• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

小学算数「構造的板書」の工夫とコツ(分数のたし算/ひき算)

2019/9/23

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「分数のたし算」「分数のひき算」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都教育大学附属桃山小学校教諭)に、 前時の学習とのつながりを意識させ、理解を深めるようにするための構造的板書について解説していただきます。

樋口万太郎先生
樋口万太郎先生 撮影/水本克美(桑島写真スタジオ)

算数スキル1:考え方を並列に並べる

★分数のたし算

異分母分数のたし算の計算の仕方について考える時間です。

「 [MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]+[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH]」の問題を提示し、

分母同士をたします。2 + 3 は?

5

分子同士をたします。1 + 1 は?

2

ということは、 [MATH]\(\frac{1}{2}\)[/MATH]+[MATH]\(\frac{1}{3}\)[/MATH] = [MATH]\(\frac{2}{5}\)[/MATH] だね

え!?  違うよ!?

どうして [MATH]\(\frac{2}{5}\)[/MATH] ではないの? じゃあ、考えてみよう

授業冒頭、このように子供たちに問いかけます。どの子もこれらの会話の中で、この答えが違うことに気づきます。そこで、 [MATH]\(\frac{2}{5}\)[/MATH] ではない理由について考える時間を取ります。子供たちからはこれまでの学習により、「図から考える」「分数から小数に直して考える」「四年生で学習した同分母分数の学習を元に考える」などといった考え方が出てくることでしょう。

Zの法則・Fの法則を意識する(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

この時、なかなか考えることが難しい子は、教科書やこれまでのノートを元に考えさせます(前時までに約分や通分について学習しています)。

視線の法則で、Zの法則Fの法則というのがあります。

Zの法則とは、紙やコンビニの棚などを見る際に、左上 → 右 → 左下 → 右と「Z」の順番に視線を動かすという法則のことです。Fの法則とは、左上 → 右 → 最初に見た左上 → 少し下 → 右と「F」の順番に視線を動かす法則です。

全体を見渡すときには「Z」の動きをすることが多く、全体の構成を把握した後は、お目当ての情報を探すために「F」の動きをすることが多いそうです。

そういった視線の法則にも当てはまるように、出てきた考え方を上の板書例の下半分のように並列で書いていきます。多様な意見や考え方が出てくるときには、並列で書くことで、

分類・比較・関連づけしやすい

という効果があります。

考え方を共有した後は、正しい計算の仕方について考えていきます。このときには、「どうして [MATH]\(\frac{2}{5}\)[/MATH] ではないのか」で考えた考え方を使うことができるので、それほど難しくなく正しい計算の仕方について考えることができます。

算数スキル2:既習を「つなげる」

構造的板書を描いていく上で大切にしたいことの1つは、「つなげる・つながる」という意識を教師がもっておくことです。この意識がないと授業も板書もスムーズにはいかないことでしょう。

★分数のひき算

異分母分数のひき算の計算の仕方について考える時間です。このページの実践はスキル1の実践の続きです。

既習とのつながりを意識させる板書(クリックすると別ウィンドウで大きくなります)

「 [MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH] - [MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH] 」の問題を提示し、

分母同士をひきます。4 - 3 は?

1

分子同士をひきます。3 - 2 は?

1

ということは、 [MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH] - [MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH] = [MATH]\(\frac{1}{1}\)[/MATH] 、1 ということだね

え!?  違うよ!?  絶対違う!

どうして  [MATH]\(\frac{1}{1}\)[/MATH] ではないの?

スキル1と同じ展開であるため、「前回と一緒」といったつぶやきが子供たちから必ず聞こえてきます。このとき、子供たちの中では前回の学習と今日の学習が「つながり」はじめています。そこで、「前回はどんな学習をした?」と問い返すことで、子供たちは前時の学習を振り返ります。授業冒頭で「前時の振り返りをします」と言う場合と今回の場合では、今回のほうが子供たちがより目的意識をもって、前時の振り返りをします。振り返って、子供たちが表現したことを左側に板書しておくことで、前時の学習との「つながり」が見えてきます。算数科は既習や既有体験をもとに考える教科です。考え方などもつながっています。

この後、 [MATH]\(\frac{3}{4}\)[/MATH] - [MATH]\(\frac{2}{3}\)[/MATH] の答えを前時の学習である「分母を揃えないといけない」という考えを使い、教師のほうで [MATH]\(\frac{1}{12}\)[/MATH] という答えを示した後に

「本当に [MATH]\(\frac{1}{12}\)[/MATH] で正解なのか」

と問いかけ、考える時間を取ります。このときも前時の学習を元に考えることができます。図をもとに考えることで、理解を深めます。最後は問題を数問解くことで、定着させます。

この時間で、子供たちも「つながり」を改めて実感することができるでしょう。このような授業を行うためには教師が授業をぶつ切りで考えず、つながりを意識しながら、作る必要があります。だから、私は単元ごとに授業を考えていくことをオススメしています。


『小五教育技術』2018年9月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

学年末総復習!算数活用力を高める3つの指導【先生のための学校】

三学期もあと少しになりました。その学年の課題だけでなく、前学年の課題をしっかりと身に付けて上の学年に進級してもらいたいと思います。特に算数は、連続性のある教科な…

マンネリに喝!明日授業にしこみたくなるパーツ15【♯三行教育技術】

なんかいつも変わりばえがしない授業をしているなあ~と思ったら、教師として成長するチャンス! 以下の♯三行教育技術(Twitterで【技の名前+3行程度の箇条書き…

前置詞・canが使える英語ゲーム2種|15分外国語活動アクティビティ

小学校5年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、必要感のあるコミュニケーション場面を作り出すための活動や、様々な表現に慣れ親しめるような活動を具体的に…

子どもを「待ち」の姿勢にしない!楽しい体育授業【♯三行教育技術】

整列させるための怒鳴り声、長い待ち時間、苦手な子のつまらなさそうな顔……そんな体育のモヤモヤをスカッと解決するアイディアを、Twitterで募集している♯三行教…

理科:安全で効率的な実験と探究心を刺激するしかけ【♯三行教育技術】

実は理科が苦手、という先生はいませんか?
♯三行教育技術より、理科の授業が楽しみになりそうなアイディアをまとめました。

低学年向けプログラミング学習~アンプラグドの授業~
低学年でも取り組める「アンプラグド・プログラミング」授業とは

2020年度から全面実施の小学校プログラミング教育について、低学年向け授業状況を紹介します。今回は、茨城県つくば市立春日学園義務教育学校で実践されたアンプラグド…

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六3月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『ふくらんだリュックサック』の授業実践と、6年教材『手品師』の授業実践(どちらも広島県福山市立御幸小学校)の動画が視聴可能です。導入から終末までの…

プロがわかりやすくレクチャー!担任のためのリコーダー指導アイディア

卒業生を送る会や新入生を迎える会、音楽会など、リコーダーは様々な場面で演奏する機会が多いものです。専科の先生による指導だけでなく、担任が子どもたちの技術差に応じ…

一年生の図画工作~工夫したい図工の授業づくり~
一年の図画工作|画用紙を使った「立体・鑑賞」の授業づくり

一年生の自由な発想を生かす図工の授業を実践している西村先生に、指導アイディアと評価のポイントをお伺いしました。今回は、一年生の「立体・鑑賞」2時間授業の例です。…

2020/2/12

【プログラミング授業実践レポート】小6算数「関係を見つけて」

いよいよプログラミング教育が小学校で必修化されます。ビジュアルプログラミング言語「スクラッチ」を使った、6年算数を題材にした公開授業の様子をレポートします。前半…

もっと見る