• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

学習指導案のその表記、ちょっと待って……

2019/4/23

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

イラスト/熊アート

学習指導案で「~させる」は使役的な意味に捉えられる

かつて、指導担当学校訪問で多くの授業を参観していました。

その際、各校から事前に提出された学習指導案を拝見しますが、ある地域のA校とB校とで、学習指導案上の表記にちょっとした違いがみられることに気づきました。

しかし、このちょっとした違いは、とても重要な視点の差を含んでいたのです。

それは、「指導上の留意点」の項目欄に記載される文章表記でした。

A校は「大きな声で発表させる」、B校は「大きな声で発表できるように、事前に自分の考えをまとめておくようにする」という表記です。

A校のような「~させる」という表記は、教師による使役的な意味合いが強く、具体的にどのような指導の手立てを講じるかが見えにくくなりがちです。

一方、B校のような「~できるように…する」という表記にすると、子どもを支える視点に立つとともに、どのように具体的な指導の手立てを講じるかということが、構想しやすくなるのです。

評価の表記で「~について理解できたか」は評価となりえない

ある5年次教員研修会で拝見した学習指導案の「指導上の留意点」の欄に、「評価」と表記されていました。また、その具体的な評価の記述欄には、「~ について理解できたか」と記されていました。この学習指導案の評価欄を見た時、ここには次の二つの課題があるように思われました。

1.「評価」という標題は、評価の何を記載する項目として取り上げたのかが明確ではありません。例えば、評価規準(質的判断)、評価基準(量的判断)、評価の観点(見取りの視点)、評価の方法(見取りの手立て)等について明確な標題にすると、次のように具体的な評価の記述もしやすくなります。

2.「~について理解できたか」という表記では、何をどの程度理解できればよいのかという指導を見取るための評価とはなり得ません。またこの記載では、できたかどうかを判断するための評価基準(量的判断)も必要となります。例えば、評価規準【評価の観点:評価方法】との標題にすると、次のような表記となります。「~が理解できる」【知識・理解:練習問題のプリント】としたり、「~について考えている」【思考・判断・表現:教師の“観察】としたりする 表記となり、具体的な評価についての記述となります。

教育指導に「仮説」は必要?

各学校の研究のまとめとして作成する研究紀要や、研究協議会等でのレポートの中に、「研究仮説」という項立てがなされているものをよく見かけます。

自然科学系の論文・レポートであれば、仮説を立てて実験考察するというプロセスは常識ですが、教育の場でこの項立てに違和感を感じる人もいるようです。

そこで問題です。

(問)
あなたは、「研究仮説」の表記は、必要と考えますか。不要と考えますか。また、それはなぜですか。

学校における研究の「仮説」という表記に違和感を感じるのは、「仮説」という言葉には、科学で扱う「実験」や「検証」という言葉が伴い、「定説」を導くといった意味合いがあるからでしょう。研究の対象が子どもである以上、「~であれば~であろう」と言った「仮説」としての表現ではなく、例えば研究の「視点(ポイント)」や「手立て」等の表題とし「~の力の育成を目指したい」等とする方が自然なのだと思います。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

菊池省三の教師力UP道場:一人をほめてみんなを伸ばす指導のやり方

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小3算数「かけ算」指導アイデア

小3算数「かけ算」指導アイデアです。ロッカーの数を数え、かけ算九九の表を想起しながら番号を付けていく活動を通して、乗数と被乗数が入れ替わっても積は同じになること…

新学習指導要領全面実施に向けてカリキュラム・マネジメントの充実を

2020年度、いよいよ小学校では新学習指導要領が全面実施となります。これを円滑に進めていくためには、新年度を迎えるまでにどのような準備が必要となるのでしょうか。…

小5国語「人物の心情をとらえて音読しよう」指導アイデア

小5国語「人物の心情をとらえて音読しよう」の指導計画です。音読には、自分がより深く内容を理解したり、自分が理解したことを表出したりする働きがあります。これまでに…

菊池省三の教師力UP道場:子供が主体的に参加できる黒板の使い方

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小6体育「体つくり運動」指導のポイント

小6体育「体つくり運動~体ほぐしの運動~」指導のポイントです。体ほぐしの運動は、手軽な運動を行い体を動かす楽しさを味わうことで、自分や友達の心と体の状態に気付い…

国語のマンネリに喝!授業にアクセントを作る技16【♯三行教育技術】

時数の多い国語だからこそ、子どもを飽きさせない授業を行いたいもの。漢字、音読などルーティンになりがちな活動をどうエキサイティングするか、学級経営にも良い影響を及…

菊池省三の教師力UP道場:授業の「ぼんやり参加」がなくなる!黒板の使い方とは

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小1算数「なかまあつめ」指導アイデア

小1算数「なかまあつめ」の単元の指導計画です。集合の要素の個数の大小を、おはじきなどの媒介物による1対1対応によって判断することができるようにします。

小5国語「登場人物どうしの関わりをとらえ、感想を伝え合おう」指導アイデア

小5国語「登場人物どうしの関わりをとらえ、感想を伝え合おう」の指導計画です。交友関係の広がりが顕著となるこの時期において、子供たちが興味をもって読んだり考えを話…

もっと見る