小2国語「スイミー」指導アイデア

教材名:「スイミー」(光村図書 二年上)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)ク 〔思考力、判断力、表現力〕C(1)イ・エ
言語活動:イ

執筆/福岡県公立小学校教諭・日髙慎一朗
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、福岡県公立小学校校長・成重純一

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

物語の内容の大体を捉えるとともに、場面の様子に着目して、登場人物の行動を具体的に想像する力を育成します。

②言語活動とその特徴

本単元では、「物語を読み、家族に向けて紹介文を書く」という言語活動を位置付けます。紹介文の内容は、「登場人物の特徴」「あらすじ」「自分の感想」で構成します。スイミーの特徴である体の色やすばしっこさを理解することは、スイミーの行動や出来事を理解するための基礎になります。

あらすじを書くには、物語の内容の大体を捉えることが必要になります。時や場所を表す語句だけでなく挿絵なども手がかりにしながら、出来事の順序を把握する学習活動が展開できます。

自分の感想をなかなか書けない子供もいるでしょう。それまでに学んだスイミーの特徴や行動、出来事をふり返って考えるようにすることで、「スイミーへの憧れ」や「仲間の大切さ」など、価値ある感想をもつことができるようになります。

あらすじを書くには、物語の内容の大体を捉えることが必要になります。

単元の展開(9時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①レオ=レオニの作品を学級文庫として用意しておき、子供が自由に手に取って読むことができる場を設定しておく。子供がレオ=レオニに関心をもったところで、本単元のめあてと計画を決める。

【単元】おうちの人に「スイミー」をしょうかいする文を書こう。

第二次(3~6時)

②③④ワークシートを活用し、「出来事」「スイミーの言動」と読む観点を焦点化し、内容を捉える。
→アイデア1 主体的な学び

⑤⑥音読と動作化を通して、登場人物の行動や出来事の様子を具体的に想像する。
→アイデア2 対話的な学び

第三次(7~9時)

⑦⑧読み取ったことや自分の考えをまとめ、紹介する文章を書く。

⑨自分の選んだレオ=レオニの本を紹介する。
→アイデア3 深い学び

アイデア1 物語の内容の大体を捉えるためのワークシート

主体的な学び

スイミーは、さまざまな出来事に遭遇し、その出来事に応じて気持ちが変化して次の行動をとっていきます。物語を正確に理解するためには、挿絵なども手がかりにしながら、誰が、どうして、どうなったかなどを把握することが重要になります。そのために、文章を読む観点を「できごと」と「スイミーのしたこと」に整理し、ワークシートにまとめます。

文章を読む観点を整理することで、スイミーがしたことや出来事が明確になり、物語のあらすじを捉えることができます。そうしてまとめた言葉が、音読をしたり紹介文を書いたりするときの手がかりになります。

このワークシートを見て見通しをもったりふり返ったりして、自分の学習を調整する「主体的な学び」が期待できます。

▼ワークシート例

ワークシート例

アイデア2 想像を広げて読むための音読と動作化

対話的な学び

子供は、これまでの学習を通して物語の内容の大体を捉えています。ここでは、より具体的にスイミーの行動や場面の様子を想像して読むことができるように、音読と動作化を取り入れた読みの学習を行います。

登場人物の行動や会話に着目し、何をしたのか、なぜしたのかなどを具体的に思い描きながら、その世界を豊かに想像するために音読を行います。

赤い魚とスイミーとで役割を決めて音読し、表情や口調、様子を具体的にイメージしたり、行動の理由を想像したりすることができるようにします。また、音読を通して比喩表現に着目させ、「ブルドーザーみたいなって、どんないせえびだろう」というように想像を広げさせます。

場面の様子を想像するための手段として、動作化も有効です。例えば、スイミーが出会ういろいろな生き物の様子を、比喩表現と結んで動作化させる方法などが考えられます。その際、挿絵を見て考える活動も取り入れましょう。「言葉」と「動作・挿絵」を往復することで理解が深まります。

音読のしかたや動作化の理由を友達に説明したり尋ね合ったりすることは、友達の考えを受け入れて自分の考えをより豊かにする「対話的な学び」につながります。

アイデア3 既習内容から感想を導くワークシート

深い学び

紹介文の構成を「スイミーの特徴」「あらすじ」「自分の感想」の観点の順で書くようにします。特に感想をどのように書けばよいか分からない子供のために、感想を生み出すための着眼点に気付くことができるようなワークシートを使います。

具体的には、「みんなでまとめた出来事のなかで、心に残った出来事はどれですか」「音読してみて、『いいな』と思ったスイミーの行動はどれですか」と問いかけ、それに答えて書き込めるような形式にします。

このことにより、子供は既習内容を活用して、よりよく課題を解決しようとする「主体的な学び」を行うでしょう。そうすると、子供は、辛いことにもくじけないスイミーの強さ、リーダーシップを発揮するスイミーの頼もしさ、みんなで協力する大切さなどに目を向けるようになるはずです。

このようにして、主な出来事や登場人物の行動などを捉えることで、感想をもつ着眼点につながる「深い学び」が期待できます。

▼ワークシート例

ワークシート例

イラスト/川野郁代

『教育技術 小一小二』2021年6/7月号より

【関連記事】
小2国語「スイミー」指導アイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号