小4体育「グリッドサッカー(ゴール型ゲーム)」指導のポイント

関連タグ

執筆/千葉県公立小学校教諭・八木靖浩
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、千葉県公立小学校校長・小野史博

小4体育「グリッドサッカー(ゴール型ゲーム)」指導のポイント

授業づくりのポイント

グリッドサッカーは、コート内に攻守が入り交じり、相手チームと攻防を繰り返しながら、足でパスやドリブルをしてボールを運び、相手のゴールにシュートをして得点を競い合うことが楽しいゴール型のゲームです。少人数・小コートにすることでボールに触れる機会が多くなり、足での基本的なボール操作に慣れていきます。

また、攻める側の人数が守る側の人数より多い数的優位をつくることで、シュートの機会を増やし、得点を取る喜びを味わえるようにしていきましょう。

単元計画(例)

単元計画(例)

楽しむ① ボールを蹴ったり止めたりして、基本的なボール操作で楽しもう

毎時間の前半では、ボールに触れる機会を多くし、ボールを「蹴る」「止める」ことを十分に経験できるようにしていきます。基本的なボール操作に慣れてきたら守りを入れ、少しずつ試合の形に近付けていきましょう。

「3対2」では守りを入れて活動することで、空いている味方にパスを回したり、ボールをもらえる場所に動いたりできるようにして、ゴール付近での攻防を楽しめるようにしましょう。

ボールタッチ遊び

ボールタッチ遊び

教師の合図で足のいろいろな場所でボールを蹴ったり、反対方向に切り返しをしたりして、ボール操作に親しみましょう


コーン通しパス

コーン通しパス

ボールタッチ遊びの場にコーンを置き、2人組で行います。制限時間内にパスでコーンの間を何回通過できたか数えてみましょう。

●ボールを蹴るとき
軸足のつま先を蹴る方向に向け、足の内側でボールを蹴ります。
●ボールを止めるとき
足の内側や足の裏を使ってボールを止めます。


3対2

3対2

【ルール】
・相手チームと攻守を入れ替えて行う。
・時間は3分程度。
・守備側がボールを奪ったら真ん中から始める。
・守りの2人のうち、1人だけはゴールエリアに入り、手を使って守ることができる。

グリッドコートに慣れるためにコートの半面を使って行います。そして、ゴール前の攻防の経験を重ね、【楽しむ②】のゲームにつなげていきましょう。

楽しむ② グリッドコートでゲームを楽しもう

毎時間後半では、【楽しむ①】で身に付けたボールを「蹴る」「止める」を生かし、ゲームを行います。コートに斜めの線を引き、攻撃側の人数が多い数的優位をつくることができ、よりシュートのチャンスが増えていきます。

また、数的優位にすることで、だれでも落ち着いてボールを操作しながらゲームを楽しめるようにしていくことが大切です。

【はじめのルール】
○ゲームの人数…5対5(攻め3人、守り2人)  ※ゲームに出ない子供は得点係や時計係をしたり、コートの外から応援やアドバイスをしたりする。
○ゲーム時間は前半4分、交代・話合い2分、後半4分      
○コートの大きさは縦 30 m、横 20 m
○ボールは柔らかい素材のボールか少し空気を抜いた4号球    
○相手の体に触れない。
○守りの2人のうち、1人だけはゴールエリアに入り、手を使って守ることができる。

グリッドコートで楽しもう

ゲームの始め方
・試合開始時やシュートが入った場合は、中央からゲームを始める。
・コートの外にボールが出た時は、一番近くのラインの外から再開する。

約束
・ゲームの始めと終わりに挨拶と握手をする。
・仲間や相手の意見を認め合う。

話合いタイムについて
総当たり戦に向けて攻め方などについて話し合いましょう。

話合いタイム

イラスト/栗原清、横井智美

『教育技術 小三小四』2020年3月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号