです。子供たちが入学前の経験や他学年や教職員のアドバイス生かしながら、あさがおを栽培、観察活動をしていく単…

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」指導のポイント

小6体育「陸上運動(走り高跳び)」の指導のポイントです。走り高跳びは、リズミカルな助走から力強く踏み切って跳び、記録に挑戦したり、相手と競争したりする楽しさや喜…

小3算数「表とぼうグラフ」 指導アイデア

小3算数「表とぼうグラフ」 指導アイデアです。数値の大きい項目を棒グラフに表す場合について、1目盛りの数を変えたグラフを見比べ検討する活動を通してそれぞれの…

小6国語「本は友達」指導アイデア

小6国語「本は友達」の指導計画です。これまでに国語の学習を通して読んできた文章とは異なるジャンルの本を多読し、お気に入りを見つけ、紹介し合う言語活動を通して、読…

3観点の趣旨を共通理解し、子どもの学習改善につながる評価を

新学習指導要領の下で、学習評価はどう変わるのでしょうか。基本的な考え方や具体的な改善の方向性について、中央教育審議会の評価に関する議論に主査として関わった東京大…

2020/5/26

小4社会「ごみの処理と再利用」指導アイデア

小4社会「ごみの処理と再利用」の指導アイデアです。ごみを処理する事業について、処理の仕組みや再利用について調べ、その事業が果たす役割を考えていきます。ごみを処理…

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデア

小4算数「四角形を調べよう」指導アイデアです。四角形を分類する活動を通して、台形と平行四辺形の意味を理解します。

カリスマ教師ぬまっちが休校中にしていること、子供に出した課題とは?

新型コロナウイルスの影響で休校が長引いている学校が多い中、子供たちの学びを止めないために、試行錯誤を重ねている学校も多いと思います。
子供の自主性を伸ばす教育…

小6理科「植物の養分と水の通り道」指導アイデア

生活経験を基に、植物の体のつくりと働きについて問題を見いだし、既習の知識と関連づけながら、自然の事物・現象について理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付…

音読指導どうする?ウィズコロナの国語授業のつくり方

新型コロナ対策で、音読や交流活動に制限がある中、国語の授業をどのようにつくるべきか? 長年音読活動を重視して教育を行ってきた佐藤隆史先生が、このコロナ禍の中でで…

もっと見る