10月の学級通信 作成例【小二】

関連タグ

10月の小二の学級通信の具体例を紹介します。

執筆/神奈川県公立小学校教諭・藤井 翼

スポーツの秋!!「2-2 スポフェス」

10月の学級通信 作成例【小二】
  • クラスのみんなで活動していることや係でがんばっている活動の様子を具体的に伝えられるようにします。中心になって進めた実行委員を載せると達成感が増します。
  • 名前を載せるならば、年間を通して全員ができるだけ同じ回数載るようにしましょう。文が長い場合は、必要な箇所だけを載せてもよいでしょう。
  • 学級の出来事だけを載せるのではなく、そこに込められた教師の思いやねらいを載せることで、保護者からの理解を得やすくなります。

イラスト/佐藤雅枝

『教育技術 小一小二』2020年10月号より

【関連記事】
シリーズはこちら!
・みんな納得!を目指す低学年の話合い活動
・気持ちのよいあいさつを習慣付ける指導ポイント
・【小一小二】楽しい給食時間のポイント
・10月の学級通信 作成例【小二】
・【小一小二】10月の学級経営のポイント
・密を避けて体を動かす集会活動 スポーツフェスティバル
・低学年の子供が本に親しむためのアイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

学級経営の記事一覧

雑誌最新号