• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

4年3組学級経営物語(13)

2019/9/8

学級経営物語タイトル

9月②「がんばり発表会」にレッツ・トライだ!

文/濱川昌人(よりよい学級経営を考える大阪教師の会)
絵/伊原シゲカツ

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標を子どもたちに熱く語る中、教室には空席が二つ…。愛、情熱、共にさらにパワーアップした渡来先生は、生徒一人ひとりと向き合いながら、「認めあい支えあう学級づくり」に挑みます!

<登場人物>

トライ先生
トライだ先生(渡来勉/わたらいつとむ)
主人公。教職1年目。教師になる熱意に燃えて、西華小学校に赴任。 やる気とパワーは人一倍あるものの、時には突っ走り過ぎるのが玉にキズ。しばしば飛び出す口癖から「トライだ先生」と 呼ばれるようになる。4年3組担任。
イワオジ
イワオジ先生(大河内巌/おおこうちいわお)
教職20 年の経験豊富な学年主任。4年1組担任。一見いかついが、 温かく見守りながら的確なアドバイスをしてくれ、 頼れる存在。ジャグリングなど意外な特技も。
ゆめ先生
ゆめ先生(葵ゆめ/あおいゆめ)
教職3年目。4年2組担任。新採のトライだ先生を励ましつつも一 歩リード。きまじめな性格で、ドライな印象を与えてしまうことも。音楽好きでピアノが得意。

個別指導(その2) ~リュウの場合~

対人関係が苦手で、過去に不登校も経験したリュウ。いつも独りで自由帳に何かを描いており、オタク、ネクラと陰で言われています。

夏休みに入り、ずっと自室にこもるリュウ。

心配したお母さんが、自由帳を取り上げました。

再び心を閉ざしたリュウ。*ポイント1

*ポイント1

「10歳の壁」とは…

この時期の子どもは、抽象的・論理的な思考ができるようになります。自己肯定感をもち始め、社会性の面では、集団の規則を理解して活動に主体的に関わったり、自分たちでルールをつくり守ったりできるようになります。友達関係も、単なる「仲よしグループ」から「信頼できるグループ」へと変化していきます。以上のような様々な面での発達と、その個人差が、「10歳の壁」となっているのです。

この壁を乗り越えることは、子どもにとっては「飛躍のチャンス」です。次のような点について留意しながら指導を進め、子どもの「飛躍」を後押ししましょう。

① 抽象的な思考への適応を重視し、他者の視点に対する理解を深めることができるようにする。
②自己肯定感を育成する。
③ 自他の尊重の意識や他者への思いやりの心などを育む。
④ 集団における役割の自覚や主体的な責任意識を育成する。
⑤ グループによる体験活動を実施し、実社会への興味・関心を持つきっかけをつくる。

話を聞き、家庭訪問した渡来先生が、部屋の前で呼びかけました。

「リュウ。叱られたのか、お母さんに…」

ドアがそっと開き、暗い表情のリュウが顔を出しました。

「みんな僕のこと、オタク、ネクラって。お母さんも…。どうせ、友達いないし」

胸の思いを吐き出すリュウ。

フウッとため息をつき、預かった自由帳をパラパラ広げる先生。

「…ん!」

学級経営物語イラスト

ため息が、驚きの声に変わる先生。

「リュウって、こんなにマンガ描くのが上手だったんだ! 得意なのか?」

真顔で聞く先生に、恥ずかしそうにちょっとだけ頷くリュウ。

「これは葵先生のピアノ、大河内先生のジャグリングと同じくらいすごい…。特技認定だ!」

リュウの肩に手を置き、ニッコリ微笑みます。

「今、閃いた! その特技を生かす方法を!」

不安そうなリュウ。

先生が大胆に提案します。

「名付けて、デビュー大作戦! このマンガ、絵はすごく上手だけど、ストーリーは未熟だよ。そこで提案だ! 先生が、楽しいストーリーを考える。リュウは、それをマンガにするんだ」

話を続ける渡来先生。

「題名は、『オタッキー参上!』。主人公のオタッキーが、オタクパワーで世直しをする話だ。オタッキーはリュウの分身だ。さあ、一緒に明るいマンガをつくろう。時間がないけど、デビュー目指して頑張ろう!」

「認めあい支えあう学級づくり」にトライ!

