• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学習指導案のその表記、ちょっと待って……

2019/4/23

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

イラスト/熊アート

学習指導案で「~させる」は使役的な意味に捉えられる

かつて、指導担当学校訪問で多くの授業を参観していました。

その際、各校から事前に提出された学習指導案を拝見しますが、ある地域のA校とB校とで、学習指導案上の表記にちょっとした違いがみられることに気づきました。

しかし、このちょっとした違いは、とても重要な視点の差を含んでいたのです。

それは、「指導上の留意点」の項目欄に記載される文章表記でした。

A校は「大きな声で発表させる」、B校は「大きな声で発表できるように、事前に自分の考えをまとめておくようにする」という表記です。

A校のような「~させる」という表記は、教師による使役的な意味合いが強く、具体的にどのような指導の手立てを講じるかが見えにくくなりがちです。

一方、B校のような「~できるように…する」という表記にすると、子どもを支える視点に立つとともに、どのように具体的な指導の手立てを講じるかということが、構想しやすくなるのです。

評価の表記で「~について理解できたか」は評価となりえない

ある5年次教員研修会で拝見した学習指導案の「指導上の留意点」の欄に、「評価」と表記されていました。また、その具体的な評価の記述欄には、「~ について理解できたか」と記されていました。この学習指導案の評価欄を見た時、ここには次の二つの課題があるように思われました。

1.「評価」という標題は、評価の何を記載する項目として取り上げたのかが明確ではありません。例えば、評価規準(質的判断)、評価基準(量的判断)、評価の観点(見取りの視点)、評価の方法(見取りの手立て)等について明確な標題にすると、次のように具体的な評価の記述もしやすくなります。

2.「~について理解できたか」という表記では、何をどの程度理解できればよいのかという指導を見取るための評価とはなり得ません。またこの記載では、できたかどうかを判断するための評価基準(量的判断)も必要となります。例えば、評価規準【評価の観点:評価方法】との標題にすると、次のような表記となります。「~が理解できる」【知識・理解:練習問題のプリント】としたり、「~について考えている」【思考・判断・表現:教師の“観察】としたりする 表記となり、具体的な評価についての記述となります。

教育指導に「仮説」は必要?

各学校の研究のまとめとして作成する研究紀要や、研究協議会等でのレポートの中に、「研究仮説」という項立てがなされているものをよく見かけます。

自然科学系の論文・レポートであれば、仮説を立てて実験考察するというプロセスは常識ですが、教育の場でこの項立てに違和感を感じる人もいるようです。

そこで問題です。

(問)
あなたは、「研究仮説」の表記は、必要と考えますか。不要と考えますか。また、それはなぜですか。

学校における研究の「仮説」という表記に違和感を感じるのは、「仮説」という言葉には、科学で扱う「実験」や「検証」という言葉が伴い、「定説」を導くといった意味合いがあるからでしょう。研究の対象が子どもである以上、「~であれば~であろう」と言った「仮説」としての表現ではなく、例えば研究の「視点(ポイント)」や「手立て」等の表題とし「~の力の育成を目指したい」等とする方が自然なのだと思います。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

授業記事一覧

泳げない子でも自然と泳ぐ感覚が身に付く! 水泳授業のヒントに!「ダンススイミング」

足がつくプールで、シンクロナイズドスイミングやダンスなどの要素を取り入れたプログラムを行う「ダンススイミング」。泳げない子でも参加できる点や安全監視しやすい点、…

【学年・教科別指導計画】1年算数「あわせていくつ」「ふえるといくつ」

執筆/福岡教育大学附属小倉小学校教諭  川原 雅彦編集委員/ 国立教育政策研究所教育課程調査官 笠井 健一 福岡教育大学教授         清水 紀宏 目次 …

樋口万太郎先生

【スッキリ板書術】構造的板書で算数授業 ~「小数のわり算」「小数のかけ算」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口万太郎先生…

樋口綾香先生

【スッキリ板書術】構造的板書で国語授業~「動物の体と気候」「なまえつけてよ」~

「構造的板書」とは、いま自分たちは何の目的のために何を考えているのか、その思考の流れが見えるように工夫した板書のこと。構造的板書を長年研究している樋口綾香先生(…

鳴川哲也教科調査官

【教科調査官に聞く】新学習指導要領 理科-改訂ポイントと授業改善の視点ー

学習指導要領の改訂にあたり、そのポイントや授業改善の視点などをテーマに、文部科学省・鳴川哲也教科調査官と東京都足立区立千寿桜小学校・田村正弘校長に対談していただ…

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

もっと見る