• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

2019/5/18

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知ってるよ」と答えるか、「先生、知らなかったなあ」と答えるか。あなたはどちらですか? 教育ジャーナリスト・矢ノ浦勝之さんがズバリ答えます。

先生と生徒会話のイメージ

学ぶということ、先生という仕事

つい先日、ある学校で取材をしている時、その学校の校長先生がこう話してくださいました。「若い先生の中には、子供たちに対して、『知らない』と言えない人がいるんです。『先生は何でも知っているよ』という顔をしなければならないと思っていたりするんですよ」と。

実は、その学校の若手の先生のクラスで、一生懸命調べ物をしてきた子供がいたそうです。それは、国語の説明文だか何かの学習に触発され、ある生き物についての生態等々、とても詳しく調べてきたものだったのだとか。それを見た担任の若い先生は、「先生も知っているよ」というような反応だったのだそうです。

それに対して、校長先生は、「もったいないよね。『へ〜、凄いね。先生は知らなかったな』と言ってあげていれば、子供は喜んだし、凄くやる気になって、さらにいろんなことを調べてきただろうに」とおっしゃっていました。

実際に私がこれまで取材をさせていただいた、優れた先生方ならば、間違いなく、校長先生のおっしゃる通りの反応をなさっただろうと思います。それどころか、知っていたとしても、「ねぇ、これはこうじゃないの?」と、わざと間違ったことを言ったりするかもしれません。すると、その子は、「先生、違うよ。これはね〜」と、さらに詳しく説明をしていくことになるでしょう。そのように、意図的に間違えることで、その子が調べてきたことをさらに豊かに表現させていくわけですね。

そして、「みんな、〇〇さん凄いね〜」と投げかければ、さらにその子に触発されて、別のことを調べてくる子供も出てくるかも知れません。そう考えてみると、「知らない」と言えなかったことが、一生懸命調べてまとめてきた子の表現の機会はもちろんのこと、学級にいる他の子供たちの学びへの契機も奪ってしまったことになると言うと、少し言い過ぎでしょうか?

先生は教えるのが仕事?

その若い先生が、「知らない」と言えないのには、いくつかの理由が考えられるような気がします。例えば、「自分にはまだ知らないことがたくさんある」「経験がなくて多様なことに対応し切れていない」ということを無意識に感じていることもあるでしょう。そんな漠然とした不安感があると、裏返しで、「知らない」と言うことに対する抵抗感が生じてしまうこともあるかもしれませんよね。そのような、気持ちは私も分からなくはありません。

ところが、「教師は教える者だ」「教える立場の教師が知らないことを抱えているのはおかしい」「教えるべき教師が教えられるのはおかしい」という思い込みがどこかにあって、「知らない」と言えないのだとすれば、少し問題があるのではないかと思います。それは、なぜだと思いますか? 新学習指導要領を読んでおられる先生方なら、すぐに答えられますよね。

それは、前回の「授業の見方」でも触れたように、子供たちが、「主体的・対話的で深い学び」をしていくことを求めているからです。子供たちが主体的に学んでいくためには、まず子供たち自身が学びたいと思うことが重要です。そのために、全国学力調査で良好な結果を示している自治体の多くは、子供たちが新たな教材や多様な事象と驚きや疑問の生じる出会いをし、自分たちで課題を設定し、それを解決していくような授業を行なっています。つまり、先生が教えることが主ではないのです。

もちろん、新学習指導要領に示されている内容は決して少なくありませんし、授業時間も限られています。ですから、中央教育審議会で新学習指導要領の方向性を決めた専門家の方々も、文部科学省の担当官の方々も、教えてはいけないとは言ってはいません。必要に応じて教えることも必要だと説明しています。

私もそれについて、まったく異論のないところです。しかし、新たな学びに入り、深い意味理解を図りたい時などは、じっくり教材や事象に触れ、操作や活動をし、(人や物や自分自身と)対話をするような学習をさせてあげたいものです。そのためには、驚きや疑問の生じるような(自ら学びたくなるような)教材や事象との出会いが不可欠なのは言うまでもありませんよね。

そのような授業づくりが求められているのは、新学習指導要領の方向性を示した中央教育審議会の答申(2016年12月21日)に示されている、「概念」ということとも関わるのですが、それについては、また別の機会にお話をすることにしたいと思います。

知らないと素直に言える教室

その他、文部科学省は、子供たちが「主体的・対話的で深い学び」をしていくためには、まず先生自身が「主体的・対話的で深い学び」をしてほしいともアナウンスをしていました。それは、先生の学びの結果によって教育の質を保証していく上でも、学ぶ姿勢を示して直接的に子供たちの学びのモデルとなる上でも必要なことです。

だとしたら、知らないことに出会った時、素直に「知らない」と言い、「それは何?」「なぜそうなるの?」と聞けることが、とても重要だと思いませんか。それによって、一時的に、「先生〜、そんなことも知らないの?」と言われたとしても、素直に知らないという現状を認め、真剣に聞き、学ぼうとする姿勢を見た子供たちが、先生をからかい続けたりはしないはずです。

何より、そんな先生と同じような子供たちが教室に増えたら、授業は楽になると思いませんか? 知らないことを「知らない」と、分からないことを「分からない」と、子供たちが自ら発言してくれるのですから。黙って、分かっているような顔をしていたのに、後になって「全然分かっていなかったんだ」と驚くことはなくなるのですから。

ある教育誌の編集長と、以前、「素直なことは学ぶ上で重要な資質だ」という話になったことがありますが、何よりもまず先生自身が、そのような素直な学び手になることが必要なのだと改めて思ったのでした。

文/矢ノ浦勝之(教育ジャーナリスト )

関連する記事

授業記事一覧

【構造的板書】 国語「古文を声に出して読んでみよう」 「日常を十七音で」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「古文を声に出して読んでみよう」「日常を十七音で」を…

ゲーム要素を取り入れた九九アイディア指導【前編】

二学期から九九の単元が始まります。全員が九九をすらすら言えるようにするには、子供たちの「九九を覚えたい」という気持ちを引き出すのが近道です。ゲーム要素を取りいれ…

2019/9/19

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

もっと見る