小6体育「表現運動」指導のポイント

関連タグ

執筆/徳島県公立小学校教諭・上藤藍子、徳島県公立小学校指導教諭・鈴江真弓
編集委員/前スポーツ庁政策課教科調査官・高田彬成、徳島県公立小学校教諭・花森誠二

小6体育「表現運動」指導のポイント

授業づくりのポイント

高学年の表現運動は、自己の心身を解き放し、イメージを広げてなりきって踊ることが楽しい運動であり、仲間と交流して踊る楽しさや喜びを味わうことができます。恥ずかしさやどう踊ったらよいかわからない等の理由から、意欲的に取り組めない子供もいるでしょう。そこで、子供が興味をもって取り組め、イメージを広げやすいと思われるスポーツを題材にしました。

また、授業のはじめに軽快なリズムに乗って踊り、心と体をほぐしたり、仲間と踊ることを楽しめる雰囲気をつくったり、教師が子供と一緒に動き、楽しんだりすることも大切です。

単元計画(例)

単元計画(例)
クリックすると、別ウィンドウで開きます

※2・3時間目は、ひと流れの動きで即興的に表現すること、4~6時間目は、簡単なひとまと まりの動きで表現することを楽しみます。

楽しむ① イメージを膨らませて、ひと流れの動きにして、思い付くままに〈即興的に〉踊ろう

ここでは、イメージを膨らませ、いろいろな動きを経験できるようにすることが大切です。イメージしづらい場合は、いろいろなスポーツの映像を見ることも効果的です。

また、イメージを膨らませ、動きを引き出すための言葉がけを工夫したり、イメージカードを使って仲間と即興的に踊ったりすることで、動きのバリエーションを広げられるようにしましょう。題材の特徴を捉え、表したい感じやイメージを強調するように、動きを誇張したり変化をつけたりして、メリハリ(緩急・強弱)のあるひと流れの動きにして即興的に表現していきましょう。

先生と一緒に「ひと流れの動き」をつかもう

剣道

はじめはどうする? はじめのポーズ。

はじめのポーズ

攻めたり、攻められたり、二人の攻防が続くよ。

二人の攻防

最後はどうする? ピタッと止まるよ。

最後のポーズ

イメージカードを使って踊ろう

  1. 画用紙に思い付くイメージや動きを描く
  2. カードをフロアに裏返して置き、2~3人でめくったカードの動きを踊る
  3. 次のカードをめくって、その動きを踊る
イメージカードを使って踊ろう

<イメージカード例>

イメージカード例

イメージカードには、イラストと短い言葉があるとよいですね。オノマトペを取り入れるのもよいでしょう。

イメージカードを膨らませて、ひと流れの動きにして、思いつくままに踊ろう

バレーボール

バレーボール

フィギュアスケート

フィギュアスケート

ボクシング

ボクシング

楽しむ② 仲間と動きを工夫して、簡単なひとまとまりの動きにして踊ろう

ここでは、〈楽しむ①〉での活動を基に、表したい感じやイメージを強調するように、変化と起伏のある「はじめーなかーおわり」の構成を考えたり、効果的な群の動きを取り入れたりするなど、グループで動きを工夫し、簡単なひとまとまりの動きにして踊ります。

表したい感じやイメージが表れているかなどを確かめるために、グループ間で見せ合いをし、気付いたことやよい動きを伝え合うようにします。自分たちの動きを確認するために、ICTを活用するのもよいでしょう。

また、最後の時間には、交流会を行い、踊る楽しさや見る楽しさを共有できるようにしましょう。

仲間と動きを工夫して、簡単なひとまとまりの動きにして踊ろう

バスケットボール

バスケットボール
クリックすると、別ウィンドウで開きます

アーティスティック・スイミング

アーティスティックスイミング
クリックすると、別ウィンドウで開きます

ラグビー

ラグビー
クリックすると、別ウィンドウで開きます

「簡単なひとまとまりの動き」にするには、一番表したい感じやイメージを明確にし、ひと流れの動きよりさらに工夫を加え、「はじめーなかーおわり」をつくるように言葉がけをしてみましょう。

劇やパントマイムにならないように、一番表したいイメージを広げたり、速さや向きを変えたり、繰り返したりするように言葉がけをしてみましょう。

★4つの視点から言葉がけをするとよいでしょう。
空間(方向や場の使い方)
身体(身体の状態や部分の多様化)
リズム(リズムや速さの変化)
人間関係(仲間との距離や位置関係)

イラスト/たなかあさこ、横井智美

『教育技術 小五小六』2019年12月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号