小4社会「伝統文化を今に伝える埼玉県」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県川口市教育委員会生涯学習課副主幹・佐野純也
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

秩父夜祭について、歴史的背景や現在に至る経過、保存や継承のための取組などに着目して調べ、人々の願いや努力を考え表現することを通して、秩父夜祭は地域の人々が受け継いできたことや、人々の願いが込められていることを理解できるようにするとともに、地域社会の一員として自分にできることを考える態度を養う。

学習の流れ(10時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○県内に残る文化財や年中行事について調べる。
○秩父夜祭の過去と現在の様子について話し合い、学習問題をつくり、予想し、学習計画を立てる。

<学習問題>
秩父夜祭は、だれが、どのようにして続けてきたのだろう。

追究する(5時間)

○歴史的背景や現在に至る経過について調べる。
○保存や継承のための取組について調べる。
○祭りに関わる人々の願いについて調べる。

まとめる・生かす(3時間)

○これまでの学習を年表にまとめ、学習問題の結論を導き出す。
○地域の祭りについて調べ、文化財や年中行事の保存や継承のために自分たちにできることを考える。

導入の工夫

昔と今の祭りの様子を比べることで、秩父夜祭が何年も続いていることに気付かせ、伝統文化について関心を高められるようにします。

第1時:県内に残る文化財や年中行事について調べるとともに、秩父夜祭に関心をもつ。
第2時:秩父夜祭の過去と現在の様子を比べて話し合い、学習問題をつくる。

2枚の写真を比べて、どのようなことに気付きますか。

昔と今の祭りの様子を比較する

今も昔も大勢の人でにぎわっているね。

どちらにも大きな山車が写っているよ。

ほとんど変わっていないように見えるな。

ずっと大切にされてきているのだと思うよ。

疑問に思ったことを話し合い、学習問題をつくりましょう。

300年前から同じように続いているのかな。

どのような人たちが続けているのかな。

どうして続けているのかな。

続けていくために、どんなことに取り組んでいるのかな。

問題をつくる(1、2/10時間)

秩父夜祭について、来場者数や年数、日本三大曳山祭や文化遺産としての価値などを調べることで問題意識を高め、学習問題をつくります。

学習問題
秩父夜祭は、だれが、どのようにして続けてきたのだろう。

まとめる・生かす(8・9・10 /10時間)

秩父夜祭について調べたことを年表にまとめる。また、文化財や年中行事を保存・継承するために自分たちにできることを選択・判断します。

選択・判断の工夫

自分たちに協力できることを考え、学級での話合いを通して最終的な自分の考えとして社会への関わり方を選択・判断できるようにします。

第8時:これまでの学習を年表にまとめ、学習問題の結論を導き出す。
第9時:秩父夜祭の学習を生かし、「新たな問い」を見いだして地域の祭りについて調べ、自分たちに協力できることを考える。

地域の祭り「おかめ市」も、秩父夜祭と同じように、地域の人々が大切に受け継いできたお祭りで、さまざまな願いが込められていることが分かりました。おかめ市を続けるために自分たちに協力できることを考えましょう。

おかめ市のポスターを作って、学校や地域に発信したいな。

自分も地域のお祭りに参加してみようと思う。

第10時:地域の祭りを保存・継承するために大切なことを話し合い、自分たちに協力できることを選択・判断する。

【学級での話合い】

祭りには思いや願いが込められていることを伝えよう。

若い人の意見が少ないという課題を解決したい。

【学級での話合いを通した最終的な自分の考え】

おかめ市も秩父夜祭も、強い思いをもった人たちが関わっていた。保存会の人にインタビューして、込められた思いを発信したいです。

お祭りに参加するだけでなく、大きくなったら話合いにも参加したい。理由は、若い人の力が必要という課題があったからです。

社会への関わり方を選択・判断するポイント

自分たちに協力できることとして話し合ったもののなかから、社会への関わり方を選択・判断することで、自分なりの判断基準で意見をもてるようにします。その際、現実的な協力を選択・判断できるよう留意しましょう。

単元づくりのポイント

学習指導要領解説には、博物館や資料館などを見学したり、保存・継承している人々から直接話を聞いたりする活動が示されています。しかし、身近な地域ではなく県を代表する事例であることや、新型コロナウイルス感染防止策の観点から、見学やインタビューは簡単ではありません。

そこで、Web会議システムを活用することが考えられます。事前に先方と段取りをつければ、博物館とつないで擬似見学やインタビュー、保存会の会議への参加など、学習の可能性が広がります。 

ただし、この活動は目的ではなく手段です。ねらいに即した活動となるよう留意しましょう。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2020年10月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号