二学期最初の参観日、たくさんの保護者の方々で満員の教室。

壁一面に展示された、夏の自由研究作品。

一際楽しそうな『オタッキー参上!』は、リュウと先生の共同作品です。

学級経営物語イラスト

「本当に上手ね」

「すごいなぁ」

休憩時間中の保護者の方々の会話が、リュウの自信を高めます。

「こんな特技があったんだ」

「学級新聞に載せてよ」

みんなに褒められ、照れ笑いのリュウ。

『オタクは、世の中の発展に役立ってきたんだ。プライドを持って、もっといろんなことにトライしろよ!』

優しい眼差しで見守る、渡来先生。

チャイムが鳴りました。

授業再開です。

次は、自由研究発表会。*ポイント2

*ポイント2

夏休みの「がんばり発表会」で、自信をもってスタート!

二学期の始めには、夏休みの体験や自由研究、努力したことなど、自分のがんばったことを発表し合う場を設けてみましょう。がんばりを認めてもらうことが自信につながり、気持ちよく二学期をスタートできるはずです。

♢グループ分け

学習グループ… 漢字・読書・計算・リコーダーなど
作品グループ…習字・工作・絵 など
研究グループ…都道府県調べ・観察記録 など
体験グループ…お手伝い・日記・体験記 など
体育グループ…水泳・なわとび・マラソン など

♢発表の仕方

◦実物を見せる…ノート・作品・自由研究など
◦ 実演する…教室内でできる運動系(なわとび・リフティング・水泳のフォームなど)・楽器の演奏・お手伝いの様子 など
◦ 写真を見せる…旅行記・観察日記・自由研究など
◦クイズ形式にする

「西華町の歴史」

「ジャンヌさんの故郷フランス」

「食物と健康」

等々…。

個人やグループでいろいろな成果を披露します。

今回、先生が特別指導した子どもはたくさんいました。みんな、堂々と発表しています。

「生物時計の発表です」

マリが話し始めました。

「体内時計とも言います。私たち生物の体には、睡眠や食事などを取る時間を測る時計のような仕組みがあります。この体内時計がキチンと働いていれば、健康な生活ができます」

自作の絵や図を折々に示しながら、説明を続けます。

そして、結びの言葉です。

「夏休みに私の時計はめちゃめちゃになりました。朝起きられませんでした。修理してくれたのは、トライだ先生です」

一斉に見つめられ赤面する先生。

「毎朝、毎晩、電話でコールしてくれました。そして最後の日、もう4年生だから親に頼らず、自分で生活をコントロールしろ、と厳しく叱ってくれました。先生、ありがとうございました」

深々と一礼し、発表を終えたマリ。教室全員から、大きな拍手が沸き起こりました。

「…最後は先生の力作、『レッツ トライだ 戦国武将』。時間がないです。手短に!」

司会のヒロの言葉に、大慌ての先生。

「人は城、人は石垣、人は堀…」

その時、無情にもチャイムの音が…。でも、落胆する間もなく、教室のみんなから嬉しい声が!

「続き聞きたい」

「トライして!」

本当に嬉しそうな渡来先生、発表再開です。

(10月①につづく)

<<前の回へ  ● 『小四教育技術』2017年9月号増刊より

関連する記事

クラス記事一覧

サンマをきれいに食べるためPDCAサイクルを回す
サンマをきれいに食べて学ぶこと【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。10月は旬のサンマをキレイ食べ…

2019/9/21

芸名を考えてみる
想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想…

2019/9/19

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

もっと見る